飛ぶか新3本の矢ー1億総活躍社会ーGDP600兆円目標

安倍総裁記者会見「『新3本の矢」アベノミクス第2ステージへ

安倍総裁は9月24日、「党大会に代わる両院議員総会」終了後党本部で記者会見に臨み新体制でのスタートにあたり、
未来を見据えた新たな国づくりを進める意欲を示し「ニッポン一億総活躍プラン」を提唱
アベノミクス第2ステージとして『新3本の矢』の実現に向け、全力を尽くすと決意を語った
 安倍首相

第1の矢に

『希望を生み出す強い経済』を掲げ、「経済最優先」で「戦後最大の国民生活の豊かさ」に向け
GDP600兆円達成を目指す

第2の矢として

「夢をつぐむ子育て支援」を挙げ、希望出生率1.8を目指し待機児童ゼロの実現や
幼児教育の無償化の拡大、多子世帯への重点的な支援などによる子育てにやさしい社会を創り上げる

第3の矢は

『安心につながる社会保障』介護施設の整備や介護人材の育成、在宅介護の負担軽減など仕事と
介護が両立できる社会づくりを本格的にスタートさせる一方、意欲ある高齢者が活躍できる「生涯現役社会」構築を目指すとして
希望と、夢と、安心の「新・3本の矢」でアベノミクスによる果実を、国民に届けることを目指と述べた

経済重視

世論を二分した安全保障関連法が成立したことを受けて首相は、「経済重視」の姿勢を鮮明にし、
会見では「本日からアベノミクスは第2ステージに入る」と強調
これまでの経済政策の成果に言及し「(経済情勢は)もはやデフレではないという状態まで来た
デフレ脱却はもう目の前だ」との認識を示した

スポンサーリンク

2017年4月からの消費税率10%への引き上げについては「リーマン・ショックのようなことが起こらない限り
予定通り実施することは累次申し上げていると考え方に変わりはない」と名言した

憲法改正

首相が意欲を示す憲法改正に関しては「(自民党の)改正案に支持が広がるよう努力を重ね
次の選挙でも公約に掲げる」と述べると共に民主党に対し
「勇気を持って議論に参加していただきたい」と呼び掛けた

首相は会見に先立つ両院総会で「さまざまな困難が控えている結果を出していくことで
国民の信頼を勝ち取っていく」と訴えた
両院総会やその後の役員会では、首相が10月上旬に断行する内閣改造・党役員人事について首相に一任することを決定
総裁再選に伴い終了する現在の役員任期は、後任が決まるまで延長するとした (以上時事通信社の記事を参照しました)

新3本の矢

安保関連法案を連休前に通し、5連休にゴルフでリフレッシュして、気持ちを切り替えての初日に、
「新三本の矢」を放ちました。
しかし、これは新鮮味がないのかマスコミからあまり大きく取り上げられていない気がする
新しい三本とは「一億総活躍社会」と銘打って

スポンサーリンク

希望を生み出す強い経済 (GDP600兆円を目指す)

夢をつぐむ子育て支援  (希望出生率1.8%)

安心につながる社会保障 (介護離職ゼロの実現)

ただ、どれも今一つ漠然としている上にアベノミクス三本目の矢に内包されている内容もあり、そちらはどうななのか
という疑問も当然出てくる
旧三本の矢ははもはや放ってしまったから新しい矢というならば旧の矢は何本的に当たったのだろうか

GDPは2015年9月期で実質が530兆円です
内閣府試算によると2020年から21年にかけて実質2%名目3%の成長率で600兆円に届くようです
しかしアベノミクスブームで久々に景気回復を実感した2013年でさえ
実質2,1%だったことを考えればこの計画は絵に描いた餅となり得るだろう

今回発表された「新三本の矢」に説得力が無いのは、既存の問題点の焼き直し程度にあると思える
新鮮味が無く如何にも小手先のプランという感じがする
中身が全く見えて来ない「新3本の矢」で経済が格段に発展するとは思えないし出生率が上がるとも思えない
近年に無い600兆円という高いGDP目標は到底この程度のプランで達成は不可能である
「経済衰退、福祉切り捨て、雇用破壊が「新3本の矢」です
ますます格差社会が広がり、一部の高額所得者をますます儲けさせるために弱者は働くのである
安倍首相スピーチ

安全保障関連法>

一方、安全保障関連法については、全く触れられなかった。
共産党の志位委員長は、「これは戦争法、安保法を強行採決やったことを忘れてもらおうということだと思うんですよ
目先を経済にそらして、これは、本当に国民を愚弄した姿勢ですよね」と批判した

野党は、「目先をそらしている」と批判 24日も国会前では、デモが行われていた

安倍首相のねらい

安保法から再び、経済政策に重点を戻した安倍首相の視線の先にあるのは、2016年7月に行われる予定の参議院選挙。
高らかに掲げられた、「アベノミックス新3本の矢」
しかし、その前途に待ち受けるのは、多難な道となっている
24日の日経平均株価は、ワーゲンショックや中国の景気減速への懸念などから、500円近く値下がり
逆風が、その強さを増す中、新たな3本の矢は、正確に的を射抜くことができるのか

エコノミストの話

第一生命経済研究所・熊野英生首席エコノミストは、「名目GDPが600兆円」と言われても実感が湧かないんですが、言い換えると、
例えば、自分の給料が2割増しになると、そういうイメージなんですね
一体、それをどうやって具体的に実現するのかについては、引き続き、よくわからない
そこの説明を、もう少しこう、欲しかったと」と話した
今回の会見で、具体的な中身が語られることはなかったが、
今後実感できる成果につなげられるかど「新3本の矢」の成果を見守って行こう

25日前場・中ごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、前日比80円程度高い1万7680円台で推移している模様
円安・ドル高基調を好感した買いが続いているものの、週末とあって積極的に上値を買い進む動きは限定的だ

前日に米建機大手キャタピラーが2015年12月期の売上高見通しを下方修正発表
世界景気の減速に対する警戒感が強待ったことも上値を抑えている
独フォルクスワーゲンが、米国だけでなく欧州における排ガス試験でも不正があったことを認めた
排ガス規制問題が広がりを見せていることも重荷になっている

安倍首相が経済成長に向けた「新3本の矢」の1つとして、子育て支援策の充実をかかげたことが手掛かりとなり
JPホールディングスなど保育関連株が値を上げた

蛇足

「三本の矢」という話は、毛利元就(もうりもとなり)が三人の子供たちに
「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となったときはなかなか折れないこのように三人が
力を合わせなければいけない」と教えたという有名な話です
しかしこの話はフィクションではないかと言われています
その理由の一つに、この話を元就がいつ頃子供たちに話したかという問題が挙げられてます
一説には元就臨終の際とありますが、このときすでに長男隆元(たかもと)は亡くなっています
では、隆元が家督を継いだときなのか しかしこのころ、三人はすでに青年期に達しており
当時、竹でできていた弓矢三本を折ることができないとは考えられないからである
この他いくつかの理由から実話ではないと言われていますが
元就がつねづね子供たちに団結し協力し合うように説いていたことは確かなようです

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。