不二越会長||富山人は極力採らない||発言の真意

 

 

「富山人はいらない」発言

 

出典:東洋経済

 

 

7月5日総合機械メーカーの不二越が
本社のある富山県内で行った決算説明会で
本間博夫会長は本社の移転にかかわる文脈で
「富山人はいらない」と発言

 

これに対して
「不二越は地元から採用をしないのか」
「出身地差別をするのか」と
富山県を中心に批判の声が上がった

「富山人はいらない」発言の真意とは

7月21日には
富山県が厚生労働省富山労働局宛に
「県内企業における人材確保について
公正・公平な採用に関して
懸念を生じさせかねない事案があったことなどから
公正・公平な採用が行われるよう
適切な対応をお願いしたい」と
異例の要請文を送る事態にまでに至った

失言の裏にある危機感

発言自体は、失言だといわれても仕方がないが
不二越が「富山の会社」から脱却しなければならないというさまざまな危機感があるとされる

同社は、昨年7月に大きな経営方針の転換を行った
それは、会社を
「ロボットを核にした総合機械メーカーにしていく」と
いうものだった



今後、技術革新が進み、
エンジンを動力とする自動車から
電気自動車に主役が交代することも取りざたされており

エンジンの生産が縮小すると
これに使われるベアリングの使用量も減り
事業の柱のひとつが支えを失うことになり
産業構造が大きく変わる前に
需要が旺盛な産業用ロボットに軸足を移し
経営資源をそこに投入して成長を目指すとしており

ロボット事業の強化はすでに進めており、まずは海外に
ロボット事業の拠点となるテクニカルセンターの
大量開設を発表しており
この1年で上海や広州、青島、バンコク、デトロイトなどに
7拠点を開設し、さらに年内には北米に2拠点の開設を
目指している

これまで、不二越は登記上の本店を富山県に置き
本社を富山と東京に置く2本社体制を敷いていたが
今年の8月に本社を東京に1本化
2018年2月開催予定の定時株主総会の
定款変更を経て
本店を富山から東京へと移すことになっており

これまで経営陣が東京と富山を往復する生活を
続けてきたが、東京に腰を据える事になり
ロボット開発部門や企画関連部署は東京本社に
移すとされている

これに伴い採用についても
「グローバルな展開や今後の経済・産業構造の変化に
対応するため、人材の多様化が不可欠」(会社側)という認識で、
東京や東京近郊にある大学や研究所と
ネットワークを構築し
優秀なロボット人材の確保を目指すとする

本社を東京に移し「富山の一企業ではない」ということを
社内外にアピールする狙いもある
現在、従業員の78%が富山県出身者で
過去5年間の新卒採用者のうち
富山県出身者が58%を占めているが
その状況を変え、富山以外からも多くの人材を
集めていきたいという思いもあるとされる

「ロボットを核にしたグローバル企業を目指すために
国内外で優秀で多様な人材を確保していく
そのために人材が集まる東京に拠点を移す
従業員に対して、世界に打って出るという意識改革を
進めていかなければならない」と言う熱い思いの
不二越の薄田賢二社長

生産拠点としては残るが

とはいっても、不二越のこの方針に対して
富山の人々の胸中は複雑であろう

「最近の学生は地元で就職したいという意識が
強くなっている」と
文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所
平野恵子主任研究員は語る

富山県に本社を置く企業の中では
北陸電力や建材大手・三協立山に次ぐ売上高を誇る
不二越は、地元に残りたい富山の学生にとって
理想の就職先のひとつに数えられる

しかし、不二越は海外に出向いてどんどん活躍してくれる
人材を求めており同社の採用ホームページには
グローバルや海外という言葉が多く使われている

1928年富山市に会社を設立して以降
っ富山経済と共に歩んできた「不二越」は町名や
鉄道の駅名にもなっており
心理的な喪失感もあるかもしれない

「富山で生まれ、富山で育った会社である」と
不二越の地元への思いは強いが
しかし海外展開を推し進め
今のほぼ倍となる売上高4000億円という成長戦略を
実現させるためには

不二越の最重要課題であるロボット技術に長け
海外でも通用する人材の確保で
採用強化の一環として
「本社・本店を東京に移す」決断を行ったのであり
「富山の一企業」からの脱却は避けて通れないのである

スポンサーリンク

 

 

 

