鈴木砂羽||ブチ切れ報道を否定 ||オトナ女子撮影現場で何が

鈴木砂羽 ドラマ撮影現場で起きた4つのブチ切れ事件

『こんな衣装着てられない』『うるさい!この野郎…』と題した
“独占キャッチ”とする記事が掲載されているもの

鈴木B

それは出演中の連続ドラマ
「オトナ女子」(フジテレビ系)の撮影現場で
「鈴木が何度も激怒する場面があり
スタッフに動揺が広がっている」という内容だ
そして大きく4つの事件があったと具体例を挙げ
「ブチ切れ」「イスを蹴り上げ」「怒鳴りつけた」
「ひっぱたくよこの野郎」など
穏やかではない言葉が並んでいる

にわかには信じがたい彼女の振る舞いだが
なぜこんなことになってしまったのか
プロとして感情をコントロール出来ると思うのだが
鈴木が苛立ちを募らせる原因が
ドラマ自体にあったとしたら、どうだろうか

スポンサーリンク

「ドラマの中では、篠原さんと吉瀬さんは
“未婚のアラフォー女性”という設定ですが
実生活ではふたりとも夫と子どもがあります
妻であり、母親であり、幸せな家庭生活を送っているが
自分は、つい数か月前に離婚してしまった
共演する『オトナ女子』たちの幸せを目の当たりにしたら
隠したくても隠せない“嫉妬心”のようなものが
出てきてしまっても不思議ではない様に思う

鈴木A

女優・鈴木砂羽が

「週刊女性」(12月」1日号)の報道について
11月17日の自身のインスタグラムで
「マジ、ない!」と笑い飛ばした

「やー!うるさい!この餃子野郎!であります
週刊誌さまが何やらまたワタクシのことを書いて下さいました
こりゃー、一言で言うと『マジ、ない!』ですね」と否定
「これは誰得なんでしょうかね(笑)とりあえずよくわからんけど
あざーす!」と笑い飛ばしている

また「夏以来、なんやかやとワタクシ事があって
皆さまいろいろ書いて下さってますが
ワタシは元気です」と明かし
「そのうちね、時間ある時ブログなどで
心境など書けたら書いてみますねぇ~」とつづってはいるが

鈴木の心の中は

離婚前、旦那吉川純広に仕事が入るようにと
自分の事務所に彼を所属させることまでした
しかし、鈴木の思いは届かない
1度狂ってしまった歯車はなかなか元には戻らず
今年の8月15日ついに離婚を発表
約4年の結婚生活に終止符を打った
そんな傷心のタイミングで『オトナ女子』の撮影が始まった

今年の春から放送されていた朝ドラ『まれ』のときは
同年代の女優さんもあまりおらず、舞台も能登という田舎町の設定
本人の中でもあまり“オンナとしての意識”はなかったのかもしれない

今回はバツイチで3人の息子の母親というリアルな設定で
篠原さんや吉瀬さんなど同年代の女優さんが周りにいて
自分は年下の男性と恋に落ちる役柄

ロケ場所も都内がメーンですから
自然とオンナを意識してもおかしくない
離婚してひとりになったことで
“仕事に生きる”という思いが彼女の中でより一層強くなったことも
感情を抑えきれなくなったひとつかもしれない

こうした鈴木の対応に、ファンからは
「週刊誌にない事までも書かれる事が人気がある証拠です!応援してます」
「これだけの見出しつけられるのはそれだけ売り上げに影響があるのでしょう」
「これだけ大きな文字でお名前が出るってことは
それだけ砂羽さんの名前で世間の気をひけるということですよね」
などの声が上がっている

ファンの声をエネルギーに、傷心を乗り越えてほしいものだ

「1年かけて話し合った末の決断」

2009年に舞台の共演で知り合い
約2年の交際を経てゴールインした鈴木砂羽、吉川純広が
離婚したことを発表

女優の鈴木砂羽(42歳)が8月15日
俳優の吉川純広(32歳)と離婚したと、所属事務所がファクスで発表した
2人の所属事務所によると同日、関係者が東京都内の区役所に離婚届を提出
約4年間の夫婦生活にピリオドを打った

鈴木の公式サイトのスタッフブログでも
「私たちは夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り
今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました」などと報告した

将来に対する展望」の食い違いから、今年4月に別居
距離を取り真摯に向き合ったが、関係修復に至らず
2011年10月のゴールインから約4年の結婚生活にピリオドを打った

