新オバカクイーン滝沢カレン||新旋風再び||間違い連発の日本語が話題

雑誌「JJ」で活躍する人気モデル・滝沢カレンが
個性的なキャラクターで話題を呼んでいる
2015年話題の滝沢カレンが

滝沢

初レポーターに挑戦

2015年話題のスポットを
リポートするのは同じく2015年話題の滝沢カレン

レポートするのに 「気合が違った」 とカレン
「なぜどこだというのだといったら」と言いながら
東京大神宮にやって来た
山門につくといきなり 「この門どころ」と説明

縁結びの神社ということでハートマークを
待ち受けにする女の子が 「大急増」 と説明

二人の女性に恋愛について質問するときは
「最大の質問に言いてまいります」といいながらたずね
その答えに対して
「すごいエピソードのぶっとばしと」 表現

たどたどしいリポートを進めて次の場所に移動

「はいお次はきました」と
KAWAII MONSTER CAFEの店にはいり
「とても内臓がすばらしいと」表現

「とても楽しいと言う事があり得ます」 と説明

話題のモンスターガールは
ファッションのヒントにされたり
ファンレターをもらうこともあるという

店内は独創的な雰囲気で
カラフルレインボーパスタをカレンは食レポした

胡椒のコクッとした味わいが楽しめるというが
カレンは
「こしょうをふりまけこがして
なんかこしょうが、こくっとした感じ」と表現

滝沢カレンの言葉使いに思わずふきだしてしまう

スタジオでは竹山が、滝沢カレンが日本語しかしゃべれないことを知り
「お前マジか」と衝撃を受けていた

カレン本人のブログでは

スポンサーリンク

見てください♡初めての♡

2015/12/22(Tue)
こんにちは(^○^)
本日の23:15~テレビ朝日さんにて、
「中居正広のミになる図書館」にまた出場できることになりました(>_<)♡♡♡♡ し、し、し、し、しかも!!! 初めてのリポーターをさせていただくことになりましたよ(^ω^)♡ 念願すぎなリポーターをでき 本当に幸せと嬉しみでいっっぱいでした(*>∀<*)ゞ すごくすごく緊張しましたし、 とても難しいのがリポーターでしたが、 グングン成長できるよう頑張りますっ!♡ ぜひぜひぜひ! 初リポータを見て行ってください(^○^) 今夜23:15~テレビ朝日さんですよ₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎ わたしも目をこらしめてみますよ(^O^)♡♡ そんな素敵な日を飾ったのは衣装でーす(✪‿✪)ノ リポーター時の衣装はこちら!♡ ブラウン系にしていただきました♡ 髪型もりかりんさんがめちゃくちゃ可愛くしていただきましたの!!! さすがです( ゚∀゚)ノ そしてスタジオのご衣装は、 こちらとなります(^O^) です!!!

日本テレビ系「さんま御殿3時間SPに出演

6月、9月と3度目の登場となった滝沢は
ウクライナと日本のハーフの23歳

2008年、「ミスセブンティーン2008」でグランプリに選ばれ、
「SEVENTEEN」専属モデルとしてモデルデビューを果たし
2011年3月、高校卒業と同時に同誌を卒業
2014年4月より
「JJ」で活躍している

出演の度に日本語以外は話せないものの「日本語が苦手」
という個性的なキャラクターで存在感を発揮している滝沢
前回出演時には“新オバカクイーン”という枕詞がつけられ
その回の出演者の発言の中で
一番面白かったものが選出される
「踊る!ヒット賞」が贈られた

今回も言い間違いを連発し、さんまを圧倒
「男ってバカね、と思ったこと」という話題では

「私は前に別れのぎわの時に…いっつも前の男の人に
俺はモテるんだからお前が振ったところで取り合いが始まるから
俺の希望は変わらないって」などと自分に自信満々の
男性とばかり付き合ってきたというエピソードを披露

言い間違いを連発し話の全貌が伝わるまでに何度もさんまに
聞き返され「その男の人はなんか患ってらっしゃるの」と
疑問が投げかけられていた

ハーフモデルではあるが英語は話せず
日本語は「23年間勉強しました」と笑顔で明かす

友人は理解しているのかと尋ねられると
「友達は皆和解しましたから大丈夫です」とニッコリ

独特な言葉のチョイスの連発に、さんまも
「こんな火曜日で疲れるの初めてや」とうなだれていた

出演の度に話題を呼ぶ滝沢だが

今回も放送中のTwitterでは「滝沢カレンちゃんの
トークがなぜかハマってしまった」
「滝沢カレンとさんまさんのトークだいすきw」
「滝沢カレンが面白すぎてお腹イタイ」など反響が寄せられていた

