日本ラグビー界の巨星平尾誠二氏が逝去元日本代表監督

%e5%b9%b3%e5%b0%be%ef%bd%81

訃報日本ラグビー界の巨星が逝去

ラグビー日本代表主将で日本代表監督も
務めたミスターラグビーこと
「神戸製鋼」
コベルコスティーラーズゼネラルマネジャー
平尾誠二氏が53歳の若さで逝去された

最近は体調を崩し、病気療養中だった

日本協会は平尾誠二氏が
20日午前7時16分に逝去されたと発表
体調を崩し昨年9月入院したが

日本代表がイングランドW杯で
過去最多3勝を挙げてラグビー人気が
高まったのと同じ時期で、早々に退院

今年4月には痩せた姿で大阪市内で
講演される姿もあったが、夏以降は公の場で
見掛けるることはなかった

神戸製鋼の関係者によると
「遺族の意向もある」として連絡が
取れていない状況にあるとしている

スポンサーリンク

元日本代表SOで現役時代から親交があった松尾雄治氏は
「膵臓がんだったと聞いていた
昨年暮れに会ったときは元気だったのに
残念です」と悔やんでいた

平尾誠二(ひらお・せいじ) 
1963年、京都府生まれ

1981年京都・伏見工高
(現京都工学院高)で山口良治監督の元
全国高校大会で初優勝を果たす
荒れた学校の成功物語はテレビドラマ
「スクールウォーズ」のモデルとなった

%e5%b9%b3%e5%b0%be%ef%bd%84

82年には史上最年少の19歳で
日本代表に初選出された

同志社大では史上初の全国大学選手権
3連覇に貢献
86年神戸製鋼所入社
ラグビー部に所属し
1995年1月8日

東芝府中との社会人ラグビー決勝で
華麗なステップでトライを決め
89年から新日鉄釜石と並ぶ
日本選手権7連覇に貢献した

87年に始まった
ラグビーワールドカップ
「Rugby World Cup」
(W杯)に選手として3大会連続で出場

91年の第2回大会ではキャプテンを務め
バックスのセンターポジションで
抜群のキャプテンシーを発揮し
日本ラグビーを選手として牽引し
日本代表初勝利を飾った

97年には史上最年少の34歳で
日本代表監督に就任
99年ウェールズW杯で指揮を執ったが

3戦全敗に終わってしまった
その後神戸製鋼の総監督
ゼネラルマネジャーなどを歴任
大会組織委員会の理事を務めた

2019年日本W杯について関係者に

「これからが大事
開催都市は特色を生かして成功に導いて
いかないといけない」と
力説していたとされる

3年後のビッグイベントを前に
帰らぬ人となってしまい
無念だったと想われる

%e5%b9%b3%e5%b0%be%ef%bd%83

トレードマークは口ひげ

平尾誠二氏は
モデルのような端正な顔立ちで
口ひげがトレードマークだった

これまでの“男くさい”イメージを
払拭するような、SOやセンターで
華麗なプレーを披露

80年代後半から90年代前半にかけて
ラグビーブームの立役者となった

謹んでお悔やみ申し上げます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。