小島瑠璃子西川史子を||高齢||呼ばわり強気な発言が話題に

こじるりK

小島瑠璃子と西川史子がトークバトル

2015年3月3日放送のバラエティ番組
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で
小島瑠璃子と西川史子がトークバトルを繰り広げて
話題となっていた

放送日が雛祭りということもあって
「花の女だらけ!若手女子とベテラン女子軍団が大激突SP」という
テーマでの同番組
ベテランチームには西川のほか大久保佳代子、YOUなどの
メンバーが出演し
若手チームには小島に加えてハーフタレントのマギー、AKB48の
松井咲子が出演

番組の冒頭
「若い女・おばさんに一言いいたい事」がテーマになると
小島は有名ケーキ店に並んでいた際

「リップが濃い目の3人組のおばさん」が
「(自分のカラダに)接地してきた」という
エピソードを披露

「きっと感覚が鈍くなってるんじゃないかな」と
小島が言うと
さっそく大久保が反応して
「逆に40超えたらビンビンですけども」と
声を張り上げ、トークバトルの口火が切られて

小島のトークを終始苦々しい表情を浮かべて
聞いていた西川も

「こじるりちゃんがもっと詰めればいいのよ
トロいから詰めなさいよってことでしょう」と参戦

さらに
「すごい大げさなんですよ〜」と改めて
西川から小島にダメ出しをされると一瞬ムッとした表情に

司会の明石家さんまが
「テレビ的にはそれでええんちゃうか?」と
フォローすると再び笑顔を取り戻していたが

それでも黙っていられなかったのか
小島は「高齢の女性の意見が聞けて良かったです」とチクリ
あっけらかんとした表情で”高齢”という言葉を使って
西川らを切り捨てた

それには思わず西川も眉間に大きなシワを作り
「あんた、すごいね」と諦めるように呟いていた

小島は
バラエティーではいちパネラーとしてだけでなく
MCなどもこなし
スポーツ番組なども担当している

『ナカイの窓』(日本テレビ系)でゲストMCを務めた際に
「アイドルらしからぬ抜群の仕切り能力を持つ」と
中居正広さんに司会ぶりを絶賛された小島瑠璃子

年上のタレントに囲まれながらも
きっちりと場の空気を読みながら番組を
進行させることができるとしての小島への評価だが

スポンサーリンク

今回の『さんま御殿』での西川さんとのやり取りの中では
そんな彼女の物おじのなさが、存分に活かされていた気がする

中居さんの”お墨付き”をもらった事が

芸能界で十二分なステータスとなる事は間違いない

バラエティーで活躍する若い多くの、アイドルやタレントは
そのほとんどが、番組内で”華”としての役目を与えられたもので
もちろん、自身のキャラに合わせたネタや
ちょっとした話での切り返し方なども含めて
“しゃべり”の技術はそれなりに求められるが

それでも旬の時期は短く、常に話題性の高い
新人タレントの出現に怯えることになる

小島は、そういったしれつな戦場から数歩ズレた
特別なポジションに立っている様に感じられる

バラエティー界で確固たる地位を築きつつある小島
しかし、今回の番組で見せた大胆で強気にも思える発言が
今後の芸能生活に悪影響を及ぼすのではないかと
心配する声も上がっている

「ネット上では西川さんに発した小島の
高齢”という言葉に対して、『よく言った』
『高齢なんだからしょうがない』といった意見のほか
『さりげなく敵を作るタイプだな』
『実は性格悪いのかも』などのコメントもあり

また、番組中に俳優の向井理さんが結婚したという話題になった際
素直な感想を述べたマギーさんに対して小島は

『日本の女子の労働意欲が低下しちゃって
GDPが下がったんじゃないか』と言っていた

ユーモアのあるコメントだが
わざわざGDPという言葉を使った小島には
『インテリぶってる』といった意見もあった

ほかの共演者と差別化を図ることはタレントにとって
重要な事かも知れないが、的外れだったり行き過ぎた発言は
視聴者の反感を買うかも知れない

グラビアの人気も高くバラエティーでも

存在感を発揮する小島は
いまもっとも勢いのあるタレントのひとりといえる
今後さらに飛躍するには西川らを相手に動じない度胸をいかに
自分の中でコントロールするかにかかっているのかもしれない

