イケメンコメンテーター||ショーンKこと||ショーン・マクアードル川上

ションK6

「誰がショーンKを連れてきた」で

安藤優子キャスターがピンチに立たされる

ショーン・マクアードル川上氏の
経歴詐称騒動で
最も痛手を負ったのが
フジテレビだと言われる
同局は4月4日から平日深夜の
大型情報番組
『ユアタイム~あなたの時間~』を
スタートさせるが
そのメインキャスターを
川上氏が務める予定だった為
フジ局内には
“ショーン・ショック”が
広がっているという

任命責任を問う声が出ている中で
キャスターの安藤優子さんの立場が
危うくなっているという

『ユアタイム』の制作統括は
『NEXTEP』というフジの
子会社が担っており
同社の社長の堤康一さんは
安藤さんの夫である

スポンサーリンク

もともとフジテレビ局員だった堤氏が
NEXTEPに出向したのは
昨年6月のことで

「堤さんは安藤さんがMCを務める
『直撃LIVEグッディ!』の
制作総指揮をとっていた人で

堤さんの後ろ盾があったからとも
言われていたが
鳴り物入りで始まった
『グッディ!』だが
平均視聴率1%台が続き、大苦戦

そんな折に堤さんが子会社に
出向となったため
事実上の“左遷”とも囁かれた

今回の任命責任も堤さんが
負うことになれば
安藤さんのフジ内における立場は
いっそう悪くなりかねない

果たして川上氏の任命責任は誰にあるのか

ションK1

フジテレビ局内では

「川上氏はフジテレビとして
起用を決めました
誰かが任命責任を負うことは
検討していません」と語っている

ショーン・マクアードル川上氏の
所属している某芸能事務所のN社長は
川上氏について

「本名は川上伸一郎で
テレビやラジオで名乗っている
ショーン・マクアードル川上は
ビジネスネーム」だと説明している

テレビ制作会社スタッフは

「N社長は『プライベートなことなので』と
明言を避けているが
そもそも川上氏とは20年来の
付き合いだから知らないはずがない
責任逃れをしているとしか思えません

N社長は、芸能事務所の他に
舞台の脚本やプロデュース業も
手掛けているが
かつてはラジオのDJとして活躍していた」

ラジオ関係者は

N社長があの低音ボイスに惚れ込んで契約し
川上氏はラジオのDJを務めることができた
ただ、初めはただのDJだったのですが
いつの間にか経営コンサルタントの肩書きが付くようになったんです

ションKD

その後、テレビの情報番組や報道番組で
コメンテーターを務めるようになってから
肩書きは次第に膨れ上がっていったという

また彼には
「テンプル大時代
アメリカ人女性の恋人がいた」という話があり
堪能な英語力は
その彼女から学んだのかもしれない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。