6時間前
東京は地方出身者ばかりですよ。
2017/07/25 10:14
なんのかんので人や物や情報の集積地が
東京だとすれば
技術分野での発展を目指す企業とすれば
致し方がないことかも
人材だけでなく、会社間の繋がりを持つ意味でも東京は便利だし
2017/07/25 10:14
そもそも本社機能を東京にうつすなら、
不二越本社にはいりたい富山人は東京にいくわけで
「地元に閉じこもっている」タイプではないはずだよな?
それでも富山生まれの富山育ちであるなら
東京本社には入れないよ
(富山工場なら入れてやるけど)って言い方になってるのが、
闇が深いんだよな
この記事はそこに対して一切触れようとしてない

 

2017/07/25 10:15

地元で働けるなら地元がいい
長距離通勤やだ
でも、地元には仕事が無いのだ
2017/07/25 10:17
営業テリトリーを変える、本社を東京に移す、
グルーバル化を目指す、
ということと富山県人を採らないということは論理的に繋がらない。
「優秀な人材確保に努める、
そのためには起業地である富山だけでなく
日本全国・世界中から有能な新入職員を採用する」と言えばよい話。
やはり元の発言には富山に対する怨念が感じられる。
2017/07/25 10:18

東京に集めすぎてるけどね。この異常な日本は

2017/07/25 10:19
ちなみに東京にずっといる人ってマジで世間知らずが多い
2017/07/25 10:53
社長は「富山で生まれた人(こと)」を否定しているのではなく、
人生の岐路で
「富山にあるものしか選ばなかった人(こと)」を
閉鎖的と言ったまで。
ここまでグローバル化が進んだ同社の社員には、
もっとボーダレスな価値観や発想が求められており、
今時「県境」に過度なこだわりがあるような人材は必要ない。

2017/07/25 11:04

会長さんの真意は”富山”を採らない”東京”を採るではないと思う。
つまり、不二越はこれから世界のどこでも勤められる、
国際感覚の人材を採りたいという意味だ。
ある会社の6割は同じ田舎の出身者なら、
地元大手としか言えない、世界的な企業と言えないだろう。
2017/07/25 11:20
>「世界に進出する⇒富山人はいらない」繋がるのかな。笑
本文に
「最近の学生は、地元で就職したいという意識が強くなっている」
とあるように、地方の人材って大卒であっても
「地元で生活したい」という希望が強い人が多い。
特に地場にそういう企業があったりして子供の時からそれを見てると。
だからそういう人材って例えば海外駐在一つとっても
抵抗しめしたりするし別地域への転勤なんてもってのほか。
対外的にオープンでない「島国根性」があったりとかするわけ。
経済的な問題も結構あるわけだけどね。
だから、そんなことでウジウジやってると会社として
スピーディーな展開はできるわけがない。
だから、今回の発言の真意は
「富山出身だろうが沖縄出身だろうが何でもいいけど、
(富山にしがみついていたいというような)「富山人」はいらない」
という意味で、それを「出身地差別が-」とか言うのはどうかと思う。
2017/07/25 11:26
なんら問題なし
4時間前
私は富山県人だけど、
富山に「バンバン県外・海外行きたい!」みたいな人は全然居ないし、
地方出身者が多くても東京で働いている人の方がどこにでも行ける
柔軟さもあると思うので会社の躍進のために
富山にこだわらないでやっていくのはいいことだと思う。
 
2017/07/25 10:05
生まれは富山じゃないけど学生時代は富山在住でした。
就職活動を富山県内で随分行いましたが
かなりの企業では出身が富山ではないことを指摘され
それを理由に「他企業への就職活動を行ってください」と言われました。
終わった後、同じ境遇の学生と話をしたら
同様の事を言われたとのことでした。
やはり、富山出身の人を優先しているのは明らかで、
他県からの人間には生活しやすい反面、
就職はしにくかったです。
当時は富山を根城にしてもいいと思っていたので本当にがっかりでした。
公務員はもちろんですが、・・・当時、
駅裏にビルのあった○陸○○ははっきりと言われ、
その衝撃は今でも忘れません。
その観点から不二越会長の言いたいことは少し理解できます。
残念ながら表現は頂けませんが。
結局自分は東京本社にある別の会社に内定しました。
今ではそれに満足していますが。

