多重債務で自己破産するシニア層が増えている意外な原因

 

消費者金融では断られたが銀行は貸してくれた

 

 

出典:読売新聞

 

なぜ、中高年の自己破産が増えているのか
ァイナンシャルプランナーの小澤美奈子氏が
実態をリポートし
自己破産を防ぐための手立てをアドバイスする

 

 

 

2016年の自己破産の申し立てが
最高裁判所の司法統計によると
2016年の自己破産の件数は前年より
782件増え、6万4638件で
13年ぶりに増加に転じたが

以前は、多重債務は無計画な若い世代の
問題とされていたが
近年は働き盛りの中年や退職したシニアが
カードローンなどをきっかけに
自己破産に陥るケースが目立つという

自己破産のピークは03年に
24万2357件を記録しており
多重債務者の増加が
深刻な社会問題となった頃である



こうした社会背景を受け
06年に、改正貸金業法が成立し
政府は個人の借入総額を
年収の3分の1までに制限する
「総量規制」を設けた

これにより、過剰な貸し付けをする業者は
少なくなり、自己破産件数も減少に転じた
しかし、なぜここにきて増加に転じたのか

自己破産の申し立ては40~70歳代の
中高年の間で増加傾向にあるとされ
日本弁護士連合会と
消費者問題対策委員会が集計した
調査結果でも確認することができる

この調査結果によると
20歳代と30歳代で自己破産者は
減少している一方で
40歳代以上の破産の増加が確認できる

中でも注目すべきは、60歳以上の増加で
1997年に12%だった60歳代の
自己破産者は2014年には
6.7ポイント増の18.71%に
70歳以上で比較すると
1997年はわずか1%だったが
2014年には8.63%と大幅に上昇している

原因は銀行カードローンなのか

自己破産増加の一つの要因として
取り沙汰されているのが
銀行による個人向けカードローンとされる

銀行が高い利ざやを期待できる
個人向けカードローンの貸し出しに
力を入れ出したことで
多重債務者を増やし
自己破産件数を押し上げたのではないかと
指摘されており

事実、日本銀行が公表している銀行の
カードローンを含む「個人向け貸出金」の
推移が増加していることが明らかとなっている

確かに、こうした銀行カードローンの
過剰融資は、自己破産増加の要因と
考えられるが一方で、シニアの
自己破産増加の理由として
新たな事実も浮上してきている

中高年の自己破産が増えたワケ

中高年の自己破産の増加は
かなり前に借り入れた人が
最近になって何かしらの理由で
返せなくなっていることが原因の
可能性があると

多重債務や破産問題に詳しい
三上理弁護士(東京弁護士会所属)は語る

長年潜んでいた問題が団塊世代の
定年退職などと重なるこの時期に顕在化して
10~20年前の借金の返済を続けている人が
退職・失業、年金生活、病気などをきっかけに
自己破産するケースが増えていると説明

銀行カードローンについては、かつての
闇金のような脅迫まがいの取り立てがなく
「借金をしている自覚が足りない人も多い」と
指摘

現役時代の借金を
「ぬるま湯」につかっているように
利息だけ返し続け
そのまま年金生活に入り、
病気になって初めて問題の大きさに気付くことになり

自分の収入だけでは返済できなくなり
返すために借りることを検討しはじめる

こんな状態に陥ったら
日本弁護士連合会の法律相談
自治体の弁護士相談会
日本クレジットカウンセリング協会などの
専門家に早めに相談することを勧めている

公的な貸付制度を優先

安易にカードローンや消費者金融からの
借り入れに頼ってしまうと
そこから抜け出せなくなり
自転車操業に陥ってしまう可能性があり

そうならないため、借り入れる場合には
次のような公的な貸付制度の利用を
まず検討する様薦めている

生活福祉資金貸付制度

低所得者、高齢者、障害者などに
生活支援金や住宅入居費
一時的な生活再建費などの貸付制度で
地域の社会福祉協議会が窓口となっている

借り入れには原則、連帯保証人が必要だが
連帯保証人がいなくても利用は可能で
連帯保証人を立てるなら無利子で
立てられなかった場合でも年1.5%程度で
借りる事が可能である

