窪田正孝ブレーク俳優||Yahoo!検索大賞||に選ばれ場違いな気持ち

脱いだ裸はマッチョな肉体

kubota2

窪田正孝はあの優しい顔立ちからは想像もできないほど
脱いだらマッチョな肉体の持ち主に変身

そんな彼の筋肉に女性たちの注目が集まり始めたのは映画
『るろうに剣心』あたりからと言われる

映画の中で見事な肉体を披露し、主演の佐藤健目当てで
来ていた観客も窪田に目を奪われたほど
その甘いルックスと筋肉のギャップに惹かれた
ファンが多かったとされている

彼の魅力は、無駄な贅肉が無く
程よく筋肉がついたキレイな体の持ち主で
なおかつ「ギャップの宝庫」と呼べるくらい
ギャップが多くあり、女性陣は彼のようなギャップのある
男性に特に魅力を感じるらしい

まず挙げられるのが、表情のギャップ
真顔の時は物静かな青年といった感じだが
笑うと目尻にシワができたり八重歯が見えたりして
途端にかわいらしく見える

真顔と笑顔のギャップが大きくて
それを見た女性のハートはキュンとしてしまうとか
もちろん見た目だけではない

窪田はただのイケメン俳優ではなく
演技派俳優としても注目されていて
気弱な学生、性同一性障害者、刑事、殺人犯
どんな役もこなしてしまう
無色透明の状態からどんな色にも染まる事が出来るので

これはある意味、窪田自身が意識して
ギャップを作りだしているかも知れないが

スポンサーリンク

窪田正孝の呼吸法

サウナによく友達と一緒に行くという窪田正孝は
体を洗って、歯を磨いて、サウナに入るのですが
窪田正孝のこだわりはこれから先

1.姿勢を整えます
手のひらは上向きにして大きく開いた両足にそれぞれ乗せます

2.おもいっきり息を吸います
もう吸えないというところまで

3.次に今度はおもいっきり吐きます
横隔膜がつらくなるとこまで

4.これを何度か繰り返します

5.極め付けは水風呂
少しずつ水を体にかけて徐々に身体を慣らし
その後一気に水風呂に入る

これで、生まれ変わった気分になるという

また、この肉体を手に入れるために窪田がしている事は、
鉄棒とストレッチだけだそうです

鉄棒での筋トレは自分の重さで負荷をかけるので
自重トレーニングというそうである

バリエーションもさまざまで、
胸、背中、腕、足、腹筋と体のいろいろな
部位を鍛えることが可能と言われる

ドラマ『大奥』で共演した多部未華子との熱愛

kubota

人気若手俳優の窪田正孝と多部未華子の
熱愛をフライデーが2013年報じた

出会いのきっかけはドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]での
共演がきっかけと言われる

まだ肌寒い3月中旬のある夜、多部未華子と
窪田正孝が手をつないで歩いていた

午後11時ということもあって
静まりかえった都内の高級住宅街を
ゆっくりと並んで歩くふたりは
ダウンのフードをすっぽりとかぶった窪田の右手には
コンビニのビニール袋が提げられていたが
左手は隣を歩く多部の右手をつなぎ
左ポケットにお互いの手を入れたまま歩いていた
そしてふたりは、そのまま近くの高級マンションのへと消えた

2013年5月に『FRIDAY』されたふたりは
その後、一部では多部が髪の毛を短くした事で
破局説も報道されていたが、多部の自宅のマンションで
しっかりと愛を育んでいた模様である

近所のスーパーでも
買い物をする姿がたびたび目撃されており

「仲よく買い物をしている姿はまるで夫婦そのものでした
“今日はどれにしよっか”なんて相談しながら
食材やワインを選んでいましたよ」と居合わせた客は語る

最初の報道が出てからもう3年近くになり順調そうで
驚く程、多部未華子と窪田正孝カップルに
応援の声が溢れている

スクープされて、批判の矢面に立たされる
芸能人が多い中このカップルは、好感度で迎えられている

窪田正孝も素朴で好青年だからこそ
多部未華子の彼氏にピッタリと評されるのであろう

20代には結婚したいという多部未華子は
多忙な毎日だろうが窪田正孝との結婚報告が待たれる所である

「花子とアン」にも出演し、全国区の知名度

2014年前期に放送され、期間平均視聴率22.6%(関東地区)を記録
NHKテレビ小説過去10年で視聴率トップの大ヒットとなった

『花子とアン』のスピンオフスペシャルドラマ「朝市の嫁さん」が
10月18日(土)にBSプレミアムで放送された

注目の若手俳優・窪田正孝が演じた朝市が
幼なじみのはな(=花子)を子どものころから慕い続けているが成就せず
この純情一途で誠実な姿が共感を呼び
「朝市にも幸せになってほしい」という多くの声が寄せられ
『花子とアン』のスピンオフスペシャルドラマが誕生したそうだ

