後任狙い||宮根誠司アナ タイトルコール間違え||報道ステーションです

フリーアナウンサーの宮根誠司
テレビ朝日系「報道ステーション」の

メーンキャスターに色気

宮根B

番組冒頭、司会の宮根アナは
「こんにちは12月24日木曜日、報道ステーションです」と
タイトルコールを間違えてあいさつ
その後すぐに「あっ、間違えちゃった」と
両手で口を押さえる仕草を見せた

宮根流のジョークなのか
「報ステ」後任を意識するような“言い間違え”に
アシスタントの林マオアナは
「宮根さん大丈夫ですか?ミヤネ屋ですよ!もうその気!?」とツッコミ
「間違えました、すみません」と謝罪した宮根は
「報ステ」後任が誰になるのかとの
話題で林アナから顔を覗きこまれ
「いやいや、ないよ」と否定したが

古舘伊知郎氏が来年3月31日をもって
同番組出演を終了するとの発表に対し

番組内では、古舘氏が昨年10月に行ったトークライブの
会話をフリップで紹介
その中の
『俺の後任は宮根だっつうんだよえ?冗談じゃない!』という
古舘氏のコメントに、林アナが反応し
「スタッフもみんな心配しているんですけど」とさらに突っ込んだ

これに対し、宮根アナは真顔で
「テレ朝からの電話待ちです まだかかってきていないです」と回答

続けて「ミヤネ屋を4時に終わって
飛行機乗ったら間に合うもんね」と可能性を強調していた

スポンサーリンク

「古舘伊知郎氏の後任は宮根誠司」という噂

昨年から噂されていたテレ朝内部での
“古舘降ろし”の動きが現実となり
古館氏がキャスターを務めている報道ステーションの
“代役”には、よりによって
「あの」宮根誠司が浮上しているとか

徳光、宮根誠司、恵俊彰ら人気司会者たちが集結して
12月10日に放送されたTBS
「ジョブチューン人気司会者のヒミツ 大ぶっちゃけスペシャル」
(後6・55)で日本を代表する人気司会者が出演した際の一コマで

「古舘の看板番組の後任に宮根」という報道があったことを指摘され
「もしオファーが来たら」の質問に肯定も否定もせず
スタジオは騒然となった

古舘伊知郎キャスター「報ステ」降板へ

テレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の
古舘伊知郎キャスター(61)が
来年3月いっぱいで降板することになった

「報道ステーション」は2004年4月
「ニュースステーション」の後番組としてスタート
古舘キャスターは番組開始当初からメーンキャスターを務め
12年間に渡ってテレビ朝日の“夜の顔”を務めた

宮根誠司どうした!?スタッフから不満の声…

フリー転身後は「ミヤネ屋」や「ミスターサンデー」で大活躍する中
スタッフからは「売れテングになった」と不満の声が出ている
その背景にはドンがいたり、色々あるという

芸能プロ関係者の話によると

宮根誠司の背景には“芸能界のドン”がいる

とにかく“ドン”は宮根をかわいがっていて
厳密にいえば“ドン”の所属事務所ではないが
“ドン”の名刺の裏には宮根の名前も記されている
宮根はゴキゲン取りがうまく、よく一緒にゴルフに行っていますと
話していた

宮根の悪評

『ミヤネ屋』のスタッフに『なんで毎日大阪に行かなあかんねや』
『面倒くさいから、打ち合わせはチャチャっとな』と
嫌みを言うことが増えたという

ADが手をくるくる回して「巻きで(時間を短縮して)」と
サインを送っていたことに対して

生放送中にもかかわらず
「それ何なん!おかしいんちゃうか!」と
不快感をあらわに言い放ったという

年齢不詳ながら頭頂部が少し寂しい男性ADの元に歩み寄り
「あんた今年で何歳になるん?」とつるし上げたという

「ミヤネ屋」放送中にスタッフからカンペとりあげ激怒
スタジオは不穏な空気になったこともあり

現場スタッフからは
『売れてテングになった』と悪評が噴き出しているという

ツイッターでも不満の声がひろがっていた

わかりきっていたこと 視聴率トップなのは
情報番組としてではなくバラエティとしてだろ
同じ関西人と思われたくないわ

誰かがブレーキをかけないとならないがね?
宮根誠司の性格が悪すぎ

新事務所設立

2010年3月末でフロム・ファーストプロダクションとの契約を解消
これに伴い『おは朝』を降板
3月1日に東京都で設立した事務所である株式会社テイクオフへ
4月1日付で移籍した
共同出資者としても名を連ね
フリー転身当初からマネージャーを務めた横山武が代表を務める

