私は裕福だったから大学へ行けた||奨学金反対ツイッター炎上||中学からでも稼げます

上西議員
奨学金反対ツイッター炎上中学からでも稼げます

出典:J-CASTニュース

 

 

上西小百合衆院議員(無所属)が
ツイッターで
返済義務のない給付型奨学金について
「大反対」だとの持論を展開し
波紋を広げている

 

「大学行けばなんとかなるなんて甘い」と
いうのが主な根拠で
自分が大学に行けたのは
「家が裕福」だったからだとしている

上西氏は自らの政策として
「返済不要!給付型奨学金制度の拡充」を
ウェブサイトに掲げていたが
指摘を受けてほどなく削除された

さらに、上西氏は自らの公式サイトに
「政策」として「給付型奨学金制度の拡充」を
掲げていたこともわかり
持論とは正反対の政策を自らの公約として
掲げ、当選していたことになる

この点を指摘されると
「あれは維新時代のものですね
そう言えと言われたので」などと反応し
ほどなく奨学金の項目がウェブサイトから
削除された

こうした一連のツイートに批判が殺到する
事態となっている

「中学から働いたって稼げます」

給付型奨学金は2016年12月19日
松野博一文部科学相と麻生太郎財務相が
2017年度予算案の閣僚折衝で合意し
導入が決まったもので
進学先や下宿の有無に応じて
月額2~4万円を給付される

上西氏は同日夜のツイートで
この決定に異議を唱えた

「私は給付型奨学金については大反対です
幸せの前提がお金持ちだと言うのもどうかと
思いますが、仮にそうだとしても
大学行けばなんとかなるなんて甘い

稼ぐなら中学から働いたって稼げます
本当に勉強したいなら社会に
出てからだってできます親の見栄で無理やり
学校に行かされる事がないように」

一方で、自分が大学に行った理由については

「家が裕福でしたから大学まで行きました
それどころか3000万以上の貯金もあったので
そこから選挙資金を出せたので
今現職の国会議員です」などと説明し

「私が、国会議員になれる時代ですよ
自信を持って見栄さえ張らなければ
社会に隙はありますよ」とも強調

「平等に教育をなんて給付型奨学金で
解決するようなものではないどころか
その一助にもなりません」
「大学に行けばなんて、今時馬鹿の発想」
給付型奨学金は格差解消に
役立たないと主張した

こうしたツイッターに対して読者からは

「本気でやりたいことあって希望を持って
大学へ進もうと思ってるのにお金なくて
進学できない人なんてごまんといるのを
知らないのかなぁ」

「多くの人は、その要領や運が無いから
勉強して大学に行って可能性を広げる
必要があるのでは?」といった反論が
続々と寄せられたが
上西議員は、ぞれぞれ
「大学に行けばなんて今時馬鹿の
発想ですよ」
「甘ったれるな」と突き放した

また、自身についても
「そもそも学歴だけでいったら貴方は
二流~三流程度でしょ」といった
非難も飛び
これに「そうですよ
神戸女学院ですから馬鹿大です」と返信
出身校を「馬鹿大」だと断じるなどの
騒ぎになっている

上西氏は12年の衆院選で
日本維新の会(当時)から出馬し
選挙区では敗れたものの重複立候補していた
比例近畿ブロックで復活し初当選
14年には維新の党(同)から出馬し
再び比例近畿ブロックから復活当選したが
15年に維新の党から除名された

