ベッキー初のスキャンダル報道が衝撃的||LINEへアクセスの可能性

第三者によるLINEアカウントへアクセスの可能性

タレント・ベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の
不倫疑惑で、LINEのやりとりがなぜ流出したかが
話題を呼んでいる中
LINEを運営するLINE株式会社は22日

可能性に関する当社の見解について」と題した文章を
ホームページ上に掲載した

同社は「ユーザーのスマートフォン端末および
LINEの登録メールアドレスとパスワードが
適切に保護されていれば
自身が意図しない形でユーザー情報や
やり取りの内容が第三者に渡ることはありません」と
説明した上で
ベッキーなど具体的な名前はあげなかったものの
「一部報道機関でも取り上げられております
第三者によるLINEアカウントへのアクセスの可能性に関し
改めてご説明いたします」とし3点にわけて言及した

<1>同一アカウントに複数のスマートフォン端末から
同時にアクセスし、トークなどを閲覧することは
基本的にはできない
ただし、iPhoneの場合は3つの条件を満たした場合のみ
閲覧できることがある

<2>PCやタブレットなど
スマートフォン以外の他のデバイスからのログインする時は
本人のスマートフォンLINEアプリに通知が届くため
本人が知らないところでトーク内容が閲覧される可能性は
限りなく低い

<3>スマートフォン自体の盗難等による
アクセスについては
パスワードロックが適用されていない場合は
閲覧される可能性がある

LINEは「引き続きユーザーの皆様にはご自身の
各端末の管理、登録メールアドレスと
パスワードの管理を今一度徹底いただくよう
お願い申し上げます」と呼びかけ
ユーザー向けの公式ブログでも
「自分のスマートフォンやLINEを他人から守る方法」を
掲載した
1月23日3時15分記事追加しました

げすの極み

『ゲスの極み乙女』が“私以外”を入れる

『私以外私じゃないの』

初の紅白出場を果たした『ゲスの極み乙女』
2015年は絶好調であった

そんなゲスの2015年を象徴する曲『私以外私じゃないの』
この曲はコカ・コーラネームボトルのCMで使われていた曲で
実際にMVの後半でもコーラが登場する

マイナンバーカードのアピールで

甘利大臣が歌ったこともこの曲にとっては大きい出来事となった

経済再生相の口からまさかこの歌が出てくるとは誰も思わず
ちょっとした驚きと共にその様子が報道された

“私以外私じゃないの 当たり前だけどね
だから報われない気持ちも整理して 生きていたいの 普通でしょう?”
「私以外私じゃないの 当たり前だけどね
だから報われない気持ちも整理して 生きていたいの 普通でしょう?」と
歌う印象的なサビ

CMでも使われていた箇所で大臣が歌ったフレーズである
「自分は自分でしかないという事実」を受け入れる歌詞内容
川谷絵音が裏声で歌うメロディが耳に残るゲスの極

スポンサーリンク

川谷絵音の熱愛は完全に「不倫」

そんな2015年絶好調だた『ゲスの極み乙女』の
ボーカル、川谷絵音に降って沸いたスキャンダルが
週刊文春 1月6日(水)配信 によって明らかにされた

川谷は2015年夏にアマチュア時代から付き合っていた
一般女性と結婚しており
今回の熱愛は完全に「不倫」

同誌にはベッキーのLINEメッセージや
極秘に旅行した様子なども掲載されていいて
川谷が「離婚」も視野に入れていると….

人を忍ぶ恋なのだから
LINEなどに証拠をなぜ残してしまったのかと
思わずツッコミたくなってしまうが

これまで、色々噂になった事はあったが
明確な事態に発展しなかったので
舞い上がってしまったのかもしれない
いずれにせよ
31歳の女性のとる行動でない、ことだけは確かである

川谷は昨年の夏

かねてから交際していた
一般女性と結婚したばかりだっので

清廉なイメージで人気のベッキーの
初スキャンダルのお相手が妻帯者だった

出会いは昨年10月

川谷の結婚はファンにも伏せられていたため
ベッキーも知らなかったが
11月下旬に川谷の口から自分が
妻帯者であることを伝えたという

週刊文春では2人のLINEのやり取りを入手
メッセージの中では川谷の離婚と
ベッキーとの結婚に向けてのやり取りが交わされていたという

2人はこの正月、川谷の郷里である長崎に
”極秘婚前旅行”を決行
川谷はベッキーを実家マンションに連れていき
両親に会わせていたと発表

週刊文春取材班は実家マンションから出てきた2人を直撃
ベッキーは
「(交際は)ないです事務所を通してもらえますか」
と答え川谷も言葉を濁し
川谷は結婚の事実自体を否定していた

