おんな城主直虎||初回が8日放送され 3人の子役の熱演に絶賛

 

 

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の
初回が8日放送された

 

 

第4回まで物語の核となる3人を子役が演じる
近年の大河では異例ともいえる賭けに出た本作
ふたを開けてみれば、ネット上では子役の熱演を
絶賛する声があふれた

 

 



舞台は、現在の静岡県浜松市に当たる
浜名湖の北に位置する遠江の井伊谷集落
平安時代からこの地を治めていたといわれる
井伊家だが、戦国時代に今川家の軍門に下り
勢力が減退

「桶狭間の戦い」後に訪れた存亡の危機に
立ち向かったのが
女性でありながら家督を継いだ井伊直虎だった
後に徳川四天王と呼ばれた
猛将・井伊直政(なおまさ)を育てた直虎の生涯を
女優の柴咲コウが演じる

主人公の直虎が
幼少期をともに過ごした
井伊直親(三浦春馬)
小野政次(高橋一生)
この3人の絆が物語を動かしていく

子ども時代演じるのは
直虎=おとわ役・新井美羽(10)
直親=亀之丞役・藤本哉汰(13)
政次=鶴丸役・小林颯(11)

ツイッターでは
「三人の子役が精一杯体当たりで幼少期を
演じてて、観ててすごく感情移入してしまった」
「子役たちのかわいさと芸達者ぶりがなかなか良かった」「亀も鶴も成長したら三浦春馬や高橋一生に
なりそうな顔と演技ですごいと思った」と
いった投稿が見られた

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

おとわ役の新井は
幼くして人気ドラマの現場を多数経験
フジテレビ『謎解きはディナーのあとで』(2011年)
『リーガル・ハイ』(12年)
『ガリレオ』(13年)
『HIRO』(14年)
NHKでは連続テレビ小説『花子とアン』(14年)

『みいつけた!おっす!
いすのおうえんだん・オフロスキー』(12~13年)
『かすていら』(13年)
『ママゴト』(16年)など
大河ドラマは初出演
映画『謝罪の王様』(13年)では
黒島譲(阿部サダヲ)の姉(幼少期)を演じた

亀之丞役の藤本は
フジテレビ『名前をなくした女神』(11年)で主演
日本テレビ『明日、ママがいない』(14年)で
芦田愛菜に好意を抱く裕福な家の子を演じていた
映画『四月は君の嘘』(16年)では山崎賢人演じる有馬公生の幼少期を演じた
大河ドラマは『平清盛』(12年)に出演歴がある

 

 

 

 

 

 

鶴丸役の小林は
NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』(16年)で
新ヨゴ国の王子・チャグムを好演した

“謎の女性”井伊直虎が主人公の理由とは
新たに「男性説」も浮上

直虎は、徳川四天王の一人
井伊直政の後見人として後世に名を残すが
直虎の名前は井伊家の系図にも
歴史書にも記されていない

わずかにその名前が残る資料は
出家名である「次郎法師」の署名が残る寄進状など

実在を疑う説さえある“謎の女性”なのだ

その一方で、先日
井伊美術館(京都市)が所有する
「直虎男性説」を提示する新史料
「雑秘説写記」という史料が見つかった

井伊家が従っていた今川家の武将の娘らから
寛永17(1640)年に彦根藩(井伊家)の
家老が聞き書きし
家老の子孫が約100年後にまとめたものとされる

従来の史料と合わせて検討した結果
直虎は女性ではなく、今川家の重臣の
息子だったと説明しているという

ただしこの新史料はあくまで二次史料で
専門家の研究を待つ必要がある

朝ドラ「ごちそうさん」や「天皇の料理番」など
数々のヒット作で知られる
脚本森下佳子氏(脚本家)は
「掟破りにやらせてもらう」と意気込みを語っている

NHK広報局は
「ドラマはあくまでフィクションであり
影響はないと考えている
1年間、視聴者の皆さまに楽しんでいただける
大河ドラマを制作していく」としている

 

 

 

 

2017/01/09 08:17

あの頃の直虎って何の記録も残ってないんだろうから、
脚本家もやりたい放題だろう。

2017/01/09 16:02

>あの年頃で、あんなに大人の世界が分かる訳ないだろと笑ってしまった
ドラマは見てないから知らんけど、子供は5歳にもなれば結構洞察力がついてるよ。

2017/01/09 16:06

今川義元が出てきたけど、あとしばらくは有名武将は誰も出ない
(というか直虎さん会った事無いだろ)ので
俳優さん達の演技で無名人物の評価が左右されそうなので頑張って欲しい。