朝市が選んだのはどんな女性だったのか
本編では描かれなかった、朝市と“嫁さん”の物語を描きだす

背景は昭和8年、朝市は40歳となり
花子は「ラジオのおばさん」として
活躍していた頃の話で(本編の第22週あたり)
また、吉太郎(賀来賢人)と醍醐(高梨臨)との関係や
宇田川(山田真歩)と別れた夫とのエピソードも描かれている

「Nのために」が話題に

野口貴弘(徳井義実)とその妻・奈央子(小西真奈美)

現場に居合わせたのは野口家と交流のあった杉下希美(榮倉奈々)

安藤望(賀来賢人)、西崎真人(小出恵介)

そして、希美の幼なじみの成瀬慎司(窪田正孝)が出演

TBS系の金曜ドラマで
2014年10月17日(金)から
12月19日(金)迄10週に渡り放送された『Nのために』は
湊かなえのミステリー小説をドラマ化したもので

2004年、とあるタワーマンションで殺人事件が起こり
殺されたのは大手商社に務めるエリート社員

事件に関わる登場人物全員が、苗字か名前のイニシャルがNで
誰がどのような動機で野口を殺したのかが
ミステリーとしての“テーマ”となっている

パズル的な構成で多視点群像劇として進んでいく小説に対し
テレビドラマ版は希美が幼少期から高校時代まで過ごした
離島での物語を導入部として丁寧に描いている

TBSの金曜ドラマで、長編ミステリー小説のドラマ化は
定番路線となっていて
エポック・メイキングとなったのは東野圭吾・原作の
『白夜行』

後に事件を起こす犯人たちがどれだけ過酷な状況にいたのかを
描くことで感動を誘うという手法は『流星の絆』や
『家族狩り』にも引き継がれており
今までTBSのミステリードラマが培ってきたテクニックが
『Nのために』に総動員されたと言われる

脚本は奥寺佐渡子

細田守のアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』や
角田光代の小説を映画化した
『八日目の蝉』等を手がけた脚本家で
『Nのために』と同じ、湊かなえ原作の『夜行観覧車』の
脚本も執筆している

窪田正孝「Yahoo検索大賞2015」発表会に出席

12月17日(水)都内で行われた
「Yahoo検索大賞 2015」発表会に出席

「Yahoo検索大賞」は、国内最大級の検索サービス
Yahoo検索」のデータをもとに、前年と比べその年に
検索数が最も急上昇した人物・作品・製品を選出し
表彰するアワード

選出基準となる“検索”は興味・関心を持つ対象について調べる
能動的な行為であり、日本人の意志が反映された民意性の高い
まさに国民が選んだともいえる賞となっている

飲料やお取り寄せ、家電などといったプロダクト、アニメ、映画
ゲームといったカルチャー、そしてお笑い芸人、アイドル、アスリート
といったパーソンに分かれたカテゴリーで

『パーソンカテゴリー 俳優部門賞』を受賞した窪田

「このような場に自分が立てているのがありえないです
感謝していますありがとうございます」と
トロフィーを受け取り恐縮した様子であった

2015年を振り返り

「仕事が充実していていろいろな出会いもありましたし
役を追求する環境をいただけたことが自分にとって
すごく大きなことでした」と話した

さらに、7月より放送された主演ドラマ
「デスノート」のクランクアップでは
男泣きをしたという話題になり

「ここまでプレッシャーのかかった作品が
初めてだったこともありますし、皆さんの知られている
作品でもあったのでクランクインをする前から
いろいろなことを考えていました

いざ終わるとなるとすごく寂しい気持ちになりましたし
役が離れていく気持や、現場での楽しかったこと
大変だったこと、みんなで一緒に過ごせた
瞬間が大きかったのか思わずグッときました」と
当時の心境を語った