記者が妻の名前を出した上で改めて聞くと
「名前は知っています友達です」と話したという

ベッキーの所属事務所は
「お友達と聞いております」と回答している

<週刊文春2016年1月14日号『スクープ速報』より>

ベッキー不倫報じた「週刊文春」が爆売れ

タレントのベッキーと4人組バンド・ゲスの極み乙女
のボーカル・川谷絵音の不倫交際を報じた事で
「週刊文春」が爆売れという

ベッキーにとっては初めての本格的な恋愛スキャンダル
しかも不倫の疑いがもたれていることで
世間の大きな注目の的となっている

7日午後6時現在、同誌はAmazonの雑誌ランキング
「趣味・その他」部門で1位
またKindle版も
新着ランキングで1位となっており
注目度の高さを示している

川谷絵音が報道各社にファクスでコメントを発表

ボーカル、川谷絵音が6日
ベッキーの会見が終わった後
報道各社にファクスでコメントを流した

【川谷コメント全文】

マスコミ関係者 各位
いつもゲスの極み乙女。およびindigo la Endを
応援いただき、誠にありがとうございます

この度、明日発売が予定されております
週刊文春の記事に関して
ご説明とお詫びを申し上げます

明日発売予定の週刊文春において
私とベッキーさんとの関係が報じられた記事が
掲載されるということを、本日聞き及びました

このような形でご報告することは
いつも応援していただいているファンの皆様に対して
申し訳ない気持ちでいっぱいですが
私、川谷絵音は、昨年の夏に一般女性の方と入籍しておりました
ベッキーさんとは、親しい友人として
お付き合いさせていただいておりましたが
既婚の身でありながら、私の軽率な行動によって
このように世間を騒がせる事態となりましたこと
深く反省いたしております

ご迷惑をおかけしました関係者の皆様
ご心配をおかけしましたファンの皆様に
心よりお詫び申し上げます
2016年1月6日

川谷絵音との「不倫密会」も朝飯前!

好感度凋落・ベッキーの超身勝手本性と“黒い業界評”

一時は芸能界屈指の好感度タレントの象徴だったが
芸人の有吉弘行が「元気の押し売り」とあだ名をつけたあたりから
視聴者の見方が変わってきた彼女
そんな中での不倫報道は、完全に“アウト”

現在は複数の番組でレギュラーを張っているが
4月の改編で一気に出演を失う可能性すらあるという

ただ、芸能関係者からすれば、ベッキーが
不倫をすることくらいは「想定の範囲内」と冷静な様子

「とにかく我がままで、マイペースなのは業界では有名で
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では
テンションの下がるようなコメントを連発して
MCの内村光良を怒らせたり
ブラックマヨネーズの小杉竜一が
ネタ披露中に突然ベッキーに話に割って入られて
『毎回、毎回、お前はなんやねん!』と
激怒したなんて話もあるという

ハーフタレントのSHELLYとの共演でヒステリックに
『マジ消えてほしい!』と文句を言ったという
身勝手極まる情報もされている

マツコ・デラックスに『嫌いではないけど、相容れない』
東野幸治には、直接関係のない芸能人同士の
熱愛報道にしゃしゃり出た彼女に
『なんかもう、ベッキーらしいな
その正義感、ちょっとやめてほしいな』と
苦言を呈されるなど
御意見番のウケも悪い様子
自分中心に世界が回っていると思うタイプなのか
業界評はすこぶる悪い
不倫くらいじゃ、驚きませんよ」とは芸能関係者の言葉