鈴木はこの日、吉川と連名で公式サイトのブログで離婚を報告し
理由について「いつも突き当たるのは将来に対する展望の違い」と説明した

「1年かけて話し合った末の決断」と綴り、冷静になるため
今年4月から引っ越しを機に別居したことも告白
真摯に向き合いながら話し合いを続けてきたが「夫婦として時間を進めていくよりも
個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論」に至った
2人に子供はなく、所属事務所によると、慰謝料などは発生しないという

以下は両者によるコメント全文

この度、私、鈴木砂羽と吉川純広は8月15日を持ちまして
離婚することとなりました
私たちは今年の4月、前の住居から引っ越しを機に
住まいを別々に構えました 
私たちは交際当初、結婚してからも、二人で話す時間を大事にしていました
特に互いの未来に関してはよく話し合ってきたように思います

しかしながらその度にいつも突き当たるのは将来に対する展望の違いでした
長い時間をかけて話してきましたが、いつも行き詰まるのはそこでした
私たちは現状を打破していきたい一心で
あるいは冷静になるために、ある決意をしました
それが前述の通り「別居」でした
私たち夫婦が1年かけて話し合った末の決断でした
そうして具体的に距離をとり
居を別々に構えても互いに考え合ったことを持ち寄り
そこでも逸らすことなく真摯に向き合いました

そうして私たちは夫婦として時間を進めていくよりも
個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに
邁進するという結論に至りました

これまで、私たち夫婦を支えてくださった家族
友人、そしてファンの皆さまには残念な
報告をしてしまうことをお許しください
関係者各位さま、スタッフの皆さまには今回の件でご
迷惑をお掛けしてしまったことを心からお詫び申し上げます

私たちは一緒に過ごした時間の中で
たくさんの喜びも悲しみも共有できたこと忘れません
出会い、共に一緒にいられたこと、全て感謝しています

再び別々の船を漕ぎ出す私たちですが
互いに精一杯努力し
前向きにこれからの人生を歩んでいきますので
どうか変わらぬ応援よろしくお願いいたします

鈴木砂羽 吉川純広

吉川の不倫疑惑

6月に吉川の不倫疑惑が報じられた際に鈴木は
「根も葉もない根拠もないでっち上げにこっちがびっくりです
こんな嘘っぱち書くのって一体なにゆえに?」と激怒
今回、改めて所属事務所は「そのような事実は断じてなかった」と否定した

鈴木が結婚したのは2011年10月
お相手は10才年下の劇団員・吉川純広だった

「舞台共演がきっかけで出会ったんですが
砂羽さんは彼よりうんとキャリアが上でしたし
彼女にとって彼は新人劇団員のひとりにすぎなかったそうです
でもつきあっているうちに“私が彼を育てる!”と盛り上がって
彼が婿入りする形でゴールインしたんですよ」

(舞台関係者)

鈴木が出演しているNHKの連続テレビ小説『まれ』の
撮影が一段落したこの春
夫妻はそれまで住んでいたマンションから新居へ引っ越した
5月にはふたりで宮古島へ行って、魔除けになるからと
現地の雑貨店でシーサーを購入して帰ってきた

「その直後だったそうです…
ふたりは離婚を視野に別居生活を始めたようなんですよ」

(芸能関係者)

けんかも絶えなかったというこの夫婦
原因はたいていが仕事についてだったという

いつまでたっても仕事に本腰をいれるように見えない
吉川さんに苛立つことが多かったようです

どういうつもりでこのセリフ言ってるの?

私はきみが足元にも及ばない経験を持っているんだよなんて

よく吉川さんを叱ってました
砂羽さんは、吉川さんのことが心配だったんだと思います

彼ののんびりした穏やかな性格は長所でもあるんですが
仕事がなくても焦らないし、危機感がない
がむしゃらに女優の世界で生きてきた彼女にしてみれば
考えられなかったんでしょう
でも砂羽さんは面倒見がいいですから
自分の所属事務所に頭を下げて
仕事がちゃんと入ってくるように彼を同じ
事務所に所属させたんですよ

(前出・芸能関係者)