宮根は共同出資者兼所属タレント第一号なので
実質は、宮根の事務所となる

宮根誠司が引抜いたTBS田中みな実アナや
羽鳥アナが所属
夏目三久アナや青木裕子アナが頼ったこともある

いつのまにかよく見るようになった

関東に急に出てきた印象が強い宮根誠司
ミヤネ屋・ミスターサンデーなどレギュラーも多い宮根アナ
嫌われる傾向があるが関西で実績を積み
人脈を使って関東に進出した宮根誠司

宮根の芸能界人脈で沢尻エリカの離婚危機をすっぱ抜いたりして
それなりの視聴率を獲得する回もあった

2012年1月6日の放送で
宮根誠司の謝罪が酷いと話題に

隠し子発覚の宮根誠司

(こんにちは 1月6日金曜日 情報ライブミヤネ屋です
え~ まずは年明け早々なんですが、私どもの事で世間の皆様
大変お騒がせ致しまして申し訳ございませんでした)

と深々と一礼

(え~ 女性セブンさんに報じられた私どもの記事は全て事実です
その記事をご覧になりまして、
多くの方々が『失望した』『がっかりした』と言われる方が
大変たくさんいらっしゃると思いますが
また心を新たに皆様の期待、信頼に少しでも応えられるように
イチから頑張って行きたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願い致します)

と深々と一礼

(大変お騒がせ致しまして、すみませんでした)

と深々と一礼

この報道に対して
2012/1/7(土) のネット上の反応は

謝罪では「わたくしどもの件で
っと言って、隣の女子アナも一緒に
頭下げてた

これはひどい
宮根の1分謝罪
見どころは「私ども」、薄ら笑い他

お茶らけ謝罪か
ニヤ根、詳細は週刊誌嫁ってか

この「私ども」に愛人や宝も含まれて
いるのか
それともミヤネ屋スタッフか
相変わらず面白い迷司会者さんだな

なんで「私ども」なんだろうな
「ミヤネ屋」って人によっては、
かなりえげつない取材や取り上
げ方してる印象あるが 自分の
話題はこれで終了なのか

多分、女子アナまで一緒に謝らせ
てるところをみると 宮根個人の問
題ではなく、「番組」としての問題の
ようにみせかけるためだろうな

情報を知らない人がみたら
番組でなにかあったんだろうなとしか思わない
そういう計算なんじゃないかな
他局も報道を控えてるし呆れるよ

会うとカネの話ばかり

宮根誠司、年収5億も「とんでもないケチ」
ギャラなし番宣を「めんどうくさい」と放言

2015年6月23日放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で
爆笑問題の太田光と田中裕二がフリーアナウンサーの宮根誠司について
「会うとカネの話ばかりする」と暴露

宮根C

2人によると、宮根に会うたびに「ナンボもらっとんの」と
ギャラなどの懐事情を聞かれるそうで
田中が「あの人、本当にカネの話ばっかだよ
俺らと会うと」「本当に(カネが)好きだよね」と漏らせば
太田も「関西の人はそういうの、好きなんだろうね」と呆れてみせた

これまでの報道によると、宮根のギャラは
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)が1本120万円
『Mr.サンデー』(フジテレビ系)が1本200万円
ほかの特番などの収入を含めれば
年収5億円は下らないと言われている
だが、これだけ稼いでも業界内では
“とんでもないケチ”だともっぱらの評判だという

「宮根さんは、スタッフを連れて飲み歩くこともしないし
そもそも宮根さんにオゴってもらったという
話を聞いたことがないという

本当に、お金にはうるさく以前、『ミヤネ屋』で
大手コンビニとコラボしておにぎりを売り出したことがあったが
宮根は直前になって自分の取り分が少ないとゴネたことがあったという

最終的に、結構なパーセンテージのギャラを持っていったという事で
これには関係者一同、呆れ果てたという(読売テレビ関係者)