2017/07/25 10:08

富山から出て行きたくない人が多いと言うことは、
富山は良いところなんですね。
2017/07/25 10:17
「富山人はいらない」は、
やってしまいましたなぁと正直思った。
恐らく会長は経営陣に向けたメッセージか苦言だったはずが、
こんな大事になってしまったのだから。
あと富山は閉鎖的な地域ではあまりありませんよ。
毎年5000人ほどが県外に流出し、流入は殆どありません。
上の方も書かれていますが、富山の女性は人気があるようで、
特に福井県は嫁不足の為、県が組織的に富山県の女性を呼び込んでいます。
どうやら大学を、福井県内に来させてそのまま就職させれば
住み着いてくれるだろうという魂胆でかなり力を入れています。
話がズレましたが、メルヘン小矢部は良い所です。
2017/07/25 10:18
>「うちは富山人以外も平等に扱いますよ」なんて
>甘い言い方では今の学生は信用しないでしょうからね。
何が甘いのか理解に苦しみます。
単に応募比である可能性も考えられますから、
住居地域にかかわらず平等に判断を下している
ただそれだけで良かったはずです。
疑う事も信用する事も大切です。
ここでもですが、
今は疑うことばかり教わっているために
直ぐに規制規制と騒いだり
何でも抑制方向へ世の中が動いているように感じます。
これでは世の中が暗くなるだけです。
今回の発言も直ぐに反感的態度で指摘せず、
意味を素直に問いただせば問題は起きなかったはずです。
心に余裕がない人が多いのだと感じます。
 
2017/07/25 10:20
アホヒトリさん
>富山に張り付いてる理由がなくなったというだけの事。
↑私もその文脈で書いたつもりですが(´ω`)極論、
利益を最大化できるところならどこでもいいです。
私の論点は、グローバル人材が採れない育たないことと
富山県民であることは因果関係が限りなく薄い、ということです。
他に重要な要素は多々ある、と言いたいだけです。
2017/07/25 10:33
偏見じゃないよ。
会長は「富山に居座る富山県人」が要らないっていってるだけ。
富山出身者全員が、地元思考が強いとか
外に出たがらないなんて思ってないでしょ。
2017/07/25 10:36
会長の発言とは別に、
地方拠点の会社が首都など外へ機能移転しようとするのは
政治的側面も関係していると思う。
結局税金を納めても地方分権が進まない、発展できない。
ゆえに生産性が向上できない。
国と地方、双方の政治家の努力が足りないのが
遠因になっているのもあると思う。
2017/07/25 11:49
田舎で出来る人間を探すのはダイヤモンドを探すようなもの。
そんな出来る人なら田舎で我慢出来ないと思う。
田舎は墓と祭りと消防が仕事より大事。
2017/07/25 11:53
以前、富山県ではないが
山形の某・有名寺の職員募集を知って問い合わせをしたら
「九州の人間は雇えない」
と言われて不採用となった。
ちなみに自分は地元にUターン就職しようとしていたわけだが。
北信越日本海側の
閉鎖的・排他的な地域性を垣間見た気がしたが、
実際のところ、地元の人間、
それもコネのある人間を採用するというのは、
寺や役所に限らず、民間企業でも公然と行われているわけだ。
したがって
・特定の地域(出身、家柄等)の人間を採用することがまかり通るならば
・特定の地域の人間を採用しないことも認められて当然である。
2017/07/25 11:53
>>地元民が判断すること。
富山県民で採用の50%を締めていたことを見れば、
地元民(富山県民)以外が採用において排泄されてきたのは
誰が見ても明らかであり、その指摘は筋が通らない。
2017/07/25 12:17
地元の会社の内情は地元がよく知っていると思います。
まずは名指しされた富山県民の意見は傾聴に値すると思うが?
2017/07/25 10:27
富山は閉鎖的な地域と印象は無いです。
長くその地域で務めていれば、生活は出来上がってしまいますから、
引っ越しは出来れば避けたいのは、どの地域に住んでても同じだと思います。
ただ昔(60代~)はそういう田舎だった事は確かで、
東京の大学出たとかそういう人はモテモテだったみたいです。
でも今は違います。
ソースは俺。埼玉出身ですが富山に来て全くモテなくなりました。
2017/07/25 10:31
世界に打って出ないといけないって時に日本はおろか
地元からも出たくないなんて人材はお呼びでないのは当然だよね
2017/07/25 10:32
話の筋は通っているじゃん。
会社の舵取りをしていく人材は、
地元にこだわらない見聞きした情報量が多い人材が欲しい。
その方が思考が柔軟そうだから。
だからそこには金をかけてでも全国から人を集めたい(ただし富山人以外)。
ブルーカラーは、頭を使う必要は無い。住居手当も、
単価も安い地元民を使えばいい。
気持ちいい話ではないけど、
デトロイトなんかアメリカでも良く見る構図だろうし、
ビジネス的にも誰もが考えそうなことではある。
2017/07/25 11:26
会長の発言、的を得てますな。
村根性が強く外様の意見を受け入れず、
変わった事をすれば町内で噂話のターゲットにされ村八分。
by富山生まれ、富山育ち
2017/07/25 11:42
数年前に、富山県の入善町という町の
公務員試験を受けましたが
一次試験は通過したものの
二次試験の面接で
「町出身でも親族もいない者は採用できない」
と言われて不採用となりました。
このように出身や家柄を理由に採用不採用を決めることは
公然と富山の行政機関でも行われています。
逆に富山県出身者が出身地や居住地を理由に採用に際し
不利益を被っても文句を言える筋合いはないでしょう。