そんな鈴木の思いは届くことなく
思いっ切り裏切られた

去年の秋くらいから
吉川さんは少し前の朝ドラに出演して注目された
アラサー女優と不倫を始めた
その女性も、結婚したばかりでしたからW不倫
でも砂羽さんは、男の浮気も女の浮気も容認派ですから
そのことについてはちっとも怒ってなかった
ただ、仕事も稼ぎもないのに、努力することもなく
無責任に浮気をして、おまけに自分にすぐに
バレてしまった彼の脇の甘さに
ほとほとあきれ果ててしまったようである

新居へ引っ越したり、旅行にいくなかで
一度はやり直そうと思ったそうですが
やっぱりムリだったようで、別居を始めたそうです

現在吉川は、都内の細い路地裏にあるマンションの1室で暮らしている
12」畳のワンルームでもともと夫妻が
衣装部屋として借りていた部屋だという

7月から始まる舞台の稽古が佳境に入り忙しい日々を送る吉川
週末の夜は、1週間分と思える食材や飲料水のはいった大きな
スーパーの袋を両手に提げ明かりのない部屋へ帰っているという

(女性セブン2015年7月9・16日号)

山田真歩(やまだ まほ)
生年月日       ☆1981年9月29日
職  業       ☆女優
2014年      ☆一般男性と結婚
主な代表出演作品   ☆「花子とアン」

劇団東京乾電池の研究生、出版社勤務を経て
2009年、    「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」で映画デビュー

吉川純広との浮気が発覚したのが、2014年の秋ぐらいと言われているが
この件は、女性セブンでも取り上げられた記事で
吉川純広と山田真歩とのW不倫だった
ただ、気になるところだが、なぜ今までに大きな報道に
ならなかったのか

単純に、どとらも知名度が低かったせいだろうか
吉川純広に関しては、全くと言っていいほど認知されて
いないようですし、山田真歩に関しても、朝ドラに出演したこと
くらいで、他にはあまり目立った活躍が無かったようで
今回女性セブンで報じられた事によって、多少認知された
ということくらいである

この浮気相手が山田真歩ということ以前に、この話題が
大きく取り上げられたのは、間違いなく鈴木砂羽の取った
行動から大きく動いたように思われる

この女優の山田果歩と吉川純広との浮気が発覚したことを
期に鈴木砂羽は別居に踏み切っている
この事から話題性が高まったとおもわれる

もともと、鈴木砂羽自身は、浮気相手について
山田真歩に限らず、他の女優であっても浮気を
容認しているところがあったという
ただ、今回、別居に踏み切ったのには

鈴木砂羽が放った言葉の真意

「大切なのは、どう見えたかじゃなく、本当はどうか、なのよ」
この言葉の真意吉川純広は気づかなかった為
離婚は免れないものになってしまった

「大切なのは」
この言葉に込められた意味と言うのが、つくづく鈴木砂羽の
人の良さ、面倒見の良さを感じさせている内容と思いが
込められている言葉である

吉川純広 浮気相手 危機感

旦那である吉川純広と鈴木砂羽の2人はケンカが
絶えなかったと言われているんです

その原因は仕事についてで
吉川純広の性格と言うのが、かなりマイペースな感じだったようで
いつまでも仕事に本腰をいれない状態が続いていたと言われている

一言でいえば、危機感がないということなんでしょうけど

世間ではこの浮気相手との不倫騒動から
現実の吉川純広の認知のなさ、仕事のなさについて
完全に「ひも」扱いになっている

仕事がなくても焦らない・・・・危機感がない
吉川純広ののんびりとした性格が余計にこの危機感を
鈍らせる原因になっていたんです
鈴木砂羽に面倒を見てもらえる
そう取られても仕方がない状態

ただ逆を言えば、こういったことを知った上で結婚へと
繋いで行った鈴木砂羽
おそらく、旦那のこういった性格はや人間性には気づいて
いたのではないかと思われる

鈴木砂羽自身が、旦那を教育するといった形に
なることは、おのずとわかっていたような気もする

そして鈴木砂羽の面倒見の良さがかえって、旦那の吉川純広を
ダメにしていく・・・・・・
そんな見方もあったかもしれない

ただ、どう考えても、浮気相手の山田真歩との不倫は
決して許されるものではない
仕事もなく、その結果稼ぎもなく、そんな状態である以上に

浮気相手とのW不倫
しかもすぐばれるような脇の甘さ
鈴木砂羽自身が呆れてしまうのも、わかるような気もする

目撃者が暴露した、離婚女優・鈴木砂羽のヤバ~い
「酒癖」が素晴らしすぎる

女優の鈴木砂羽が俳優吉川純広と離婚した

2009年に鈴木の主演舞台「cover」で共演.、11年に結婚
鈴木は子作り願望があったようだが、2人の将来への展望が合致せず
今春から別居していたという

2人は連名で「夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り
今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました」と
コメントしていた

