祐真キキ有名になりたいではなく||ならなきゃいけない

ヒロインのリリー役に祐真キキの出演が決定

佑真C

2016年2月18日(木)から3月7日(月)迄
東京・紀伊國屋ホールにてつかこうへいの
未発表新作『引退屋リリー』が上演される

2010年に亡くなった演劇界の巨星・つかこうへい
2016年は、その七回忌にあたる

未発表新作『引退屋リリー』は
上演するため主役オーディションまで開催しながら
「やれるヤツがいない」という理由で中止したという
つかこうへいらしいエピソードを持つ幻の作品である

当時のつかこうへいのプロデューサーであり
今回演出を務める岡村俊一氏は
「何年もオーディションを繰り返して
壮大なイメージにたどり着ける衝動を与えてくれる役者さんと
出会えなかったんでしょうね・・・」と語っている

この新作発表のために集まったのは
若手から重鎮まで実力派の俳優さんで
主演の二階堂刑事役を演じるのは
つかこうへい最後の愛弟子と言われる馬場徹

ヒロインのリリー役には
アメリカの人気テレビドラマシリーズ
『ヒーローズ・リボーン』に
現在日本人としてただ一人レギュラー出演している
祐真キキの出演が決定した

このほか
舞台『弱虫ペダル』で人気急上昇中の 宮崎秋人(D-BOYS)
町田慎吾、鈴木裕樹(D-BOYS)
吉田智則、山崎銀之丞が出演する

祐真キキが見据える“世界”とは

スポンサーリンク


米ドラマ「HEROES」の新シリーズに大抜てき

京都出身の日本人女優・祐真キキ(すけざね・きき)が
人気海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の5年ぶりとなる新章
『ヒーローズ・リボーン』に大抜てき

日本刀の使い手にして
ゲームと現実の世界を行き来するという
特殊能力の持ち主・ミコを演じる

89年生まれの現在26歳
かつて同シリーズに起用され
“ヤッター”旋風を巻き起こした日本人俳優の
マシ・オカに続き
世界的なブレイクを果たす予感がする

祐真キキは

「本当に本当にこのストーリーが好きだったんです
だって日本が舞台のシーンがあるし
日本人俳優も出てくる

それにマシ・オカ(ナカムラ ヒロ役)が大好きだったんです
今は彼と一緒に出演してる
本当に信じられないくらい素晴らしいことだと思ってます

スタジオに行くたびにいつも何かを学んで吸収しました
だって素晴らしい俳優ばかりだから
観ているだけでも、私にとっては勉強ですね

私はずっとハリウッドで活躍する女優になりたかったから
ヒーローズは私を感化させたんです

撮影では日本語と英語の両方を使っているけど
英語での演技は私にとってまだハードですね
英語は私の第二言語だから
でも共演者のみんなは私をいっぱい助けてくれた
戦闘シーンの最中でもね(笑)」と語っている

彼女にとって一番の挑戦は

言語の壁以外にも、アクションシーンだろう
彼女は、宙返りや側転といったアクションをこなしながら
刀を使ったアクションも同時に行う
彼女がこなすアクションは
最高にハードが高く、難しいものと思われる

「何度もカメラにぶつかってしまったこともあります
大きな怪我はないけど、アザはしょっちゅうですよ!」とも
語っていた

以前、公開された“刀を握りしめるミコの姿”の
場面写真から、マシ・オカ同様
アクションに期待が高まる中

「結構戦ってます
撮影の次の日は全身筋肉痛、みたいな(笑)
撮影時間は14時間ぐらい(撮影)してますね」


祐真キキ自身も連日のハードなスケジュールの中でも
アクションシーンに自信を見せていた

日本語のせりふも自分で翻訳

日本語のせりふは
祐真さん自身が英語の台本を翻訳した
「台本が撮影直前で変わるんです
誰か一人(のシーン)を通すと
台本が来るのが遅れちゃう」という裏事情はあるものの
「できるだけナチュラル」な日本語を心掛けたという
英語力は、1年間の米国留学で習得したもの

米国のドラマや映画に憧れていた

高校時代にアメリカ留学を経験し
卒業後はバックパッカーとしてタンザニアに約1カ月滞在した
女優になる夢を実現させるべく、22歳で改めて渡米
演技を学びながら、100を超える大小さまざまな
オーディションを受け、今年“大役”を勝ち取った