年金担保貸付制度

医療費や生活必需品の購入費用などが
必要になった場合に
一定の条件を満たしていれば
国民年金や厚生年金保険などの
年金を担保に
利率2.1%(2017年9月1日現在)で
10万~200万円の間で借入が可能

現役世代でも将来自己破産予備軍

銀行のカードローンなどから借り入れ
今はどうにか返済できている現役世代でも
10~20年後に自己破産のリスクが
押し寄せるかも知れない

東京都内に暮らすAさん(58歳)は今春
ついに自己破産を申請した
始まりは、10年ほど前の
クレジットカードによる買い物と
キャッシングの借り入れがきっかけ

「当時は会社員として働き
収入も十分にあったので
多少返済額が多くなっても
問題ないと思っていました」

Aさんの借金は約200万円
銀行残高が底をつき
返済が滞ると
今度は消費者金融から借りて返済に
充てるようになった

借金は300万、400万円と積み重なり
ついに、消費者金融からも
融資を断られてしまった

消費者金融からの借り入れができなくなった
Aさんが、次に選んだのは
銀行のカードローン

気付けば、借り入れは銀行カードローン3行
信販系カードローン1社
消費者金融が4社の計8社から
総額約500万円に膨らんでいた

何とか自力での返済を試みたが
間もなく返済不能に陥り
弁護士に相談し自己破産を決意

最近破産は受理され
現在実家に身を寄せ夫婦で一から生活の
立て直しを図っている

Aさんは当時を振り返り

「普通に働いていたのに、まさかこんなことに
なるなんて思いませんでした」
「悩んだ末自宅を手離すことにして
家の売却には成功したものの住宅ローンの
1000万円が残ってしまいました」

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

1時間前同感。これは借りるほうが悪い。
いい大人が借りた金を返さない上、
貸してくれた人はのせいにするのはいかがなものかね。
1時間前
ニートや実家住み、非正規パート系主婦に関しては
基本的に不動産や大型資産の債務を負う事って
わざわざ首突っ込まない限り少ないから、
身の丈云々という理屈になるんだろうなぁ。
1時間前
共働きで住宅ローンを借りて、
離婚をしたり、どちらかが病気になったり、
どちらかが介護で仕事を辞めざるを得なくなったり。。。
人生何が起こるか分からない。
41分前
今の年寄りは年金だけで生活できるくらい
貰ってる人はたくさんいるが
今の20代30代の老後は年金だけじゃ生活できないので
最低限の生活をするだけでも
年金+4000万は必要と言われている
これからは年々人口減少に労働人口減少となって
税金や保険料が上がっていくけど
貯蓄がない人はローンがあろうがなかろうが詰んでる
 
36分前
たいした稼ぎもないくせに、クレジットカードを持つ。
たいした稼ぎもないくせに、住宅ローンを組む。
怪我・病気・事故で「労働力」を失った時点で破綻が確定。
ダメな奴ほど身の丈を知らない。背伸びをしたがる。
35分前
今が順調なのを将来に渡って順調と勘違いして
70歳とかまで無謀なローンやらを組んだり
身の丈にあわない良い車に乗ったりするから破産する。
公務員であっても財政が赤字で借金まみれなのに
お給料やらボーナスをもらえること自体が不思議なくらいで
個人的には夕張のように節制すべきと思うが笑、
まあ子供の名義で住宅ローンを組んで
払えなくなって破産して子供に迷惑かける人も
大勢いるんだろうね。
21分前
超低金利政策で個人年金はメリットないし、
投資は、パイが多ければ多いほど儲かる。
資金が無ければコツコツ努力しかない。
格差がどんどん拡がるばかりで閉塞感あります。
年金減らすから70歳過ぎても働けよって…
不安を払拭する画期的な政策があれば
経済の循環も上向くだろうけれど、難しいですね。
 
