西内まりや婦警姿で「逮捕しちゃうぞ」に志願者殺到|飲酒運転許させんけんね|

西内まりや一日署長に就任

西内まりやB

福岡市中央区出身で女優や歌手として活動する西内まりやが7日
福岡県警中央署の一日署長に就任した
「飲酒運転許さんけんね」と博多弁を交えながら事故防止や防犯を訴え
年末年始警戒のパレードに参加した

警察官の制服を身に着けた西内は、九州一の繁華街
福岡・天神地区の公園で防犯ボランティアら約350人を前に
「今日一日、安全・安心で笑顔あふれる街にしていきたい」と力強く防犯宣言
「電話でお金はすべて詐欺すぐに相談、110番」と
特殊詐欺への警戒も訴えた

その後、オープンカーに乗った西内は市内をパレードし
沿道には多くのファンが集まった

警察官の制服姿の西内を見た女子高生らは「かわいい!」と大興奮
警備にあたった約80人の署員からも
「何日署長でもいい」という声も出ていた

パレードを終えた西内は飲酒運転の問題に触れ
「気の緩みが一番命取りになるということを気付いてもらえたらうれしい」と話した

凛々しい顔立が際立つ今回の制服姿に
あまりにも、似合いすぎるとネット上で話題になり

ファンからは「逮捕されたい」「捕まってもイイw」「逮捕、お願い致します」
「逮捕してくれ!頼む」「こんなに警察官の格好が似合う人いる??」
「美しすぎる」「ぼくのハートを逮捕してください」「逮捕希望」
「無期懲役でお願いいたします」などと逮捕を願う声が溢れている

スポンサーリンク

「日本有線大賞優秀賞」受賞

西内まりやC

11月27日、西内まりや自身のTwitter上で
「日本有線大賞優秀賞に選んで頂きました」と報告

『おはよーう*\(^o^)/*
嬉しいお知らせ!!
日本有線大賞
優秀賞に選んで頂きました>_< 嬉しい 作詞作曲をした「ありがとうForever…」「Save me」では 有線問い合わせ1位いただいたり本当作ってよかった。。 まだ何を歌うかは決まっていません。ドキドキ』と つぶやいている 西内まりやの
日本有線大賞優秀賞に非難

「売れたわけでもないのに」

11月20日に発表された
『第57回日本レコード大賞』優秀作品賞に続いての快挙に
ファンからは祝福のメッセージが殺到しているものの

日本有線大賞優秀賞に選ばれた
西内まりやに批判が上がっているのも事実で

ネット上では「西内まりやの曲って、今年1度も耳にしてないけど?」
「そんなに売れたわけでもないのに、地味にゴリ押しされてない?」
「女優業との中途半端な掛け持ちで安室奈美恵の穴を埋めるのは無理」など
抗議の声も上がっている

芸能関係者の間のからも

「11月26日に発表された、今年のNHK『紅白歌合戦』の出場に関して
落選したものの、歌手活動2年目で日本有線とレコード大賞の優秀賞W受賞は
快挙という他ありません

ただ、レコード大賞を受賞した3枚目のシングル
『ありがとうForever…』(SONIC GROOVE)はオリコンチャート最高位10位
累計売上1万1千枚と、突出した成績を残していないことと
さらに10月に発売された4thシングル『Save me』は、
大手音楽配信サイト『レコチョク』の週間シングルランキングでは
自身初となる1位を獲得したものの

オリコンチャートでは

16位と前作よりも順位を落とす結果となり
『優秀作品には値しないのではないか』という抗議が
少なからず上がっているようです」との声もきかれる

器用さが成長の妨げ

11月21日に公開開始された映画『レインツリーの国』に出演するなど
女優業でも活躍する西内だが、その器用さが歌手としての
成長の妨げとなっていると指摘するファンもいるようだ

「西内が所属するライジングプロダクションは去年
長年事務所の稼ぎ頭を務めていた安室奈美恵が待遇不満を理由に
独立するという大転換期を迎えたが、そこで“第2の安室”として
白羽の矢が立ったのが、女性ファッション雑誌『Seventeen』(集英社)の
専属モデルとして、女子中高生から大きな支持を得ていた西内で
歌唱力が高いことに加えて、“第2の安室”として売り出すべく
事務所がゴリ押ししたことなどにより
西内は去年の日本レコード大賞最優秀新人賞受賞
さらに日本有線大賞新人賞受賞をした

今年8月には『Seventeen』の専属モデルを卒業し
歌手業一本で活動していくのかと思いきや
中途半端に女優業も継続していることから
『事務所、ブレ始めてないか』
『2兎を追う者は1兎も得ず、にならなければいいんだけど』など
事務所の曖昧な態度に
ファンからは西内の将来を危惧する声が上がり

さらに安室が6月リリースした
12thアルバム『_genic』(Dimension Point)が
今年のソロアーティスト部門で暫定トップとなる
初週16万枚を売り上げるなど
まだまだ日本の音楽業界のトップに君臨していることから
『西内に安室の穴を埋めさせようとするのはむごすぎる』という声が
業界内でもささやかれている

自分と同世代の女性だけでなく、10代20代の若い世代をも
次々とファン層に取り込み、いまだにカリスマ性を失わない
安室を超えるのは、西内でなくとも不可能と思われる