「一番痛感するのは、文化の違い
たとえ否定されても
ガツガツ自分をアピールしないと全然前に進めないんです
日本で生まれ育った私にとって
それは難しいことでした」

と振り返る

撮影では多くのアクションを自らこなし
「骨折のような大ケガはなかったにせよ
木刀がおでこに当たって
流血したことも」と苦労が絶えなかったが

「プロデューサーがキャストの意見を
積極的に聞き入れてくれたり
驚くほど上下関係がない」と現場の風通しは抜群

ゲームの世界では、CGキャラ化したミコが大暴れするが
「モーションキャプチャーを用いたシーンなので
実際に私がアクションに臨んでいます」

と舞台裏を明かした

日本の俳優は多くの場合、芸能事務所に所属するが
欧米では俳優本人が“経営者”の立場で活動するのが一般的

「自分でエージェントやマネージャー、パブリシスト
メイクさんを雇って、ギャランティからお給料を支払うシステム
いわゆる“事務周り”も自分の仕事なので、今は頭がいっぱいです」
もちろん、オーディションで新たな仕事を勝ち取ることも大きな課題で
「一発屋で終わらないよう、頑張ります」と自らを奮い立たせる

そんな彼女が目標に掲げるのが、ハリウッドきっての大物女優であり
慈善家としても多大な影響力をもつアンジェリーナ・ジョリーだ

「タンザニアの国際機関で働いた経験から
難民問題や環境破壊の現状について
多くの人に発信したいと思うようになったんです
そのために、アメリカで女優を目指したといっても過言ではありません
これからも活動の軸足は、アメリカに置く予定です」と
“世界”を見据えた抱負を語っている

高校時代、1年間、米中西部サウスダコタ州に
留学し英会話を習得
留学の理由は
「中学生の頃から米国のドラマや映画に憧れていた」たという事で
21歳から1年半の間、ハリウッド映画界でも活躍される
プロデューサーの奈良橋陽子氏(67)が設立した
俳優養成機関「アップスアカデミー」(東京都新宿区)で学び
4年前にロサンゼルスに渡米

渡米してから現在に至るまで、エキストラ
ウェブサイトのドラマ
YouTubeの番組やイベントのモデルなど
大小さまざまなオーディションを受け続けてきた

日本でも『デスヤンキー』などに出演し
「沢尻エリカに似ている」として一部のファンから
熱狂的な声があがるなど注目されていたが
拠点のアメリカではエージェントが3回変わるなど
「自分」をアメリカで表現することの厳しさを
痛感したという

だが、こうした下積み経験が実を結び、2015年始め
「Heroes Reborn/ヒーローズ・リボーン」の
オーディションに見事合格した

当時のことを、祐真は

「ロスで殺陣クラス(ジャパニーズソードファイティング)に
週に1回行っているんですけど
そこに来ている男の子のお母さんの友達が
キャスティングディレクターで
日本人女性で刀ができる方を探してまして
その話を聞いたので
その方にアクションのデモリールを渡したんですよ」

とふり返る

そして、そのキャスティングディレクターによって
無事オーディションに参加することができたと語る

佑真G

「2つのシーンを渡されて
アクションと普通のやりとりのシーン
はじめはキャスティングディレクター3人の前で演じて
『30分待』ってって言われて、30分待って次に入ったら

『HEROES』のプロデューサーたちがプラス5人
ソファーに座っていたんですね
その人たちの前で同じことをやったんですよ
その日はバイバイ、って帰ったんですよ

で、4日後ぐらいに合格の通知が来ましたね
日本の女優さんにも声かけてたみたいで
本当ラッキーでしたね」と明かしている

電話で合格を知らされたが、人気作品への抜てきに
「跳び回って泣いて喜びました」と語っていた

祐真が目指すもの

祐真の「ゴール」は、あくまでも「環境破壊の現状や
難民の人たち
あるいは発展途上国でつらい思いをしている人たちの現実を
広く世界に発信する」ことだ
「それが自分にできることなのかなと思います
ただ、自分がそこを訪れることで現地の人たちが
危険な目に遭わないようにしなくてはなりませんが」と
配慮を見せつつ、「まずは有名になることが第一目標です」と
目を輝かせる

そのゴールに向け、「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」に
出演することで一歩、踏み出した祐真キキ
2015年10月に撮影が終了した全13話のうちイチオシのエピソードを
挙げてもらうと、ゲームの中でミコが
「関西弁をしゃべる」ダーク・ミコと戦うエピソード6を挙げている

もちろん、ダーク・ミコも祐真が演じている
残念ながら「ダーク・ミコは一瞬しか出てこない」そうだが
「シーズン2があれば
リアルにダーク・ミコを出してほしいんですよね」と
期待を寄せる

外人から見た日本人女優の印象は
“小柄可愛らしい”これが一般的だろうとが

祐真キキは、長い黒髪と大きな瞳で
エキゾチックな雰囲気と小柄で可愛らしさを漂わすが
1M53Cmと小柄ながら、
刀を自在に操り、まるでサムライのような
クールな女優で『HEROS Reborn』を見ると
彼女の、アクションの世界に引き込まれてしまう

