例年以上に詰め込み放題な演出の|| 第67回NHK紅白歌合戦

 

 

 

 

 

『第67回NHK紅白歌合戦』
タモリとマツコ・デラックスが会場を
ぶらつくコントや
シン・ゴジラをJAPANが退治する寸劇など
例年以上に詰め込み放題な演出と
それをまとめきれない司会の
力不足が目立った今回の放送だった

 

 

SMAPの不在に寂しさを感じた人も
多かったと思われるが
もう一つ残念なことがあった

それは「有村架純『ふるさと』特別企画 あまちゃんの舞台・久慈・を訪ねて」と
題されたコーナーでのことで
このブロックではまず、有村架純が
『あまちゃん』の舞台である岩手県久慈市の
中学校を訪れ生徒たちと交流した

VTRが流された後、NHKホールで
紅白出演者が一堂に会し
嵐の楽曲「ふるさと」を合唱した
しかしそこには一つ大事なものが
完全に抜け落ちていた

VTRのなかで資料映像として
『あまちゃん』の映像も流されていたが
そこに能年玲奈(のん)の出演シーンは
1秒たりとも含まれていなかった

言うまでもなく・のん・は『あまちゃん』の
主演女優である
ドラマを紹介しながら主演女優がまったく
映らないというのはどう考えても不自然と思える

 

 

この裏にはバーニング傘下の
レプロエンタテインメント
或はバーニングプロダクシ直の圧力もしくは
番組側の自主規制が働いたのではと思える
疑いようがない事実である

今回、審査員席にはレプロ所属の
新垣結衣も座っていたし
年の瀬にまで理不尽な芸能界の力学を
見せられたようで嫌な気持ちになる
一幕であった

『あまちゃん』脚本家の宮藤官九郎氏は
「週刊文春」2016年7月7日掲載の
連載コラムでこんなことを書いていた

「そう言えばトーク番組で『あまちゃん』の
話題になり懐かしい映像が流れたのですが
映像使用の許諾が取れなかったのか
アキ(能年玲奈)が
ワンカットも映ってなかった

代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)が
ガッツリ映ってて笑った
あまちゃんは能年さんの主演作ですよ
念のため」と述べていた

前事務所との契約が終了し再び自由な
活動ができるはずだった
しかし、契約終了直前になって思わぬ
横やりを入れられる
「週刊文春」16年7月28日号の
記事によれば

契約が終了する間近の6月下旬
レプロから能年側に15年4月から
16年6月まで彼女が事務所側から要望の
面談に応じなかったため
仕事を提供できなかったとして
その期間分の契約延長を求める文書が
送付されてきたとされる

能年玲奈が「のん」に改名した本当の理由が判明
『本名なのに使用できず』

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

モデルであり女優でもある
能年玲奈(23歳)が突如として
「のん」に改名し物議をかもした

「のん」の芸名も可愛いが
ほとんどのファンは彼女を「能年玲奈」として
認識しており、「のん」に改名したことで
戸惑いを隠せなかった

その改名に戸惑っている実情

そもそも能年玲奈は天然キャラなので
「気分で芸名を変えたのかな?」と
思われていたが
ファンと同様彼女もその改名に戸惑っている
実情が判明した
以下は、この情報に詳しい芸能関係者の
声である

「能年玲奈が「のん」に改名したのは
所属していた芸能事務所からの
警告書が理由です
週刊文春(2016年7月21日発売)で
詳しく報じられているが
事務所から

「能年玲奈を名乗って仕事をするときは
契約満了後もウチの許可を取れ」という
内容の警告書が届いたそうです
そもそも能年玲奈は本名なんですけどね」と
芸能関係者の声

本当に女優の事を考えるのであれば
女優がやりやすいよう
むしろバックアップをして旅立たせてやるのが
道徳的な行為というもので

ここまで執拗な事務所の
「攻め」ともとれる行為は
そこに悪意すら感じてしまう

「新垣結衣も辞めたがってる」
能年玲奈、独立・洗脳騒動にささやかれる
レプロの悪評

能年玲奈の“独立&洗脳騒動”が
芸能界に衝撃を走らせているが
各芸能関係者は
所属事務所・レプロエンタテインメントに対して
「自業自得」とささやき合っているという

