藤井四段||五段に昇||段名人への第一関門突 破四冠王も視野 

難局を乗り越え114手で勝利して9連勝

 

出典:日本テレビ/ 東スポ/時事通信

 

 

 

 

最年少プロ棋士藤井聡太四段(15)は
将棋会館で1日行われた「76期名人戦順位戦」の
一番下に位置するC級2組の9回戦で
(朝日新聞社・毎日新聞社主催)
梶浦宏孝四段(22)と対局し

 

午後11時5分約13時間続いた熱戦の末
114手で勝利して9連勝

 

1局を残し同日付で五段に昇段を決める
圧倒的な強さだった

 

全棋士(フリークラスを除く)が参加する順位戦は
名人挑戦権を争うA級から最も下位のC級2組まで
五つのクラスがあり



C級2組で唯一全勝の藤井四段は
梶浦宏孝四段に勝利
C級1組への昇級一番乗りを果たし
昇級に伴い、五段昇段の基準を満たした

来期のC級1組への昇級も決まり
将棋界の頂点「名人」を目指す道のりの
「第一関門」突破を決めた

さらに
今年度の対局数、勝数、勝率、連勝数は
いずれもここまで全棋士中1位で
将棋界の記録の主要4部門独占も視野に入る

藤井・新五段以前には
中学生棋士は加藤一二三九段(78)ら4人いるが
「中学生五段」は初の誕生となり
15歳6カ月での五段昇段は

加藤九段の15歳3カ月に次いで史上2番目の年少記録で
加藤九段の当時は中学卒業後の
4月1日付で昇段する規定だったが
その後、昇級を決めた日に変更された

“ひふみん”が天才中学生のダブル快挙を祝福

将棋界のレジェンド
“ひふみん”こと加藤一二三九段(78)は
自身のツイッターを更新し

「藤井聡太四段と呼べるのも
今日が最後となりましたね!
史上初の中学生五段誕生そして
C級1組昇級とダブルでの快挙達成
まことにおめでとうございます」

と祝福

「これからも天与の才を最大級に開花させて
観るものに感動を与える棋譜を紡いでいってほしい
すくすくと伸びやかに大輪の花を咲かせて下さい!」

とさらなる飛躍を願った

14歳でプロ入りし
順位戦初参加での「1期抜け」の快挙

終局後の共同記者会見で

「とても難しい展開だったが
ふみこんでいけたのがよかった」

「順位戦の昇級を目指して戦ってきたので
果たせたのはうれしい
昇級という形で(五段に)昇段できて良かった」

「1年間昇級を目指して戦ってきたので
それを果たせたのはとてもうれしく思っています」

「最終戦が残っているので全力を尽くしたい」

とぽつり・ぽつりと記者の質問に答え

「17日には朝日杯で羽生善治2冠と公式戦で初対戦する
素晴らしい機会を得ることができたので
自分の力を出し切って臨みたいと思っています」

と意気込みを語った

50人が所属するC級2組は
1年かけて各自10局戦い
成績上位3人がC級1組に昇級する事ができるが

藤井は8回戦以降ただ一人全勝を守り
この日の9回戦も勝って全勝でC級1組への昇級と
五段昇段を決めた

プロ入り後初のC級2組を全勝で抜けたのは
中原誠十六世名人(70)ら4人だけで
3月15日の最終局に勝つと
船江恒平六段(30)以来6年ぶりの
全勝優勝となる

今月17日には朝日杯の準決勝で公式戦では初めてとなる
羽生善治竜王と対戦する予定で
この朝日杯で優勝すれば六段に昇段する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

9時間前
熾烈極まりない1年目の順位戦を1戦残して
一人だけ昇格を決めてしまうことは、
既に藤井がどれだけ強いか測る物差しがないということだ。
並み居る名手の名が並ぶ朝日杯に予選を勝ち抜いて出場するだけでも
偉業と言えるのにベスト4まで勝ち上がり、
あと2勝すれば(それとて途轍もないことだが)6段に昇段するという。
早指しで無類の強さを誇る藤井にはそれが期待出来てしまうが、
羽生でなければそれを阻止できなかったというのもストーリーとして
面白い。
2月17日が楽しみでしょうがない。

9時間前
未来の名人候補。

9時間前
既にトップレベルだよ。
8冠なるか?

9時間前
凄すぎる。
羽生さんに勝てば6段ですよね

9時間前
どうなってるのこの子の頭。すご過ぎ。

9時間前
順調に階段を上がって入ってください。。
羽生さんとの対戦をすごく楽しみにしています。。

9時間前
スグに六段になりそうですね!