2017/01/09 16:13

いいじゃない、楽しめれば。
下手な大人役者より、よっぽど楽しい~~~(^^)/

2017/01/09 17:27

14.、5.歳で成人して、戦に出る時代。大人のサポートはあるにしろ
それなりに教育はされてた。
親も、明日は分からない命。我が子に全てを伝えるには
早すぎることはない。
大人の中で育った子供は、結構、早い時期からわかってるもんだよ。
そんなこともわからんとは、青いでんな?
2017/01/09 17:29
史実を基にした、お芝居なんだから、作品内で、矛盾なく
上手にまとまっていれば、問題ないでしょ。
あとは、見る人の好み。
2017/01/09 17:37
そういう意味でこういうマイナー系題材の時は特に
オリジナルじゃなく原作ありのほうがいいと思うんだよね
過去の大河でも原作ありのほうが安定感はある個人的には
井伊家等が戦国初中期の小領主に見えず
江戸の武家のような感じであまり移入できなかった
まぁまだ1話だからこれからだけどね
2017/01/09 18:02
歴史の歪曲が酷い大河はもっとフィクションだということを周知するべき。
視聴者はNHKだし歴史に忠実だと思って観てる。
どっかの国みたいな捏造の歴史なんか勘弁してくれよ。
2017/01/09 18:32
ハナからドラマと言うてるし、歪曲するほど、ねじ曲げた大河は見たことない
それ言い出したら、タイムテレビー!!でも無いとドラマなんて作れない。見るな。
 
2017/01/09 18:39
史実だと思って大河ドラマ観てる人って、そんなにいるのかなぁ?
それは、日本人というか庶民をバカにし過ぎだ
真田丸だって、十分、ファンタジーでしたよ
そのファンタジーを愉しむ人が多かった
素人の歴史オタクが「ファンタジーだ」「フィクションだ」と騒いでいるが
そいつの頭の中がファンタジーで一杯でしょう
愉しむ余裕も持ちたいと思いますね、時代劇自体が最大のファンタジーだと思うし
(様式美や時代背景や文化も含めて)
2017/01/09 18:48
大河の面白い所って、多少の創作が含まれているとは言え
結論が出ていると言う事では無いかな。
2017/01/09 11:44
主役の子の出演歴の「HIRO」って正しいのかな?「HERO」じゃないの?
ドラマに疎いので、正しければごめんなさい。違和感ありのためツッコんでおきます。
2017/01/09 12:20
大河に限らず、NHKは子役を見つけるのが上手い
2017/01/09 12:29
子役の演技もいいし。面白かったです。
今後に期待。
2017/01/09 12:55
鶴は吹越満のほんとの子って言われても違和感ない
亀と宇梶は似てないけど、濃いソース顔ではある
三浦春馬の子供時代としてはめっちゃ合ってるね
2017/01/09 13:51
男の子2人が三浦春馬と高橋一生になるんでしょ?
すごく合ってたと思う
2017/01/09 14:56
大昔だがNHKの、たけしくんハイ!というドラマで
ビートたけしそっくりな子がたけしをやっていて
あまりの激似に家族で大笑いした。
2017/01/09 07:49
大河というより
ファンタジーだったな
2017/01/09 09:14
やたらと史実を連呼する人いるけど、その人のいう「史実」も
どこまで本当かなんてわからない。
2017/01/09 09:21
史実というが「現在はそうと思われる」というもの
直虎だって実は男だったという資料が見つかったばかりだし
(事実かどうかは後の研究により推定されることになる)
タイムマシンでも発明されない限り確認しようがない。
ドラマとして視聴者が楽しめる演出をするのは当然で
それをどうのこうの言う人には向いていないから
文句を言うなら見ないほうがいい。ストレス溜めるだけ。
2017/01/09 09:38
正統派大河でなくても良い。
ファンタジーでもかまわない。
来年のBL大河に比べりゃ絶対に良い。
2017/01/09 09:53
あの1話だけで、良し悪しを見切るのは早いんじゃない?
今後の展開からみれば少なくともファンタジーではないだろうし。
2017/01/09 10:38
直虎の年表が実在している人物2人が混在している可能性やら
男説など不明確な点が多いい人物だし。
正史に拘らず楽しむのが有りだと思う。
私的に春風亭昇太の義元を注視したい。
2017/01/09 11:14
つか、大河自体が昔からファンタジーだから。
どんだけ勘違いだよ。
2017/01/09 12:14

使える技術は使うべきだ。また、津波被害の方々を忘れるべきではないが
いつまでも其処に拘っていては新しい表現やストーリーは生まれない
私は、あのシーンは否定しない。