給料に反映されないことを嘆く

タレントの小島瑠璃子が、バラエティ番組
『旅ずきんちゃん』(TBS系)に出演し
刺激的な発言して話題を集めていた

この日の番組には、小島のほかSHELLYと菊地亜美が
「酒飲み歩きの旅in北千住」と題した企画を放送

プライベートでも酒好きで知られる3人が
そろって赤裸々なトークを展開した

こじるりL

さっそく一軒目に入店した一行はビールで乾杯
そこで小島は近くに座っていたサラリーマン風の団体に
「お父さん、かんぱ~い」と愛想を振る舞って
ジョッキを持ち上げる
この様子をスタジオで目にした番組MCの大久保佳代子は
「うまいね~」と舌を巻き
こうした行動がオジサン人気につながり
いまの小島の活躍を裏付けているのではないかと指摘した

また、小島はロケの最中に
「焼酎が飲めないんですよ~」とぼやきながら
SHELLYからすすめられてあんずサワーを口に含むと
「おいしい~」と言い

「焼酎が飲めることが判明しました!」と
満面の笑みで報告
大きな目を丸くして、いかにも大げさに
感情表現をする小島には
SHELLYも菊地も呆れ顔で
「この可愛い感じ、ムカつく…」とこぼしていた

ぶりっ子とも思える態度で、2人から厳しい言葉を
向けられた小島だったが

グラスを空けていくと徐々に表情を変えて本音を漏らし始める
そしてバラエティなどへの露出の多さを菊地から指摘されると

「(ホリプロスカウトキャラバンの)グランプリいただいてもね
世知辛いわけよ」と仕事が多くても
給料に反映されないことを嘆き出した

小島は、いくら働いても給料制のため

こじるりN}

一般の人が思っているような芸能人らしい派手な暮らしが
できるわけでもなく

先月には「残高が2100円」にまでなってしまったことを告白
それを隣で聞いていたSHELLYが勝ち誇った笑顔を浮かべながら
「私は歩合だから」と言うと
「給料いくらなんですか?」と身を乗り出して食いついた

頑なに給料の公開を拒否するSHELLYに対して
音声スタッフに「マイク切ってください」
「マジです」と懇願してまで聞き出そうとする小島

あまりにもしつこい小島に根負けしたSHELLYは
耳元でぼそりと給料を打ち明けると
小島は、「すげえ!」と大声を上げ
菊地とともに「芸能界って夢ある~」と
驚きの表情を浮かべていた

番組の後半では、菊地から唐突に
「ラッスンゴレライ好き?」と聞かれ
顔色ひとつ変えずに「嫌い」と即答した小島

単に酔っぱらっただけかもしれないが
健康的で爽やかなイメージのある彼女の口から
出たとは思えない
棘のある言葉には多くの視聴者も驚いたことだろう

最近のバラエティには酒飲み企画が多く
素顔が垣間見られるとして視聴者からも好評のようだが
ヘタな発言をして墓穴を掘る女性タレントなどが
出てくることになるのかもしれない

記事中の「ラッスンゴレライ」とは

8.6秒バズーカーのネタには反日的な意図が
隠されているのではないかとか
全く意味が無い言葉と言われている
「ラッスンゴレライ」についても
巷では色々と一人歩きしているので
参考迄にどうぞ

彼らがネタを披露する際のポーズは
広島県の平和記念公園の「原爆の子の像」に
酷似しているとの指摘がある

また、赤いシャツに黒いネクタイという服装が
「放射能」というタイトルのアルバムを出したドイツの
「クラフトワーク」に似ていると言われている

これらの真偽が問われる中で、新たな説が続々と提起されている
例えば、アメリカの爆撃機「B-29」に
「Chotto Matte」と
名づけられたものがあるという記録が発見され
その結果
「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん」という
ネタとの関連性が疑われている

彼らのネタ「ラッスンゴレライ」の意味についても
諸説が飛び交っている
一例が「Enola Gay Returns」を
並びかえると「Ratsunne Goleray」になるという説だ
Enola Gayは
原爆投下用に改造されたB-29の名称であるといわれる

どれも何となく、それらしく思えてしまうので
何が真実かは、本人達のみが知るミステリーである

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。