9時間前
新星、藤井聡太の出現で、将棋界は明るいですね。

9時間前
末恐ろしい、そしてとても頼もしい15歳!!

11時間前
実力はやはり本物なんだと思う。何を今更と思われるかもしれないが、
将棋を遣らない自分では、プロの実力は皆目分からない。
しかし、こうして勝利を重ねた姿を見ると、
凄い中学生なんだと納得させられる。

7時間前
連勝記録は、皇族がゴルフボールに息を吹きかけて
カップインさせてるのでいずれ白鵬みたいになるんじゃない

7時間前
↑こういうみっともない妬みアンチが湧いてくるということは
本物の証し

7時間前
将棋界にもアンチがいるんですか!?

4時間前
あの邪気のない表情 それでいて集中力の物凄さ
天才ってこういう事か 尊敬するよ
努力を認めなければいけないんだろうけど やはり天才と思う

1時間前
加藤一二三
1940年1月1日生まれ
1955年4月1日五段昇段(15歳3か月)
藤井聡太
2002年7月19日生まれ
2018年2月1日五段昇段(15歳6か月)
ま、たしかに加藤一二三のほうが若い
しかし、入学時期の関係で加藤一二三は高校生だったんだな

56分前
稀代の天才だな!

19分前
gekさんへ
加藤九段の時代は年度初めの昇段だったので、
高校生になっていたのです。
今の制度行けば加藤九段も中学生時代に5段になっていました。

11時間前
中学生という枠を超えてどこまで強くなるんでしょうか
間違いなく次代を担う大人物です

8時間前
テレビで、藤井四段のコメントを見て思うのですけど、
中学生っぽくないというか、
ちょっと、変わった子なのかな?という印象を受けます。
羽生二冠にしても、加藤一二三さんにしても、不思議な人だし、
やっぱり、天才っていうのは、
常人にはわからない不思議な感覚の持ち主なのかな?

7時間前
そうでもないと思います。
中学生を実像以上に子供だと見てしまうのはどうかと思う。

7時間前
「藤井くん?強いよね。でも~」のネタが新たに作られる人だろうな
羽生さんの様に 藤井くんの将棋ゲームも作られるだろうな

7時間前
賢い子ならこういう子はいくらでもいるよ。
敬意を持つのはいいけど、「すごい人なんだ」っていう
先入観で見て神格化のような感じになるのはちょっとね。
羽生さんだって普段はすごく普通の感じの良いだけの人だよ。
加藤九段はかなり変わった人だけどね。

7時間前
詰将棋の本もでるやろ

7時間前
光速の昇段。
次戦が超楽しみ。

5時間前
中学生だから強いんだよ
デジタルネイティブ世代というかAIが実用化世代された世代とそれ
以前を同じレベルで評価するのは不公平すぎるわ
奨励会で涙を飲んだ奴らだって
もしアプリがあったら結果は全然違うものだったかもしんないんだし

5時間前
この子を素直に認められなければ、
その人は人として判断力にかけていると思える。
そう言えるくらい凄い

3時間前
え?中学生でそんなに勝てるもんなの?
もしかして羽生って大したことないのか

6時間前
次戦の羽生2冠は全力で勝ちに来ると思う。
壁はとてつもなく高いけど、いい勝負を期待しています。
10代のうちに、藤井五段は何かタイトルを穫ってしまいそうだなぁ。

8時間前
「次戦」て書いてあるけど、
2月17日の朝日杯準決勝の前に
他にも藤井五段の公式戦が複数有るみたいよ。
楽しみね!

8時間前
藤井五段なら、
ストレートで昇級して10代のうちに名人挑戦・奪取も?って
可能性を感じさせられてしまう

7時間前
あまりA級、B1をナメないでください。
とんでもない猛者の集まりです。

7時間前
俺も藤井君上げのためにAやB1を軽視する風潮は苦々しい。
ただ、現状でB1に匹敵する力をつけつつある気がする。
それは順位戦で証明していくしかないけど。

7時間前
羽生さんは、今や永世七冠だから、部屋に入る時、
いかにもラスボス的なBGMを流してあげたい。
…ただ、朝からアンテナ立ってたら台無しw

5時間前
B1、Aは鬼の住処
藤井五段がどこまで行くのか、そして藤井五段を倒すものが
現れるのが楽しみでしょうがない。

5時間前
10代でタイトル取った人は既にいるから、
もし取れても、あまり驚きは無いなぁ。

5時間前
中学生かタイトルを取ったら凄いことよ

5時間前
中学生でのタイトル獲得はスケジュール的にもう不可能です

4時間前
whiさん、漫画でもそういうキャラが強いんですよ

4時間前
羽生さんも晩年の巨星、大山時代と触れ
魔王のように強い中原、米長、加藤らを乗り越え
谷川時代も超えてきた…
本気の引き出しを全開にした羽生さんと勝負できる幸せ…
歴史を紡いでください