4時間前
今、首都圏以外に本社のある上場企業は、
トヨタを除いてどんどん東京に本社を移転しています。
関西でも、パナソニック、武田薬品等で移転計画が起こってます。
この不二越の社長さんの「本社機能を東京に移転し、
かつ海外に市場を求めるため、富山県以外で、
また海外で働ける人を求める」という趣旨のことを
言いたかったのでしょうが、「言葉の選択」を誤りましたね。
いずれにしても、
これからは(現在もそうですが)「地元以外で働くのはイヤ」という
地方の学生にとっては厳しい時代となるでしょうね。
2017/07/25 09:59
この記事読んでると、
別に東京でてグローバル化と言う単純な話でもなく、
ロボテクスに軸足置こうと思って、
そのための人材確保には東京に行かないと埒があかない、って話では?
実際、トヨタですら最近のトレンドに関するエンジニアの確保には
四苦八苦してるみたいだし。
トヨタの社員ですら、
東京のオフィスに人出すとそのまま帰ってこない人もそこそこあるらしいしね。
2017/07/25 10:12
>なんでもかんでも東京にしなくっていいよ。
北陸/長野新幹線もできたし 東京へ本社を移す必要はない。
長野県ですら「少子高齢化」「過疎化」に困っているのだから
長野県こそ「良い環境」の下で仕事もできる。
(東京の大学に行って東京の企業に就職したがる新卒連中の考えは不可解)
どうせなら地元企業は、
地元或いは都会上がりの40代中高年の失業者を積極的に採用すればよい。
「満員電車地獄」の東京と違って
「自動車通勤」も出来て最高に面白い人生が送れる。
「経験豊富」で「人間味のある」40代の中高年を積極採用すれば
東京の企業なんぞに負けない魅力ある会社が出来ると思う。
東京は「遊びに行く所」であって「生活する所」にあらず!
家もクルマも持てない東京に「住む価値」は無し!
2017/07/25 10:41
トヨタは市名まで変えちゃったから逃げられないんだろ
不二越市にでもすればよかったのにね

7分前
同じ富山の企業でもYKKは本社機能を富山に移転しましたね。

3時間前
確かに不二越は、駅もあるし工業高校もあるし、
富山は何でも不二越頼みで、
富山の人は卒業後は不二越に入れば安泰、
みたいなとこはあるだろうね。
漫然と給料貰うだけの人が集まっても会社は成長しない。
しかし、発言は時と場所を選ばないと誤解を生む。
トップがそんな認識ではグローバル企業にはなれないよ。



3時間前
言いたいことはわかったけど、
こんなことも誤解なく伝えられないようではグローバル化は難しいかな。
3時間前
同感です。
トップの「発言」は最大のプロパガンダなんだから
直球の本音ポロリはアウト。
株価下がるからね。
マスコミ向きの発言を知らないトップは
海外進出できないと思うな。
3時間前
生まれも育ちも東京の学生が、
入社~定年まで富山の工場勤務なんて耐えられるの?
北陸の学生採ってればいいんじゃないの。
4時間前
富山人は採らないという言葉に対するフォローが全くないんだね。
工場だけにしろ富山支店が残るのなら、
地元民と仲良くするに越したことはないけど、
このままでは誤解は解けないのでは?
スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。