ファッションモデルとして活躍を見せる滝沢カレンだが
言語障害ではないかと噂が流れている

滝沢カレンはウクライナ人の血が流れているだに
かなりの美人で、スタイルも素晴らしく
男性陣を皆虜にしてしまう

滝沢カレンの画像を調べて見ると
意外にも水着姿も披露しており
ファンには堪らない写真となっている

日本語は片言で
『間近』を『みじか』と間違えるぐらいだから
日本語の単語が正確にインプットされていない感じがする

ハーフだから仕方がないかっと思う人もいるかもしれないが
滝沢カレンは現在23歳で生まれも育ちも
日本という事ですが
余りにも日本語が上手く無い様に思う
産まれてから23年間日本で生活していれば
日本語は上手く話せるとおもうのだが

滝沢E

英語も喋れないことで

何語なら話せるのだろうか
ロシア語が出来るのかとおもったが
ロシア語もダメらしいのでどうなっているのかな

ここまで来ると言語障害ではないかと言う
噂が広まる意味もわかる気がする

一部の情報によるとキャラ作りをしているのではともいわれる

「踊る!さんま御殿」に滝沢カレンが出演したのがキッカケで
言語障害ではないかと噂が立ったのは確かだし
『日本語がおかしい』というキャッチコピーで
番組で紹介されたのも確かである

怪しいのはCMや他番組の撮影では
そんな感じでもないのです
CMでは真面に日本語をスラスラ話せているし
他番組でもそれ程ひどいイメージはない

だとするとキャラ作りしている可能性が高い様に思われる
本当にキャラ作りをしているならば
かなり計算高いと言わざるを得ない
わざとキャラ作りする事で
番組の出演数を増やそうと言う考えなのか

果たして本当に言語障害なのか
それともわざとキャラ作りしているのか
今後も注目して見ていきたい

2015年11月14日 滝沢カレンが
日本語が不自由なのはキャラではな母親のせいと

意外な説が浮上してきた

今売り出し中のハーフモデル・滝沢カレンは
最近テレビで見る機会が多くなってきた
滝沢は日本生まれ日本育ちながらも、

日本語がたどたどしいことで
知られるようになった

滝沢A

滝沢カレンのプロフィール

幼い頃から洋服が好きで
ファッションの楽しさを伝えたいと思い、
ファッションモデルを志していた
2008年、雑誌『SEVENTEEN』のモデルオーディション
「ミスセブンティーン2008」でグランプリに選ばれ
同年より専属モデルとして活動する

滝沢は父親がウクライナ人で、母親が日本人のハーフ

現在は『JJ』と『Gina』の専属モデルを務めているが

高校生の頃は『SEVENTEEN』の専属モデルをしていた

すでに2009年公開の映画『ROOKIES-卒業-』で
女優デビューを果たしており

2010年11月に公開された映画
『マリア様がみてる』にも出演している

そんな滝沢の存在を世に知られるきっかけとなったのが

日テレのバラエティ番組「踊る!さんま御殿」である

番組中滝沢カレンは

・「嫉妬がやばすぎる男性がとにかく苦手」
・「あたふた」と「あやふや」の区別ができなくて混乱
・「元カレはストーカーになると確信に得ていた」

などと日本語の使い方がおかしい発言を連発していた

その突飛な発言の意味が分からず、
他の出演者にまで首を傾げられる事態に

番組初登場ながらも滝沢は異様な存在感を
漂わせていた

「わざとか」「キャラ作ってる」
「障害があるの」など様々な憶測が飛び交っているが
実は滝沢カレンさんの母親に原因があると言う説が浮上

日本語が変な原因は母親にあり

2015年11月15日放送の
「行列のできる法律相談所 人生の後悔告白SP」に出演した滝沢カレン
その番組内で、母親・さゆりさんが自身の後悔を告白するために出演

母・さゆりさんは
『仕事がロシア語の通訳だったため
幼い頃から周りにはいつも「日本語が片言なロシア人」
ばかりという環境だった』と後悔を告白

それで「しつけがなっていなかった
こんなことになっちゃってたとは」とも言っていた母・さゆりさん

通訳をするためには毎日のように
「日本語がカタコトなロシア人」と会わないといけませんよね
母親がしっかり正しい日本語を教えなかったというのが原因だった
と考えているのである