3時間前
え?中学生でそんなに勝てるもんなの?
もしかして羽生って大したことないのか

3時間前
羽生2冠ちゃうよ

1時間前
史上初の高校生タイトルホルダーになりそう

6時間前
将棋じゃなくても、15歳で13時間集中すること自体、凄すぎる。
普通の子供は、絶対無理。すごい、神童だ。

8時間前
>普通の子供
俺でも無理^_^;

8時間前
大人でも普通の人は無理。

8時間前
13時間集中しっぱなしではないけどね

7時間前
それも週に3度も。本当に棋士の方みんなすごいです。

7時間前
15歳って、21時以降働いて良いんでしたっけ?

7時間前
棋士は雇用契約じゃないですから可能ですね。

4時間前
代わりになる人がいない場合は15歳未満でも特例として
21時以降も働いていいとそんな規定があったはず。
朝の10時から対局を開始して千日手を挟んで翌朝まで
対局が続いたとかもあるんで、
通常の労基では判断していないみたいです。
コメント打ちながら調べたら、棋士は労働者ではなく、
個人事業主扱いなので労働基準法には当てはまらないみたいですね。

1時間前
子供の好きなことに対する集中力って凄いけどなぁ…
大人のほうが雑念とか損得考え始めたりしてすぐ飽きるしな。

1時間前
レス見てて、雇用形態の勉強になりました。

5時間前
初めの29連勝は運が良かっただけかな、
と思っていましたけど生活のかかった順位戦で
非常に厳しいC-2組を一期ぬけってこれは並の強さではないと思います。
これから先が楽しみですね。

8時間前
一期抜けはすごいけど、
最近の面子を見ると単純に強さだけでもないのかなと。
藤井くんが強いのは疑いないけどね。

8時間前
難しいですよね
努力だけでは無理
才能と運も必要かな?!

8時間前
15歳当時の羽生を超えていることは確か

5時間前
競馬や競艇じゃないんだから、運だけで勝てないよ!

5時間前
藤井五段を倒すこと。それが「りゅうおうのおしごと」です。

4時間前
>努力だけでは無理
いまさらなにを

才能あるひとが 何気にやっていることをみて
それを凡人は 努力してる と表現するのでは
ただ
当人は やらずにおれないだけ
そういうレベルの話 なのでは


もちろん そういうレベルの才能 ということでもあるけど
だから 凡人の目で云う云い方だと
特異的な才能に加えて 努力の才能も含めての「才能」
13時間もなんてことない
ワクワク楽し・・んでしょうな?
生みの苦しみが楽しく快感になってくる
脳みそサディスティック

6時間前
凄過ぎる。浮かれて無い所が…15歳だとね。応援しています。

5時間前
プロ棋士は基本的に勝って浮かれているところを出すことはないです。

1時間前
↑例外はA級になった時のハッシー。

11時間前
プロの解説とかみたけど、凄すぎるわ。会心の勝利。

4時間前
解説も予想してなかった手を長考の末に打って勝負を決めたシーンが
凄かった。
森内永世名人も予想してなかったっぽいってのがまた。

5時間前
このままだと来期は師弟揃ってC1になるのかな。
直接対決は規定上ないらしいけど、
杉本七段のプレッシャーすごそうだw

 

5時間前
すごいね!羽生竜王に勝つのは難しいかもしれないが、
今の勢いならもしかしたら、と期待してしまう。

4時間前
↑朝から笑わせてくれてありがとう。笑。

5時間前
わかっちゃいるけど
四段時代が終わってしまったのは寂しい。
将来の王者の黎明期をリアルタイムで見られるだけでも感謝。



5時間前
その感じ、わかる。
藤井五段のお母さんの談話で、
奨励会に通う息子を小学生の時までは新幹線でお母さんが同行していたが、中学生になる春からは息子一人で行かせることになった。
こんなに早く巣だってしまうのかと、
新幹線に乗る我が子を見送りながら寂しい気持ちになった、
というのを読んだことがあります。
10代で何段まで行くんだろう。

4時間前
それはまだ判らないよ。
30年前に「さぁ谷川時代だ!」って空気だった所へ
直ぐ下の世代から谷川さんに匹敵するのが数人、
遥かに上回る化け物が1人現れてあっという間に
棋界を席巻してしまった例もあるからね。

3分前
確かに。ただ谷川は、小学生名人の羽生の存在を知っていたから、
いずれ凄いのが来ることは覚悟していただろうね。辛いね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。