そんな鈴木に対し、キャバクラ業界から
「砂羽ねえさんは結婚生活なんて合っていない
離婚して正解」と妙なエールが送られているという

週刊誌などで「居酒屋8軒はしご」などと書かれたりして
酒豪ランキング上位の鈴木だが
その楽しい飲みの真骨頂はキャバクラで発揮されるのだという
ある六本木キャバ嬢は「砂羽さんはキャバクラが大好きで
ドラマ関係者や舞台関係者の男性スタッフたちが行くとなれば
いつだって『私も連れてけ』ですよ
有名人なのに変装もせず
堂々とキャバクラで焼酎の水割りをガバガバ飲みまくる
声が大きいので、周りのお客さんにもバレバレです」と明かす
しかも、キャバ嬢に対し、ものすごく気を遣うため
嬢からは人気が高いとも

「女の子が隣に座ると、あいさつする前に『飲みたい物は何?』と
キャバ嬢からの“おねだりドリンク”前に自ら注文
気が回らない男性スタッフたちには『何やってんの
隣の子がつまらなさそうじゃない』と説教
砂羽さんがいると自然と場が盛り上がりますね
ホステスという若い同性に嫌悪感や引け目を感じる女性の飲み方じゃなく
ダンディーな紳士の飲み方ですよ」

紳士な鈴木だが、欠点は酔っ払うと
エロオヤジ化してしまうことだという

別のキャバ嬢は

鈴木C

「酔い出すと
『私の隣には巨乳をつけて』と注文をつけ
隣に巨乳の子がつくとずっと触ってます
『やっぱり巨乳はいいわ』とうれしそうにバカ笑い
でも触ってるのが女性である以上
誰も文句は言いません(笑)」

と語る

裏表がなくて飾らなくてガサツ男みたいな鈴木
いやオッサン、オヤジと言ってもいいだろうか

鈴木F

本人も酒癖の悪さを自覚しているようだが
酔うと女に触り、一緒に飲んでる男のスタッフたちには
『男ならもっとシャッキリしなさい』
『男ならもっとデカい夢を持ちなさい』などと説教
その説教が長いこと長いこと
もし毎日、あれをやられたら
離婚原因になってもおかしくないです」と
六本木のキャバクラ黒服は指摘する

酒を飲んで説教…異性の飲み友達としては
楽しいかもしれないが、夫としてはつらかったと思う

鈴木砂羽 篠原涼子との「酔いどれ女の会」を公開

女優の鈴木砂羽(43)が、同じく女優の篠原涼子(42)との
ツーショットをインスタグラムで公開している
鈴木は
「ある日の涼子ちゃんとワタシ夜更けの酔いどれ女の会
女の飲み会も秋が深まるごとくふかーくなるようで。。。」と綴り
ほろ酔い風の仲良しショットを掲載している

これを受けて読者からは「本当にお二方キレイ
憧れのオトナ女子です」「すげー豪華な二人」
「お姉様方、本気でカッチョ良すぎます!!」などの声が届いている

鈴木と篠原は現在放送中の連続ドラマ『オトナ女子』(フジ系)で
親友役として共演中

鈴木はNHKBSプレミアムで12月13日に放送されるドラマ
『ずっと一緒だよ ~声優・大山のぶ代物語~』での主演も決まっている
女優として評価は高いのだ

「今後、スタッフだけでなく共演の役者さんに対して
不機嫌な態度をとってしまわないかが心配です
もし撮影に支障をきたすようなことになれば目玉だった3人の
“女子会シーン”も見られなくなってしまうかもしれませんから」と
今の心境を語っている
出典:アメーバニュース/ブログ発

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本  名     ☆吉川 砂羽(旧姓:鈴木)
生年月日     ☆1972年9月20日
出 生 地     ☆静岡県浜松市中区
身  長     ☆164 cm
血 液 型     ☆A型
活動期間     ☆1992年 –
配 偶 者     ☆吉川純広(2011年 -2015年)
事 務 所     ☆ホリプロ
主な作品

映 画     ☆『愛の新世界』
テレビドラマ   ☆『相棒』シリーズ『ビターシュガー』

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。