業界内での評判は、とにかく悪いベッキー
今回の不倫騒動で、お茶の間すらも完全に敵に
回ってしまうことは想像に難くない

以前、自宅の本棚に実践的な好感度アップの方法が
掲載されている心理学の本があったと話題になったが
ハリボテもいよいよ壊れてきたということだろうか

緊急会見

ベッキー、会見で13回頭下げ瞳うるませ伝えた誠意

週刊文春の交際報道を受け、謝罪会見を行ったベッキー

げすの極みB

ゲスの極み乙女のボーカル・川谷絵音(27)と
交際が報じられたタレントのベッキー(31)が6日
都内の所属事務所で緊急会見を行った

会場に詰めかけた多数の報道陣に向け深々と一礼
大量のフラッシュを浴びたが
その後も落ち着いた口調で謝罪の言葉を繰り返し
約4分半の間に、実に13回頭を下げた

白のブラウスと茶色のスカート
メイクも控えめなベッキーが午後8時に姿を現し

「この度はお忙しいなか、お集まりいただき、大変
申し訳ございません
今回、発売される記事に関して多くの方々
テレビ、CM、ラジオの関係者の皆さま
そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けましたことを
深くお詫び申し上げます」と大きな瞳を潤ませ語った

また、この日は報道陣との質疑応答はNGとされていたが
「きょうは皆さまのご質問にお答えする形がとれず
私の思いを一方的にお伝えする形になってしまい
とても心苦しく、申し訳なく思っております
申し訳ありません」と気遣い

一方で、川谷の長崎の実家を訪ねたことや2人での
食事など交友を認めた上で
「お付き合いということはなく友人関係であることは間違いありません」と
強調した

ベッキーは、2人きりでの食事や
川谷の実家を訪れたことは認めたが
「お付き合いということはなく、友人関係
軽率な行為だったと深く反省しております」と釈明した

川谷については「アーティスト川谷絵音さんの作る音楽のファン」と説明
ライブや打ち上げに参加する中
連絡を取り合うようになったという

最後は改めて「今回の私の軽率な行為を深く反省し
また皆さまの前で笑顔でお仕事させていただけるように
これからは一日、一日を大切にしていきたいと思っております」と謝罪

質疑応答は受け付けず
約3分40秒にわたって謝罪を繰り返した
11回も頭を下げ、最後も10秒以上も頭を下げたままだった

週刊文春によると

昨年10月、ゲス極のファンクラブ限定
イベントに参加したのを機に親しくなり
11月下旬にはデートする関係になったと伝えている
また同誌は、元日にベッキーが川谷の故郷長崎の実家マンションを
訪れた様子や、2人のLINEのやりとり
ホテルの一室で一緒に過ごしている写真も掲載している

2人の知人によると、川谷は離婚協議中で
昨年初夏に結婚したが
すぐに夫婦関係がうまくいかなくなったという

ベッキーは同日オフだったようで記事を確認した後
関係者と相談したなかで会見を行う運びとなった
関係者が終了を促す声も一度制止し
お詫びの気持ちを伝えようと誠意ある振る舞いをみせた
明るくポジティブなキャラクターで知られるベッキーだけに
その対応も彼女らしいものだった事務所関係者は語っていた

同誌では、二人で過ごしたというクリスマスイブや
ベッキーが川谷の両親へ紹介された様子ベッキーA
川谷が妻帯者であること
実家マンションから出てきた2人の
直撃取材の模様などが報じられている

これまでも、EXILEのMAKIDAIや
ウーマンラッシュアワーの村本大輔との親密交際が報じられたが
どれもきっぱり否定してきた

ベッキーにとって今回初のスキャンダル
CM契約10社、バラエティー番組のレギュラー10本
ラジオ番組も抱えている
明るく清潔感のあるそのイメージからほど遠い
「不倫報道」は大きな痛手となるだろう

この日は「笑顔でお仕事させていただけるよう
1日1日を大切にしたい」と話す表情は硬く
目は潤んだままだったという

事務所関係者は「本人はびっくりしたと思います
あれだけ話すので精いっぱい」とした
この日ベッキーはオフだったが
急きょ対応を決めたという

太田胃散(太田胃散A錠剤)
花王(「バブ」シリーズ)
ケイ・オプティコム(mineo)
スズキ(アルト エコ)
スタジオアリス、ソースネクスト
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
ナガセ(全国統一高校生テストなど)
NTT都市開発(ミソノミラクルワールド)
ローソン
のCMに出演中であるが、すでにローソンと
損保ジャパンが1月中に打ち切る予定で
他にも検討中の会社があるという

しかし天下の週刊文春が、ここまであからさまに
スキャンダルを追い求めるのであろうか

プライバシーは全く芸能界には認められないのか
芸能界のスクープもいいが
弱いものいじめだけはひかえてほしい
しかしラインでの会話ってどうして簡単に外部に漏れるのか
犯罪行為になるような収集はしていないと思うのだが

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。