2017/01/09 13:02
件の男説は別記事によりますと、“新史料”は発表した方が50年前に
古道具屋で購入したまま未読だった物を
たまたま2ヶ月前に開いたページに直虎についての記述があった
それも直虎そのものについての記述ではなく、三段論法によって絡め推測したもののようです。
まず、その古道具屋で購入したという“新史料”自体の鑑定が必要かもしれません。
(直虎自身が男であるのなら、どうして直虎自身が家康に仕えなかったのか?等の疑問も)
2017/01/09 13:47
歴史オタクという人間がいて、実はそいつの頭の中がファンタジーである事に
気付いていない人間があまりに多い
「史実じゃない」「想像の産物だ」
BSプレミアムで「たけしのこれが本当の芸能史時代劇編」において
北野武は「時代劇こそが最大のファンタジー」と言っていた
膨大な時間と予算をかけて作るファンタジーなんだと
そのファンタジーを愉しむ余裕を私も持ちたいし、それぞれの空想や想いの
果てを巡らす心持ちでいたいものだと感じます
井伊直虎や井伊家と一緒に、時間旅行をするのも面白いのではないでしょうか
2017/01/09 13:51
なるほど。時代劇はファンタジー、か。
確かに。
様式美の中にある絢爛豪華な物語、という意味では良い得て妙だ。
2017/01/09 14:48
>大河というより
ファンタジーだったな
歴史自体がファンタジー要素含んでますからね。
当時の権力者の影響や筆者の癖で結構歴史感変わってくるし
後年になって歴史が訂正されるなんてよくある話。
井伊直虎(女)も架空人物説が上がってるし2017/01/09 15:37
ドラマはファンタジーだから楽しめると思うが。
歴史ミステリーだって、空想や妄想するから面白いのでしょ?
ドラマとは直接関係するのかしないのか知らないけれど
本多や榊原やいわゆる三河武士とは違う隣国の遠江の井伊家が
何故、筆頭の地位にまで登り積めたのかは興味があります。
現存する天守や城で、当時のままの姿を残しているのは、井伊家の居城、彦根城だけです
それは、井伊家が安定した基盤の上に統治していたからでしょう。そういうところに興味があります。
2017/01/09 16:09
残されてる文献にだって嘘が書かれてるくらいだから。
2017/01/09 08:18
OPがなんだかナウシカみたいだった。
音楽も菅野さんだし、話の流れが全体的にファンタジーっぽかった。
でも割と好きな感じ。
宇梶さんが1話で退場ってなかなかすごいわ。
2017/01/09 17:18

個人的には好きなオープニングでした。
今回は、重厚感より、軽快に駆け抜けるとか、舞い上がるイメージなのかな。

 
2017/01/09 17:56
昨日OPは曲より背景画面気になって
あまり印象に残ってない
花の映像にするにしてもあれはないだろうと個人的には思う
 
2017/01/09 20:12
いくら生年が分かっていないからといって
直満と宇梶剛士との年齢は明らかに合わない。
2017/01/09 09:24
映像の雰囲気が精霊の守り人に似てたのでそっちを連想した人いたかもね。
それより、おとわ役の子は大きくなったら柴咲コウというより井上真央、
って感じの顔つきだったな。とりあえず次回も観てみる。
2017/01/09 11:37
申し訳ないけど、どうも彼女の顔が好きになれず・・・。
男子2人は可愛かったけど。
2017/01/09 11:46
男の子二人とも鼻声だったなあ。単なる風邪か、それともアレルギー性鼻炎か
だとしたら現代っ子っぽくてしらけちゃうな。
それにしてもあの井伊谷には子供が三人しかいない感じがして異様でした。
 
2017/01/09 10:44
鈴木梨央ちゃん、大河(八重の桜)、朝ドラ(あさが来た)、両方で「おてんば」だった…
 
2017/01/09 15:52
でも内気な少女だったべっぴんさんは、あんまり評判良くないんだよね
脚本も悪いのかもしれなけど。
2017/01/09 16:21
ずっと同じ人が作ってるんじゃないかと思うほどワンパターンの演出だな
ドラマ作りの指南本でもあるんだろう
2017/01/09 08:29
オープニング曲を毎年楽しみにしてるんだけど、大河っぽくないというか
ドラマ10ぽいというか、迫力はないよね。
子役は頑張っていたと思う。
おとわがトトロのメイちゃんみたいだ。
2017/01/09 09:31
あくまで「一度聞いただけ」の段階だけど
あまり耳に残らない曲だった
へんにキャッチーでも飽きそうだけど
タイトルバック映像にテーマ性がありそう
2017/01/09 10:55
男の子達の芝居には、自然に感情移入できたけど
おとわには、芝居臭があって、引き込まれなかった
大概の芝居で、活発でお転婆な女の子って、ワンパターンで芝居臭い。
スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。