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

2016/12/20 17:56
マスコミはこの人を相手にしちゃダメです。
無視するのが一番です。
2016/12/20 20:22
そもそも少子化のあおりで授業料が年々上昇してることが背景にあることを知らんのか。批判ばっかしてないでなにか案を出してみろよ。できないなら辞めろ。税金の無駄。
2016/12/20 20:59
お金持ちが自分の立場(有利さ)を
守りたい意見としか見えないですね
「貧乏人はこのステージに来るな」って言ってるみたい
それに、大学行けば何とかなるかな?レベルでは
そもそも受けられないという事実を
裕福だから知らないんですよ、彼女
審査は学校ごと人数制限で
願書出しても全員通らないし
前の学校の成績も勿論審査に加味される
毎年の成績表が学校から奨学金団体に送付され
成績ひどかったら打ち切られ
そうでなくてもいまいちな成績だと
通達もくるそう(幸い経験なし)
今の経済状況がどうかの報告も毎年書く必要ある
給付型なら希望者もかなり多く予算も限りあり
その中での審査・運営が厳しいのは必然ですから
皆さん、その辺りは杞憂です
教育に国の資金を注げば、基本国力が上がる
「誰が」ではない、全体の能力が上がる
勿論、漏れや無駄も一部出るが
それも含めて「国」が「国力を上げる」ための制度です
2016/12/20 21:06
それとは別にクラウドファンディング的な奨学金制度を認めるのはどうだろうか。
一定の学力評価の上、何のために進学するのかを表明してもらう。
それを応援したい人がいればお金を出す。
出資者には奨学生の成績が学期ごとに届き、応援しがいがないと判断すれば出資を増額したり停止したりできる。
そんな仕組みがあると良いと思うのだが。
仕組みを作ったところで、投資や(宗教以外の)寄付文化がない日本人には浸透しない。そういう思いがある人は既に個人レベルでやってるだろうし、やらない人は全国レベルの仕組みを作ったところでやらない。
また、無理やりその仕組みを盛り上げようとしたところで、プレゼンだけ上手い詐欺師に騙されて終わりだろう。
東京都の尖閣政策に募金した人然り。田母神を応援した人然り。維新ブームで上西を応援した人然り。みーんな騙されただけに終わってる。
2016/12/20 18:24
要約「私は馬鹿でしたが、お金があったおかげで大学に行ってお金の力で政治家になれました」
大学では勉強は教えますが、一般常識はおしえません。世の親は一般常識を身につけさせてから大学行かせるように。でないと、こういう馬鹿が身内の恥を晒します。
2016/12/20 20:51
この人の出身校はえらい迷惑してると思う
2016/12/20 19:01
しかし、言ってる事も正論の部分はある
 
2016/12/20 21:50
大筋、正論だ。
が、しかし、
正論も誰が言うかで重みが違う
 
2016/12/20 22:16
一ミリも正論じゃない。
お前らいつも自民党の議員の発言で都合のよいように切り取るなって言ってるじゃないか。
奨学金給付と大学行けばなんとかなるかどうかは完全に別問題だろ?このテーマでこんなこといいだすのは先天的か後天的な理由で脳ミソ腐ってる。サイコさんかよ。
誰が言ったかじゃなくてどんな文脈で言ってるか。
2016/12/20 22:48
給付型の奨学金を貰っても、別にタダで何でもできるわけではないんだってなぜ分かんないんだろう?
俺の同級生に、入退院繰り返しの母ちゃん、父ちゃんが突然死で中卒で働いた奴がいたけど、そいつは学校で2番だった。
父ちゃんが健在だったら地元の進学校へ行き、おそらく元帝大クラスの国公立に行けたと思う、真面目だったし。
そんな奴の前でも「働こうと思えば中卒でも稼げる」とか言えるのかね。
親の脛かじって一円も出さずにのーのーと暮らした人間が「甘ったれるな」とか何を言うのかね。
自分は政党という後ろ盾つけて「言えって言われたから言った」だけで当選したのに。甘ったれはどっちなのかね?
2016/12/20 20:47
自分が当選したのは社会の隙なんだそうな。全くその通りではあるが、ついに言ってはならない事を口にしちゃいましたね。自らが詐欺的な存在であると自白したようなもんだな。どん底に落さないとだめだわ、こいつは。
2016/12/20 17:48
そもそも、この様に陽が当たらない国民に陽を当てるのが政治家の仕事ではないのか?
2016/12/20 17:48
単純に給付型・・・は私も反対ですが、内容が違い過ぎるなぁ。
しっかり学力があることを担保にしないとダメだろうし、基本は「貸与型」で良いと思う。
きちんと学んで、その結果を出している者、かつ経済的な理由で進学を悩んでいる者に限定なら、給付型も良いと思うけどね。
2016/12/20 20:29
>私が、国会議員になれる時代ですよ。
それが一番の問題。
2016/12/20 21:11
あ〜ぁ、自分で言っちゃったよ
2016/12/20 23:19
なんだ、よくわかっているじゃんという感じ。
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。