自身が検索するのはどんな時かと聞かれ
「毎日検索しているのは天気です」と回答

「明日はロケだから天気が良かったら温かいなとか
雨だからもしかして休みかなとか
あとは地図を見るのが好きなので
現場で空き時間があると近くに何があるのか
探したりします」と笑顔を見せながら話していた

窪田は、来年1月より日本テレビ系で放送されるドラマ
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」に出演するほか
映画「64-ロクヨン-」(’16・5・6)
「ヒーローマニア-生活-」(’16・5)と出演作の公開が続く

窪田正孝のW主演扱いは「大爆死阻止の秘策」なのか

1月23日深夜放送開始する
『MARS~ただ、君を愛してる~』に
Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔が
実に2年半ぶりに連続ドラマの主演を務める
(日本テレビ系/土曜深夜0時55分~1時25分)

藤ヶ谷は11年7月期の『美男ですよ』(TBS系)で
連ドラ初主演を果たしたが、同作は瀧本美織
Kis‐My‐Ft2・玉森裕太、Hey!Say!JUMP・八乙女光の4人が“主演”扱い
そのため12年7月期
『ビギナーズ!』(同/Kis‐My‐Ft2・北山宏光とのW主演)の方が
藤ヶ谷主演作というイメージが強いが
同作は、ゴールデン帯で1度も視聴率2ケタに乗せられず
最終回は自己ワーストの5.7%(ビデオリサーチ調べ
関東地区/以下同)で終了し
全話平均も7,3%と無残なものであった

今回放送の『MARS~ただ、君を愛してる~』も
深夜放送と言う事でさして
視聴率のことをとやかくいわれないが
それでも、日テレは慎重で昨年最もブレークした
俳優である窪田と、藤ヶ谷をW主演扱いにした

名前の並びは藤ヶ谷が上になっており
窪田はサポート役的な意味合いが強そうだが

同枠の前作はトリンドル玲奈の連ドラ初主演となった
『いつかティファニーで朝食を』では1%台を連発
いくら深夜ドラマといっても、ゴールデン帯での主演経験があり
ジャニーズ事務所の若きホープである藤ヶ谷が
0~1%台の視聴率しか出せなかったら
それこそ批判の的となるだろう

ということで、今が旬の窪田の投入は
大爆死阻止のため秘策といっても過言ではないだろう

原作は1996年から2000年まで少女漫画誌
「別冊フレンド」(講談社)に連載され、コミックは
累計発行部数500万部を超えた惣領冬実のヒット作『MARS』
春休みのある日、海辺で絵を描いていたキラ(飯豊まりえ)が
バイクに乗った青年・零(藤ヶ谷)と出会う
新学期、2人はクラスメイトとして再会し
キラの絵をきっかけに、2人は少しずつ心の距離を縮めていくが
零の中学の同級・牧生(窪田正孝)が転校してきたことを機に
3人の運命が大きく動き始める……というラブストーリーである

kubota3

窪田 正孝  (くぼた まさたか)
生年月日  ☆1988年8月6日
出 生 地  ☆神奈川県
身  長  ☆175cm
血 液 型  ☆B 型
職  業  ☆俳優
活動期間  ☆2006年~
事 務 所  ☆スターダストプロモーション
公式サイト ☆芸能3部(所属事務所)
主な作品
テレビドラマ
『ケータイ捜査官7』
『花子とアン』
『Nのために』
『デスノート』
映画
『ガチバン』シリーズ
『ふがいない僕は空を見た』
『飛べ!ダコタ』
舞台
唐版『滝の白糸』

略歴

男3人兄弟の末っ子として生まれる
ガソリンスタンドで働き
整備士を目指して工業高校に通う
元々芸能界には興味がなかったが
母親の勧めで『De☆View』の誌内から
スターダストプロモーションの
オーディションを見つけて応募して
事務所に入いる

2006年4月、フジテレビ系深夜ドラマ
『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を務め
2012年6月、『平清盛』に平重盛役で
NHK大河ドラマに初出演

2014年上半期放送のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の
出演で知名度が上がる
その後もTBS系ドラマ『Nのために』や『アルジャーノンに花束を』
日本テレビ系ドラマ『デスノート』などへの
出演が続き
ORICONS TYLEの「2015ブレイク俳優」
で上半期および年間を通しても首位を獲得した他
2015年の年末に発表された「Yahoo検索大賞」でも
パーソンカテゴリーの俳優部門を受賞した

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。