千葉女性監禁少女生き埋め初公判||殺さないで

%e9%87%8e%e5%8f%a3

<この記事は動画でも視聴できます>

原因は卒業アルバム
「船橋女性生き埋め殺人」
裁判員裁判の初公判が11日開かれた

芝山町の畑で昨年4月船橋市の女性
当時(18)が
遺体で見つかった事件で女性を
生き埋めにして殺害し

財布を奪うなどしたとして
強盗殺人などの罪に問われた住所不定
無職中野翔太被告(21)の
裁判員裁判が11日千葉地裁(
吉井隆平裁判長)で初公判が始まった

中野被告は
「間違いありません」と起訴内容を認めた
事実関係に争いはなく情状面が
争点となり公判は集中して開かれ
21日に結審し判決は30日に言い渡される

起訴状によると

中野被告は昨年4月19日夜
同罪で起訴されている住居不定
無職の井出裕輝被告(22)らとともに

犯行当夜、中野被告らは千葉市中央区の
路上で女性を乗用車に乗せ
結束バンドで両手足を縛り靴下を
口に押し込み粘着テープで口を塞ぎ監禁

車内で財布やバッグを奪い
翌20日未明芝山町に到着

井出被告から芝山町の畑に前もって
掘ってあった穴に
「ちょっと埋めておいて」と
指示された中野被告は

女性を穴の中に引きずり込み
女性が「殺さないで。死にたくない」と
命ごいしたのにもかまわず
女性の声が周囲に聞こえて
犯行がばれることを恐れ

井出被告らが戻る前に慌てて
1人で、土砂で生き埋めにし
窒息死させた残虐性の一部始終を詳述した

スポンサーリンク

中野被告が犯行前井出被告と畑を下見し
井出被告の指示で女性を埋める穴を
1人で掘った点も指摘

女性を穴に引きずり入れて
土をかぶせたのも中野被告だとして
「残虐かつ計画的な犯行で
動機は身勝手犯行の重要な部分で
自ら手を下している」と述べた

一連の事件で県警は
中野、井出両被告と少女のほか
少女の友人の少年(18)も
監禁容疑などで逮捕している

この日法廷に現れた中野被告は
黒のスーツ上下に首もとまで伸びた
長髪姿であごひげを蓄え

公判中はほとんど
うつむいたままだった
出廷した中野被告は
事件当日まで女性や少年とは面識がなく

少女とも親しくなかったとされる
いびつな人間関係の中で起きた
今回の事件
初公判では、その根底にあるとされる女性と少女の「卒業アルバム」を
めぐるトラブルが浮かび上がった

同じ高校に通う同級生だった
女性と少女
当初は仲が良かったが
女性は友人宅などを転々とするうち

勝手に服や化粧品を持ち出したり
金を払わなかったりと
友人との間でトラブルが
増加していった

そして、事件の約1カ月前
女性は仕事を始める際の
身分証明に必要だとして
友人に中学の卒業アルバムを借りた

返還に応じなかったため
友人は少女に相談
少女は怒りを強め井出被告と殺害を決意した

知人には
「中途半端に殴って警察に言われると
困るから警察に捕まる覚悟で最後までやる]
と明かしていたという

冒頭陳述要旨
【検察側】

女性が友人から借りた卒業アルバムを
返さないなどの理由で怒りを覚えた少女が
平成27年4月までに井出被告と犯行を計画

中野被告は女性と犯行まで面識がなく
友人の井出被告から犯行前夜に
計画を持ちかけられ
「殺してから運ぶのは重い」などと
生き埋めを示唆した

犯行前夜、井出被告と酒々井町の
ホームセンターで結束バンド
粘着テープ、靴下を購入

芝山町に移動し
1人で女性を埋めるための穴を掘った職場の人間関係のいらだちなどを
解消したいがために
犯行への関与を決めた

深さ約1.5メートルの穴の中で
頭部を何かでグルグル巻きにされ
顔の見えない状態だった

捜査の端緒は
野口さんを知る男性が21日県警船橋東署に
「連絡の取れない女性がいて
埋められたという話がある」と
通報したことと野口さんの妹も
LINEで友人に

姉の安否について相談しており
交友関係から成人を含む
少年、少女グループが浮上

先に監禁容疑で逮捕していた
少年、少女らの供述が
二転三転したことから
慎重に取り調べを進めた結果
やっと遺棄現場が
特定できたとされる

なぜ、若者が若者を
“処刑”するような残忍な事件が
こうも続くのか
ゲームの様に又復活するとでも
思っているのだろうか

川崎市の上村くん殺害事件
横浜市の泥酔した
専門学校生放置死事件
そして今度の18歳少女が生き埋めに
されたという狂気の連鎖が止まらない

事件には中野、井出両被告の他に
女性の元同級生の少女(19)と
少女の友人の少年(18)も
犯行グループとして関与

少女は千葉家裁から検察官送致(逆送)され
主犯格として強盗殺人と逮捕監禁罪で
起訴されている

逮捕監禁の非行事実で家裁送致された少年は
少年院送致された

湯浅成美容疑者と交流のある少女は
事件後に電話で話した際
「殺したと言っていた
笑いながら話していた

『(野口愛永さんを)林に拉致って
連れていって
そのまま生き埋めにしたんだけど
アイツ超ガクガクしちゃってさ』って」
などと話しており
生き埋めにした後も全く反省の色は
みられなかった

たった1人の少女を男性3人
女性1人の計4人で連れ去り
生きた状態のまま埋めるという
とてつもなく残虐な殺害方法で
殺害したにも関わらず
反省の色がない湯浅成美容疑者

県警船橋東署捜査本部は
司法解剖の結果
遺体に目立った外傷がないことなどから
野口さんが窒息死したと
みられることを明らかにしていた

このニュースを見た視聴者や
インターネットユーザーは
この残忍性に強い衝撃を受けていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。