一方フジテレビ関係者は、次のように話す

「ギャラが出ない番宣(番組宣伝)には
『めんどくさいわ』とほとんど出てくれない
自分がMCを務める番組の宣伝だから
少しは協力してくれてもいいと思うのですが……

でも、ギャラの発生する密着取材は積極的に引き受ける
しかも、当日になって、そのことを番組関係者に伝えるものだから
現場を混乱させてしまうんです

まあ、数字を持っている宮根さんには
誰も逆らえないんですけどね
それでも、まだまだ稼ぎ足りないらしく
一説には小倉智昭さんが司会の『とくダネ!』(フジテレビ系)の
後釜を狙っているという
もし実現すれば、1本200万円以上のギャラが見込めるのでは」

著書(幻冬舎刊)発売

そんな宮根は最近、半年で体重7キロ
ウエスト10センチ減の肉体改造に成功し
著書『50歳からでも遅くない! ミヤネ式らくらくボディメイク法』を
「腹筋を6つに割って、『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎)の
表紙を飾りたい」というのが肉体改造の理由だそうだが
富も理想の肉体も手に入れたにもかかわらず
それでも他人のギャラが気になってしまうとは
宮根の欲望はとどまることを知らないようだ

宮根A

本  名  ☆宮根 誠司(みやね せいじ)
生年月日  ☆1963年4月27日
出 身 地  ☆島根県大田市
血 液 型  ☆B 型
身  長  ☆173cm
学  歴  ☆島根県立大田高等学校
関西大学経済学部経済学科卒業
出  身  ☆島根
関西大学卒業後朝日放送入社
2004年3月末でアナウンス部課長職を最後にABCを退社
同年4月より、フロム・ファーストプロダクション大阪支社に所属し
フリーとなる

元々、アナウンサー志望だったわけではなく
就職活動中にふと立ち寄った就職課で『朝日放送』の募集掲示を見て
「見学がてら行ってみようかな」というミーハーな気持ちで応募したという

面接時にも「どんな仕事がしたいか?」と問われ
「なんでもいいです」と答えたほど

そんな流れだったせいか、入社しても仕事があまりなく
持て余していた宮根さんに『おはよう朝日です』の
レポーターの仕事が急遽舞い込む

ここ一番の仕事で
「台本を無視してめちゃくちゃやった」のが面白いとウケて
レギュラーとなり、ついには司会者にのぼりつめた

結婚と離婚

1993年に元モデルの女性と結婚するが
2004年3月にフリーアナウンサーに転向し、間もなくして離婚

2006年別の女性と結婚したが
その出会いは前の離婚が成立する前だとかで
もしかして・・・と勘繰りたくもなるが

いやいや出会いがそうだっていうだけで
交際が始まっていたかどうか解らない

本人も「離婚してから交際が始まった」と述べているので
無粋な想像は控えておいます

2011年5月には、長女も誕生し幸せいっぱいだったが
間も無くして他の女性との間にも子供がいることが発覚

不倫と隠し子騒動

その女性と知り合ったのは
2度目の結婚相手の女性と交際中であった
2005年ごろと発表されている

大阪の北新地でホステスとして働いていて
客として店を訪れた宮根と親密になり交際がスタート
交際当初から、妻となる女性の存在を伝えてあったと
発表しているが
2度目の結婚から1年ほど経ったとき
交際女性から「子供ができた」と連絡があり
女性は出産を希望し、宮根もそれを承諾

奥さんにはそれから1ヶ月ほどしてから打ち明けたという

奥さんは長い沈黙のあと
「子供を中絶しなかったのは、それはとりあえず正解や
あとはあんたのできる範囲で
自己責任でちゃんとやりな」と言われたそうだ

何とすごい、肝っ玉の据わった奥さんだこと

2008年初めごろに交際女性が女の子を出産
その2ヶ月後に認知しましたと発表している

そして2011年に奥さんとの間にも女の子が生まれたが

本当に肝っ玉母さんである

ちょっと話が複雑なので、下記年譜を参照ください

1993年1月 

最初の妻(元モデル)と結婚
現妻(出版社勤務)と知り合い交際開始

2004年7月 

最初の妻と離婚
ホステス(後の隠し子の母)と知り合い深い関係になる

2006年8月 

現妻と結婚

2007年 

春 ホステスから妊娠を告げられる

2008年2月 

隠し子女児誕生

2008年4月 

認知

2008年11月 

現妻との再婚を公表

20011年6月

現妻との女児誕生

矢口真里さんが不倫騒動後に初めて『ミヤネ屋』に出演した際に
一生懸命フォローしていたがそれは自身の問題も
あったからと勘ぐってしまう

それにしても、こうやって2人の女性と交際ができるのも
金銭的に余裕のあるということも大きな要因といえる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。