活躍し続けていないと

西内まりやD

この手のランキングで名前があがらなくなる
10代が選ぶ「今年1番なりたい顔」のアンケートで
石原さとみが見事1位に選ばれた
これはスマホ向けサービス「ピグパーティ」が
15歳~20歳の男女約1600名を対象に実施したもので
石原に続く2位には有村架純、3位に広瀬すず、4位にローラ
5位に本田翼と続いていて
いずれも人気の美人ばかりだが
10代女子がなりたい顔のランキングで1位を獲得した経験のある
西内まりやの名前が無い
これは一体どういうことなのか
テレビ誌のライターがそのからくりを次の様に延べている

2013年11月発表の同ランキングでは

「西内が1位に選ばれたランキングに、“20歳以下の女優”という
条件があったことはあまり知られていないようで
2013年11月発表の同ランキングでは
西内に続いて志田未来、能年玲奈、川島海荷、武井咲という結果に

当然ですが石原やローラは年齢オーバーで最初から対象外だったわけです」
有村架純は当時まだ20歳だったものの
ドラマ「あまちゃん」でやっと名前が知られ始めたくらいの時期
同様に広瀬すずも2013年当時はデビューしたばかりで
知名度はほとんどない時期だった
すでに大人気だった本田翼は21歳になっており対象外
そんな隙間を縫って、西内まりやが1位に輝いたと言うのである

そんな事情があるとはいえ西内が
能年や川島といった人気女優を押さえての1位だったことは間違いない事実で
今年のランキングでも5位以内には入ってもよさそうなものだが

テレビ誌ライター曰く

「2年前には『Seventeen』の看板モデルとして大人気だった西内ですが
今では女優と歌手に路線を変更
しかし主演ドラマの『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)は一度も
2ケタ視聴率をマークできずに大コケした
やはり一線級で活躍し続けていないと、この手のランキングでは
名前があがらなくなるのでしょう」とのべる

西内が最近話題になったのは

ラグビー選手のいとこが五郎丸歩のチームメートだということや
紅白に落選したことくらいのもの
再びみんなが憧れる顔になるためには
ドラマかCDで大ヒットが必要なようである
  

一寸寄り道

西内まりやのいとこでヤマハ発動機の新人フランカーの
西内勇人(22)が、トップリーグ初出場を果たした

西内は法大4年の昨夏に首の手術を受けてシーズンを棒に振った
今年4月にヤマハ発動機に入社した後も再手術を受け
リハビリの日々で
この試合が初めてのリザーブメンバー入りとなった

後半20分、三村勇飛丸(26)と代わるや、モール、ラックで体を張り
チームのチャンスメークに尽力
同36分には勝利を決定づけるドライビングモールからのトライにも貢献

試合は五郎丸歩(29)が、7本中6本のキックを成功するなどし
ヤマハ発動機が39-19で開幕3連勝を飾った

西内は「家族やいろんな人に支えてもらったので、これからです
頑張ります」と決意を語っていた

西内まりやが紅白歌合戦に落選し謝罪

アンチファンからも励ましの言葉

11月26日、『第66回NHK紅白歌合戦』の司会者と出場歌手が発表され
今年3枚のシングルをリリースした西内まりやファンの間で
紅白出場への期待が高まっていたが、残念ながらリストに名前は無かった

西内自身のツイッターででも

『紅白ダメだった…
ごめんね。
でも悔しいね!
でも望みすぎ?
一歩一歩。
曲沢山作って増やすから!!
まずはLIVEをやろう(^^)! 』と
胸の内を述べている
2015年は女優としてドラマ、映画に活躍するだけでなく
自身が書き下ろした4枚目シングル『Save me』が人気ドラマの
主題歌に起用されるなど、西内まりやにとって飛躍の年となった
8月には5年間専属モデルを務めた、雑誌『Seventeen』を卒業

モデル時代から彼女を応援しているファンにとって
より高く羽ばたいてくれることを期待し
その夢の一つに、紅白初出場の希望もあったと思う

西内は公の場で一度も

“今年の紅白に出たい”などと発言していない
それでも『西内まりや(Ma_realife)ツイッター』で
「紅白ダメだった…ごめんね」と謝っているのは
ファンの期待に応えられなかったことに対する思いであろう

そして「一歩一歩、曲沢山作って増やすから」「まずはLIVEをやろう!」と
前向きな言葉で語っている

このツイートに「まりやちゃん、謝ることじゃないよ」
「紅白は地道に音楽活動続けていれば
間違いなく出演できるよ」とファンからの応援メッセージが次々と届いているが
意外な反応を見せたのは西内のアンチ的な存在だった人達だ
「何これ、ちょっと応援したくなるな」「変に拗ねたりしないだけいい」と
好意的なコメントが溢れている
女優とシンガーソングライターの両立は決して簡単ではないだろうが
まずは“初ライブ”に向けて頑張って欲しいと願う

西内まりやE

西内 まりや(にしうち まりや)プロフィール

愛  称 ☆うっぴー、まりやんぬ
生年月日 ☆1993年12月24日
出 身 地 ☆福岡市中央区
血 液 型 ☆A 型
瞳 の 色 ☆茶色
身 長 ☆体重 170 cm
スリーサイズ ☆80 -58- 83 cm
所  属 ☆ライジングプロダクション
デビュー  ☆2006年
ジャンル  ☆ファッションモデル
他の活動  ☆女優、声優、歌手、タレント

2006年夏、福岡市内に遊びに来ていた際
芸能事務所スタッフに声を掛けられた事が
デビューのきっかけにとなる

2006年10月15日、福岡第一高校・第一経済大学付属高校が
合同開催している学園祭「パラマ祭」で
多数の芸能人を輩出したことでも知られている
「中学生カラオケ選手権」に
立花里紗・宮原梨江と共に3人組ダンスユニットで出場して
見事グランプリを獲得した

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。