レプロは長谷川京子、新垣結衣ら
人気女優を擁する中堅プロダクションだが
業界の声を集めてみると知られざる実態が
明らかになってきた

各報道によると
能年はレプロに無断で個人事務所を設立して
恩師とされる女性とともに同居生活を
送っていたと報道していたが

「週刊文春」(文藝春秋)では
能年がレプロ社長・本間憲氏から
冷遇されており、NHK連続テレビ小説
『あまちゃん』出演時に
毎月たったの5万円しかギャラが支払われず
下着を買う現金すら持ち合わせていなかったという
衝撃的な内容が報じられている

「レプロの高圧的なメディア対応は
度々話題になっており
インタビューなど友好的な取材の現場にも
上下黒スーツのコワモテな事務所関係者が
立ち会うなど、非常にやりづらいことで
知られています

マネジャーやタレント本人でさえ
コワモテ男性の言うがままという状態に
なってしまい、取材がまったく成り立たないということもしばしばなんだそう」
(出版関係者)

また、所属タレントを取材するメディアの
“選定”にも、異常なほどの神経質ぶりを
発揮するという

一時期は全てのウェブ媒体に対して
取材NGを徹底しスポンサーサイドの
意向さえ反故にしたことさえあったようだ
過去には、川島海荷が出演した映画作品の
PRイベントに際して
配給会社を困惑させたことも

「事前に配給会社から取材の案内が来たにもかかわらず、直前になって
『レプロ側からNGが出てしまった』と
各ウェブ媒体に通達されたことがありました
当然配給としては

イベント内容を広く宣伝したいという意向が
あったため、関係者は
『今後のキャスティングは、所属事務所の
方針から検討しなければならない』と
こぼしていたほどです
そんなこともあってか
レプロをあり得ない事務所と見ている
業界関係者は少なくありません」
(芸能ライター)

こうした厳しい規制は
メディアに対してだけではない
レプロの意向によって“干された”といわれる
能年も同様だが
同プロの稼ぎ頭である新垣もまた
現在精神的に追い詰められた状態に
陥っているのではとされる

「近頃周囲に
『女優としてもうやりたくない』
『事務所は辞められないのかな』と
相談しているそうです

元々新垣は
精神的に脆い一面があるようですが
事務所がそのフォローがまったくできていない
ためと見られています
能年と同じく、内心ではレプロに対する
不満を抱えているのかもしれませんね」
(芸能プロ関係者)
芸能人の独立トラブルといえば
芸能人に対して批判が集中するのが多くの
パターンだが、今回に限っては
所属事務所がやり玉に挙がっている
その背景には、こうしたさまざまな
“前科”が影響しているのかもしれない

能年は『あまちゃん』の撮影中から
レプロのスタッフに十分なサポートを受けられず大ブレイク後もほとんど仕事らしい仕事を
与えられず、干しあげていた

そんな能年がレプロのマネジメントに
不信感をもち、独立を願い出ると
ブレイク前から指導を受けてきた
滝沢充子氏に「洗脳」されているとして
独立を却下した

しかも、レプロは能年の仕事をすべて剥奪
飼い殺し状態に追い込んだだけでなく
週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を
流し、能年バッシングの流れをつくりあげた

だが、そんなリークに乗らなかったのが
「週刊文春」(文藝春秋)だ
「文春」は能年サイドに立ち
『あまちゃん』出演時のギャラは
たった5万円だったことなど

そのひどい待遇を報じたのだが
これに対してレプロはなんと
1億1000万円という高額訴訟を起こした
こうやってマスコミは黙らせてしまった

署名運動も!のん、映画の大ヒットで
「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

今夏、レプロとの契約終了をもって改名し
再出発した能年ですが
露出を増やせずにいます
『この世界の片隅に』では声優デビューを
果たすも、傑作と呼び声高い同作でも
テレビではほとんどプロモーションされてない