2時間前
人生にはまさかの坂があると例えがあるように。
今の仕事があること、健康であること、
事故や災害に合わないことを前提に生活が成り立ってるから、
とても人ごととは思えない。でも、
見栄を張ったりしないで、
自分の生活にあった計画を立てようと再認識できました。
2時間前
カード会社も結構エグイと思う。
リボ払いなんて甘言に惑わされて手を出してしまったら、
長い間金利を払い続けなければならない。
更に、手を出すような人はそれをあまり意識していない。
月々の支払いが徐々に増えて、
マズイと思った時はその状態が相当先まで続く。
クレジットカードはクレジットでは使わず、
自分の管理できる額で1回払い。
リボ払いとキャッシングには手を出さない。
ってのが自分の中での鉄則。
海外キャッシングを一旦リボ払いにして、
前倒し一括返済ってのは例外的にやるけど・・・
  
1時間前
バカはサラ金と銀行の個人融資が
同じだと言う事すら理解出来ないwww
1時間前
家を売るときは土地代でしか
売れないから借金が残るんだよ。
箱には価値がなくなるから。
そんなことも知らない人が銀行で
フラット35とか組んで売れば何とかなると
勘違いして現実を知って茫然とする。
1時間前
ハウスメーカーの思うつぼで大丈夫だろうと
購入すっからいけないんや。
うちは結局ハウスメーカーが提示した
額の半分の建て売りを購入した。
身丈にあう買い物です。
言いなりになってたら今頃売ってたかもな。
56分前
>自己破産すれば返済を免れることを
知った上で借りてますから。
なるほど、そうかも。
あれは簡単で以外にほとんどリスクないからね。
新しくガードは作れないけど、
前から持ってたのはそのままだしな。
45分前
借りる方の問題とも言い切れない
あの手 この手 簡単にお金が借りれて
判断力を麻痺させるよう 心理分析 行動分析 など
超頭のいい人が考えた策略にハマるひとは多い
カード会社のホームページ見ても
リボ払いの広告がひどい
最後はどこかが ババを引くそれまで利益優先の企業も問題
どんどん 自己破産しましょう
そしたら弁護士が今度は儲かる
頭のいい人が 弱者から 奪う
構図は永遠に続くのです
7時間前
収入に見合う生活が出来ない人が増えていると思う。
プライドとか周りとか関係ない。
あとリタイアしたあとの計画も見ておかないと。
3時間前
万引き老人の増加が叫ばれて久しい昨今だけど、
労働力を搾取してる企業が裁かれないのは、
なんだか腑に落ちない。
 