確かに正しい日本語を学べる環境ではなかったかもしれないが
滝沢カレンは普通に学校に通っている

普通は友達と遊んでいるうちに
正しく覚えられるんじゃないかと思うのだが

原因らしきものは解るが謎は深まるばかりである

母親ってどんな人

所で一寸気になったのが
「滝沢カレンさんの母親・さゆりさん」の事である
新国立劇場でロシア人の方の通訳をしていたという事で
滝沢カレンのブログにもよく登場している

母親は父親と既に離婚していて
母親には新しい恋人と、ゲイの友達があり
現在三角関係の状態だと滝沢カレンは話している

そんな母・さゆりさんの名前は「宮沢さゆり」
バレエスタジオを経営している、という情報があり
滝沢カレンも3歳から14歳まで、バレエを習っていた
母が経営するスタジオで習っていたと思われる

母・さゆりさんが経営しているといわれているのが
「バレエスタジオ・リビーナ」
ロシアバレエを教えているスタジオという事で
ロシアとのつながりはバレエという事なのか

苗字が違うが、facebookに載っている写真と
「行列ができる法律相談所」に出演した方は同じ顔なので
バレエスタジオを経営している「宮沢さゆり」さんが
滝沢カレンの母親ということと思われる

滝沢カレンは本名ではない

母・さゆりさんとは「滝沢」と「宮沢」で苗字が違う
ということは、「滝沢カレン」というのは本名ではないのか
それとも父親が日本人に帰化していて、父親の苗字なのだろうか

11月3日に出演した

「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)では
「勉強がおごそかでした」
「思いはお伝わりが激しくきました」などと謎の言い回しを連発
司会のナインティナインを爆笑の渦に巻き込んでいた

頭がいいとは意外な評価だが

滝沢のセリフには難しい言い回しが少なくない
たとえば尊敬語の「おっしゃる」や「お住いになる」のほか
謙譲語の「暮らさせて頂いています」などがそうだ
ほかにも「おおらか」や「見計らい」といった単語も使っており
語彙の少ない外国育ちのハーフタレントとは
日本語のレベルが異なっているのである

ちなみに滝沢自身は日本生まれの日本育ちだが
母親はバレエスタジオを経営しており
現在もウクライナ人の彼氏がいるのだとか
彼女自身も14歳までバレエを習っていたことから
幼いころから外国人に囲まれた環境で育っていた可能性が高い

怪しげな文法で話す

「日本在住歴の長い外国人には
難しい単語を交えつつ怪しげな文法で話す人が少なくありません
またバレエの世界は体育会系の縦社会で
丁寧語で話すのが基本
そんな環境で育てば、滝沢さんのように
丁寧だけどおかしな話し方になっても不思議はないですね」

キャラとして演じているのではない

どうやら滝沢の怪しげな日本語は
キャラとして演じているのではなさそうだ
ただ、そのしゃべり方を面白いと思った事務所やテレビ局が
あえて話し方を矯正しないようにしている可能性もある
テレビに出演するようになったのはここ数カ月のことで
まだ緊張感が抜けていないことも
たどたどしさを際立たせる方向に働いているかもしれない

ちなみに10月7日放送の
「浜ちゃんが」(日本テレビ系)に出演した時は
所持金チェックのシーンで
「本日はドルと2万円をいただきました」と語った滝沢
まだテレビに慣れていないためか
番組の趣旨をブチ壊しかねないセリフを口にしてしまったが
カットされずに放送されたのはやはり
その特徴的な話し方ゆえだろうか
このまま話し方が上達しないことを期待したい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

愛  称   ☆カレン・キャレン
生年月日   ☆1992年5月13日
出 身 地   ☆東京都
血 液 型   ☆AB型
瞳 の 色   ☆茶色
毛髪の色   ☆茶色
身  長    ☆170 cm
スリーサイズ ☆B81 – W58- H85cm

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。