佑真F

役名は「オオトモ ミコ」

祐真キキは『HEROS Reborn』で、並外れた能力をもつ
登場人物の一人として出演

行方不明の父を探す、東京に住む若い女性の役で
サムライのように刀で、並み居る男共を
次々倒して行くシーンに、思わず拍手喝さいしてしまう

祐真キキは

「私は6年間、刀を使ったアクションの勉強をしてきました
オーディションで見せた、私の刀アクションのおかげで
この役を手に入れることが出来たと思ってます」と語っている

彼女が演じるミコはヒーローズシリーズでの
新しいキャラクターであるにも関わらず
予告やプロモーションポスターなどには
刀を持った祐真キキが数多く登場している

彼女は、『HEROS Reborn』では
今までのヒーローズシリーズよりも
多くのアクションが期待できるとも語っていた

より多くのアクションとCGで
ドラマ性ももっと深くなり
今までのシリーズを観た人にとってはより
面白い作品になると思うし
観ていない人が、今回のシリーズから観始めるとしても
手に汗握るストーリーになっていると期待がふくらむ

『HEROS Reborn』ヒーローズ・リボーンは

2006年から2010年まで米NBCで
4シリーズ放送されたSF作品で
超能力を持つ人々が活躍するドラマである

日本でも、Huluプレミアムで毎週火曜日に更新中で
第11話は1月下旬より配信開始予定である
1話と2話は、まとめて第1話として配信している

「Hulu」は
最近のヒット作から懐かしの名作まで
人気映画やテレビドラマシリーズを好きな時間に視聴できるサービスで
月額利用料金933円(消費税別)で豊富なラインナップから
今まで知らなかった魅力的なコンテンツを発見して楽しむ事ができる
このアプリケーションを利用するには、別途ユーザー登録が必要である

ハリウッド映画やテレビドラマシリーズなどをはじめとする
国内外の豊富なコンテンツをすきな時に視聴できる
ひとつのアカウントで、パソコン・テレビ・スマートフォンなどの
さまざまなデバイスで視聴可能で、動画をコピーすることなく
好きな時に視聴できるので、外出先でスマートフォンやタブレットで
簡単に楽しむ事が出来る

「ヒーローズ・リボーン」は

世界中で一大ブームを巻き起こしたテレビ・シリーズ
「HEROES」の生みの親ティム・クリングが製作総指揮を手がけた

善と悪の2派に分裂した能力者たちの壮絶な戦いに
身を投じることになる新たなヒーローたちの姿を描いた
全13話の新シリーズである

一見ごく普通の人々だった新たなヒーローたちの人生は
自身が特殊能力の持ち主であることに
気づいてしまった時から激変する

彼らの能力を利用しようとする者たちが迫りくるなか
能力者たちは自身が持つ特殊能力を使いこなす方法を
模索してスリリングな体験を重ねながら
新たなヒーローたちは
過去のシリーズに登場した偉大なるヒーローズと出会い
自分たちが人類の救世主となるべき
運命にあることを知るのだった…….

祐真 キキ(すけざね・きき)

生年月日  1989年4月5日
出  身  京都市
身  長  153cm
高校卒業後アルバイト生活で資金を蓄え
バックパッカーで1カ月間タンザニアを訪れ
国際機関で難民の援助をしている米国人に出会い
女優になろうと決意
家族は両親と兄、妹
叔父は男性ファッション誌「メンズノンノ」などで
活躍する人気スタイリストの祐真朋樹氏

祐真朋樹氏(すけざね・ともき)は

21歳の時に編集・スタイリング業をスタート
現在は雑誌のファッションページのディレクション
加えて、アーティストやタレントのスタイリングなども手掛ける
パリとミラノのコレクション取材歴はかれこれ20年にのぼる
最近はフォトグラファーとしての仕事も多くなっている

祐真朋樹氏の経験は

広い分野への目配りから成り立っていると思う

どんな分野でも、自分が好きなものを信じる事が
人の心に響く仕事として再生されていく
おそらくスタイリングや
ファッション・エディティングも同じだろうと思う

祐真朋樹氏の原点はニューヨーク

「僕は東京に来る前、京都で友人たちと
アクセサリーブランドをやったり
クラブでアルバイトをしていたりしたんですが
当時、ニューヨーク帰りの友人から
ストリートアートがもの凄い話題になっているという話を聞きました
1980年代前半、キース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキアが
出てきた頃のことです

僕は特にバスキアが大好きになって
絶対にニューヨークで彼や彼の作品を見たいと思った
それで旅行資金を貯めていたんですが
その途中でバスキアは亡くなってしまいました」と
語っている(1988年に28歳で他界)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。