2時間前
家や車は現金でポンと買えるものではないから
ローンを組むのはいいとしても、
車を現金で買えなければ身の丈にあっていない
価格帯の車種なのでは?
見栄やらで無理してる。
2時間前
その収入がバブルが弾け、
就職氷河期を経て下がったまま上がりませんからね。
年功序列も段々減ったり…。
非正規も増えましたし。
まぁ、生活保護にせよ、
病気やケガで人生傾いた人は多いでしょう。
体が資本!健康が生命線なところは、
やはりありますから。
しかし、この人は借りすぎだと思うw
1時間前
共働きもそうでしょ
お金がないんじゃなくてどっちも独身時代の
生活水準を子供が出来ても下げたくないから
育児放棄して共働き
1時間前
>収入に見合う生活が出来ない人が増えている
収入が減って、収入の良かった時の
生活が維持できなくなったんだろうね。
転職や定年で収入が大きく変化したときは、
きちんと資産と負債を洗い出して、
支出を見直すことが必要だ。
特に住宅ローンは「将来に向けて収入が下がらない」
前提で組む人が多いだろうけど、見方によっちゃ、
20年、30年のローンを組むなんて本来無茶なんだよね。
45分前
労働力不足なのに、高齢者には仕事がない。
年金の不足を補う程度の給料でいい訳だから
その辺りを考慮した形態を考えてくれたら、
海外の労働力に頼る事もないのに。
派遣バイトを経験したことがあったんだけど……
確かに定年後のおじさんも沢山いたが、
その職場社員の言葉なんて聞く耳なしだからね。
(ちゃんと聞ける人もいるけど)
過去の栄光ではないけど、
「俺はここで働いてたんだ」
プライドマジ捨ててほしい。
そんなのいまには何も残らない。
7時間前
「かつては無計画な若者」から
「今は中高齢者が」多くなっている、
って、そういう世代が年取っただけの話しなんじゃないの。
1時間前
結局20代、30代は就職で圧倒的に苦労してる。
だからお金に関してもシビアだし、
ミニマムライフでも問題ない。
55分前>1000万程の借金で自己破産なんてするな、
というか、そのくらいの借金も返せなくなる
己の実力把握不足、計画力不足を恥じるべきだろうね。
同感。俺の親父もバブル時代、
個人事業で相当儲けたみたいだけど、
その後の景気低迷で痛い目に遭い、
一時は3千万以上の借金抱えて自己破産寸前までいった。
弁護士や家族の助けで何とか持ち直し、
70近くになった今でも働らかざるを得ない状況だが、
贅沢しないでキツイ肉体労働続けて何とか借金返済してる。
42分前
カード払いもポイント付くけど
買いすぎるし・・・やっぱり、現金か?
カード使うときには、まずその分の現金を用意して取り分ける。
そしてできるだけ早く、引き落とし口座に入れておけばいいだけ。
39分前
老後はほとんどの人が国保に入るけど
かなり高いよ
これからは人口も減少
労働人口も減少
保険料は確実に大幅に上がるよ
今の30代が全員老後を迎えると
労働人口は3分の1近く減るとか
そうなったら保険料ってどのくらい
上がるのか想像もつかない
6時間前
確かに、住宅ローンが一番負担。
今の時代は携帯やインターネットの回線代など、
昔に比べたら便利になったぶんお金もかかる時代。
2時間前
住宅ローン破産は誰もがなり得る話。
長期的に返済しなければならないため
各家庭で事情が変化しやすいことも関係している。
病気による失業や転職で当初の収入より
給料が激減し払えなくなるケースや離婚等によって
物件を処分しローンの残債が担保割れしたときなど
無形なものに対して返済が生じるという
負担を背負いきれず破産に至ることもある。
1時間前
みんな頭金貯めるのに苦労するんだよ。
最近、地元に建売が
増えて、若い夫婦たちが就学前の子供連れて入居してきた。
頭金なさそう。
6時間前
借りることが悪い訳ではない。
リスクをきちんと見積もっていないことが問題。
1時間前
いや、今のアラフィフあたりでしょ?
バブリーな世代って。
そう言う常識の中で大人になったのって
なかなか根底変えるのは難しいんだと思うよ。
順応性の高い人とか、
頭のいい人ばかりならいいんだけどね。
うちの旦那みててそう思う。
もう60だけど。
私がロストジェネレーションの先頭くらい(45)で
感覚のズレをいっぱい修正してきたけどね。
2時間前
ほんの、少し金銭的に余裕がないが。
何かの事(冠婚葬祭や祝い事)で入用になってた。
でも我慢してたけど、銀行やカード会社から電話が
頻繁に来ると。ついOKしてしまう。其処は十分に
気を付けないと。健康な内は未だしも病気になった
ら返せない。そのことまで、予測して考えないと
貸す方は、上からのノルマがあるから頻繁に電話し
てくる。
6時間前
年齢層を問わず、自己破産を招く
原因行動をやっちゃう人はいるね。
それは、支出>収入、ということに尽きる。
たとえ年収1500万でも、これをやると破綻する。
ただ、未来収入が見込まれなくなるまでは、
不足分を貸してくれる人が必ず現れるので、
若い間は破綻しないだけのこと。
不思議なことに、年収が低いうちはキチンとしていても、
年収が増えた結果、この原因行動に陥る人が結構いる。
収入>支出を守れば、年収低くても金持ちになれる。
こういう人は、金持ちに見えない人が多い。
2時間前
旦那が医師なのに、パートしてる奥さんが結構います。
その方達の共通点、大きな一戸建て。
車も大きくて高額な車。
子供も全員中学校から私立(四人いる人、
三人の人も全てです。)そんな生活してたら
破綻しないのかな?と思ってます。



2時間前
私の知っている範囲の方でも
ご主人が高所得者でも、パートで少しでも多く
将来に備えるんだ…という方もいますよ。
パートしているからといって、
カツカツな生活な方たちとは限りません。
3時間前
住宅ローンの残債よりも住宅の価値が下がったもの、
1度でもローンの返済を怠たったりしたもの、
リストラなどで、年収の減った人、などなど、借り換えは
難しいみたいです。
つまり、貧乏は脱却できない仕組みですね。
スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。