北朝鮮国民が||金正恩体制||に 見切りをつけ始めた

北2

「金正恩体制」に北朝鮮国民が
見切りをつけ始めた…それにより
脱北者数が増加

金正恩体制に入り減少傾向を見せていた
脱北者の数が今年に入って徐々に増加に
転じているという

5日、聯合ニュースが韓国統一省の
集計として報じたところによると
1月から5月末までに韓国に入国した
脱北者は590余人で
前年の同じ時期に比べ16%増加している

脱北した美女たちを指名手配

韓国に入国する脱北者の数は
2009年には2914人に達したが
金正恩政権になって
以降減少傾向が顕著であった

2012年に1502人
2013年に1514人
2014年に1377人
2015年は1276人となっていた

減少の理由として
国内経済の若干の好転と当局による
中朝国境の監視強化
そして脱北の厳罰化と秘密警察の
暗躍などである

しかし、今年は現在のペースが続くと
年間の脱北者数は
約1500人にのぼるとされ

増加に転じた背景には
何があるのかか考察すると

まず考えられるのは核実験・ミサイル発射に対する
、国連制裁の影響が考えられる

北1

制裁により海外に赴任している外貨稼ぎの
担当者たちがノルマ未達で下される
ペナルティーに負担を感じ逃亡の道を
選んでいるのだ

4月に発生した北朝鮮レストラン従業員らの
集団脱北が典型的と言えるだろうが

北朝鮮本国もまたこれには警戒を
募らせており脱北した彼女らの顔写真や
個人情報を公開し「指名手配」とも言える
措置を取っているのである

スポンサーリンク

「地獄絵図」のウワサ

ただ、そのような強硬姿勢で
果たして脱北を思いとどまらせることが
できるかは疑問である

金正恩氏は5月の朝鮮労働党大会で
自らの独裁体制を強化すべく
一昨年あたりから無慈悲な粛清を
繰り広げてきた

党大会が開かれる頃には
正恩氏に対して批判どころか意見すら
述べられない空気が支配的になり
彼の目論見はある部分では成功したと思える

しかしその反面少なくない国民の間で
恐怖から逃れる機会への渇望が
強まっているのだろう

一方、党大会に先立って行われた
大増産キャンペーンの重圧が
脱北増加を促している可能性も否めない

無謀なスケジュールで進められる北朝鮮の
増産キャンペーンは国民生活と経済の
疲弊を招くだけでなく大惨事につながる
リスクと常に隣り合わせである

そこで繰り広げられた「地獄絵図」に
ついては北朝鮮国民の誰もに
ウワサ程度は知れ渡っていると思われる

草の根資本主義の広がりと共に
北朝鮮国民は経済的にも思考の面でも
国家からすっかり自立しており
今後、さらに多くの人々が
こんな国、やってらんねえ」と
見切りをつけたとしても
何ら不思議ではない

いずれにしても脱北者の増加は明らかに
正恩氏の失政の表れと言えるだろう

北朝鮮の「喜び組」に新証言…
「最高指導層の夜の奉仕は『木蘭組』」

日本や韓国では北朝鮮の
「喜び組(キップンジョ)」は
金日成一家を中心とする最高指導層に
奉仕する組織として知られており
とくに性的な奉仕をする
集団というイメージがあるが

しかし、その実体は最高指導者の
身辺補佐をする女性たちの総称であるという
新証言を韓国の放送局
「チャンネルA」が明らかにした

特別管理対象の「木蘭組」

同放送によると「喜び組」の女性たちは

マッサージ
スポーツ
公演などの専門分野に別れているという

そして、最高指導層に性的な奉仕をする
組織は「木蘭組(モンランジョ)」と
呼ばれるという

金正恩第1書記の父金正日総書記は
国家に身も心も捧げる女性集団
「喜び組」を作り上げた
それだけでなく
夜の奉仕を専門とする『木蘭組』という
特別な女性集団も存在する

北3

こうした女性たちは「5課処女」と呼ばれ
早ければ16、17才で選ばれ
政治的な身辺調査だけでなく
過去の男性経験をも含めた
身体検査まで行われる

審査に合格すれば
金一族を支える「特別な」
集団へ仲間入りできるが不合格となれば
党幹部たちの愛人として囲われる
ケースも多いという

チャンネルAがインタビューした
北朝鮮の護衛司令部出身の
コ・イルミン氏(少佐)によると
一般的な「喜び組」は
護衛司令部の警護を受けているが
『木蘭組』は労働党中央の
書記室で直接管理するという

また、かつての喜び組は
金氏一家のみに奉仕していたが
最近では訪朝する外国高官や
代表団にも奉仕するという

彼女たちが、婚期になると大部分
護衛司令部所属の軍官と結婚する

指導層のプライベート情報に
関わっていただけにセキュリティチェックが
最も厳しい護衛司令官と結婚して
情報漏洩を防ぐためである

喜び組と結婚した軍官たちの多くは
スピード出世するという

北朝鮮のスーパー銭湯がラブホ化
権力者たちの「乱れた性」の実態

北朝鮮は表向きは
「風俗産業」が存在しないが
しかし「草の根資本主義」の広がりとともに最も
発展を遂げているのがこの分野かも
知れないといわれる

その主役は北朝鮮の新興富裕層
「ドンジュ(金主)」である

別名「赤い資本家」とも言われる彼らは
不動産や裏ビジネス
そして国家の建設事業の
利権などに深く食い込みながら
猛スピードで資本主義化する
北朝鮮経済を牽引している

そのドンジュたちは大規模な
サービス施設を備えた銭湯
いわゆる「スーパー銭湯」の
運営にも参入している

ここには
「秘密のVIPルーム」があり
別料金を出せば利用できるため

幹部達の不倫そして売春の
現場になっているという
つまり、事実上の
「ラブホテル」と化しているのである

北朝鮮では
経済難を背景にした「生計型売春」が多いが
最近では携帯電話欲しさに売春する女子大生まで
登場しているという

そうした女性たちに場を提供する風俗
ビジネスという意味では
さもありなんというべきか

不倫や売春が横行するスーパー銭湯は
前述のように国家の利権に食い込む
ドンジュが経営
さらに利用するのが国家機関の
幹部ということもあり多少の違法行為が
あったとしても北朝鮮当局は表立っては
手が出せないようである

そもそも、最高指導者の
性生活が乱れているわけだから
権力層の風紀が乱れるのも当然だ

ドンジュが経営するスーパー銭湯は
こうした不倫カップルが密かに関係を
結ぶ場になっているのだろう

金正恩氏は
いちおう売春を厳しく取り締まる姿勢を
見せている

しかし
「上乱れれば下これに習う」と
いう言葉があるように
国家の統制システムとして女性を
慰み者にしながら幹部たちが性欲に
溺れているような状況では到底説得力を
持つ事は出来

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。