この状況については
『レプロが各局に圧力を掛けているのでは?』と
指摘する声も少なくありません」

そんななか、Twitterでは
映画評論家・町山智浩氏(54)の
12月3日付けのツイートが話題に
町山氏は
「『タブーなき』といわれるMXですが
大川プロデューサーが
『この世界の片隅に』の
のんこと能年玲奈を
番組に出そうとしたんですが旧事務所から
抗議があって断念しました」と暴露したのだ

MXへの“圧力”はあった?

MXと能年についてスポーツ紙記者が語る
『TOKYOMX』は確かに民放とは違い
攻めたキャスティングをすることも多い
そんなMXが圧力に“屈した”とあって
ネットを騒然とさせています

圧力の有無で言えば、少なくとも
“要請”という形でMXに能年の登場を
見送るよう申し入れがあったはず

それが芸能界の非情なルールです
同じ事務所で同じようにスタートを切った
新垣と能年ですが
ほぼ同時期にここまで対照的な話題で
盛り上がるとは誰もが予想しなかった」

新垣も能年も、デビュー時は
“上京組”でほかのタレントと事務所の寮で
共同生活を始めるところからスタートした
と言われる

「似たような道を歩んでいたはずなのに
いつの間にかこの現状に
事務所の方針に従って花を咲かせている
新垣と、自ら独立を決めた能年
どちらの選択が正しかったのでしょうか」
(前出・テレビ局関係者)

“のん”こと能年玲奈が主人公の声優を
務めるアニメ映画「この世界の片隅に」が
SNSなどの口コミから火が付き大ヒット
快進撃が止まらないという

「全国映画動員ランキングでも3週連続で
前週超え。今やトップ3を狙う勢いです
このヒットをきっかけに
『ユアタイム』(フジテレビ系)や
『あさイチ』(NHK)といったテレビ番組でも
取り上げられ
この勢いは当分止まりそうもありません」
(テレビ誌ライター)

「のんも『すごくてこずりました
現場でとことん向き合っていただきました』と
コメント。実際に現場でも
声の出し方から人物描写に至るまで
監督を質問攻めにしていたと聞いています
ほわほわしていて可愛らしく天然

だけど決めたらやり通す強さを持つ主人公の
存在が、のんのイメージと重なり合って
このヒットが生まれていると見る声もあります
この映画をきっかけに、のん自身も大きく
飛躍するのではないでしょうか」
(前出・テレビ誌ライター)

この人気に乗りのんの写真集
「のん、呉へ2泊3日の旅~
『この世界の片隅に』すずがいた場所~」が
発売される
のん自身も復活に向けて最高のスタートを
切ったといってもいいのではないか

そんななか
「能年玲奈」という芸名をもう一度
復活させようとするファンの動きが
ネットを中心に盛り上がっているという

「もともと『能年玲奈』は、彼女の本名
NHK朝ドラ『あまちゃん』の大ブレイクで
国民的女優にまで成長したのに
事務所との確執で封印されてしまいました
テレビなどメディアへの出演も難しい現状を
なんとかしたいというファンが、もう一度『能年玲奈』を名乗れるように署名運動に動き始めています」
(事務所関係者)

 

 

 

映画の大ヒット、写真集の発売、署名運動と
追い風に恵まれたのんだが本当に
能年玲奈」を再び名乗れる日がやってくるのだろうか
もしチャンスがやって来るとしたら
2019年に放送が決定しているNHKの大河ドラマ
脚本・宮藤官九郎
スタッフも『あまちゃん』チームで
復活の舞台としては申し分ない

「テーマは、オリンピック
翌年の東京オリンピックを控え
NHKも話題作りに乗ってくる可能性大ですよ」と
(放送作家)
NHKを巻き込んだ復活劇をぜひ見てみたいものだ

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。