伊方原発再稼働で改めて問う!原発の被害と恩恵

伊方再稼働 見切り発車に知事同意

原子力規制委員会の審査で「適合」と認められ、地元の愛媛県や伊方町の
同意が進み

伊方原発断層

四国電力伊方原発3号機(愛媛県)再稼働に中村時広県知事が同意した
新規制基準ができて以降では、九州電力川内原発(鹿児島県)に次ぐ
2例目の地元同意となる
背景にあるのは電力業界いいなりに再稼働を推進している
安倍晋三政権にあるといえる
東京電力福島第1原発の事故を受け、「稼働ゼロ」となっていたのに
九州電力川内原発1、2号機に続き
伊方原発が再稼働すれば、原発の運転が一気に進むことになる
原発事故が収束しないまま再稼働を推進する「ドミノ」は
被災者はもちろん国民の意思に反するといえる

担保にならぬ首相の発言

スポンサーリンク

中村知事は同意手続きに当たり、安倍晋三首相から「国の責任」という
言葉を引き出すことを重要視していた
首相はこれに応じるように、知事が同席した原子力防災会議で
「再稼働を推進する責任は政府にある」「事故が起きた場合
国民を守るのは政府の重大な責務」と発言したことを
再稼働に同意する根拠にしているが原発事故の場合
首相が本部長になり、政府の対策本部が対処するのは
現行法でも当たり前の話である
安倍首相の発言は何の担保にもならないといえる

原子力規制委の審査は住民の避難を審査の対象にしていない

事故が起きれば最前線に立つのは地元自治体だ
とりわけ、細長い佐田岬半島の付け根にある伊方原発は
住民避難の難しさが指摘されている
原発から半島西側には約5千人が住む、県の避難計画は
事故が起きた場合、海路や空路で対岸の大分県側に避難する
想定もしているが、津波や地震、悪天候でも混乱なく避難できるのか
ましてや、伊方原発は使用済み核燃料から取り出した毒性の強い
プルトニウムを燃料として使うプルサーマル発電が前提だ
危険性を指摘する専門家が少なくない

だが、緊急防護措置区域の30キロ圏内を対象にした防災訓練は
審査合格後実施されていない
伊方原発周辺で国の原子力総合防災訓練が行われるのは来月だ
最低でもそこで課題を洗い出した上でなければ
同意の可否は判断できないはずである
さらに問題なのは、川内原発に続き伊方も、県と立地自治体である
伊方町の同意によって再稼働へと動きだすことである

30キロ圏内の自治体に避難計画策定が義務づけられているのは
放射性物質が広く飛散する恐れがあるためだ
伊方原発の場合、過酷な事故があれば九州や中国地方にも
影響を及ぼす可能性がある
それが同意の対象外では、義務だけを負うことになってしまう

こうした手法が定着するようなことがあれば多くの
関係住民が置き去りにされてしまう
伊方や川内に限った問題だけでなく
なし崩し的に進められる事は絶対認める事は出来ない

伊方原発立地場所の地形

愛媛県の西の端、佐田岬半島の付け根付近に位置する
伊方原発は、すぐ近くを日本有数の活断層である中央構造線断層帯が走り
巨大地震の震源となる南海トラフも近く
日本で地震の危険が高い原発の一つであると言われている
原子力規制委の審査は、大地震の危険性を過小に評価していると批判されている
規制委の審査はこれまでの地震や津波の想定をわずかに引き上げただけで
審査に合格したからこれで「安全」とはいえない
その上、四国電力自身が経産省に報告したこの冬の電力需給見通しでも
伊方原発を再稼働させなくても電力は1割近くの余裕があるというのに
再稼働を急ぐ根拠は全く無いといえる

最後に原子力発電に対してどの様な考えを、持っているのか参考迄に
賛成、反対の意見を10件ずつ載せてみます

スポンサーリンク

賛成派の意見(10件)

◇原子力発電なしで国家レベルの電力をまかなえるかどうかは
これからの太陽光発電パネルのような代替案がしっかり
着手するまでは政治判断で、発電所稼働をストップする
事が出来ないのが現状です
原子力稼働をストップする事は技術的に問題はないのですが
火力水力ではとても効率が悪くて電力供給のラニングコストが
高すぎて維持できないからです

◇危険性の問題はあるかもしれませんが、現実的に考えると原子力発電所は
必要だと思います
これがなくなると、火力発電に大部分を頼ることになって
石油の大量消費、それに伴う電気料金単価の大幅な値上げが予測されます
実際に、どれくらいの燃料でどれくらいの電気がつくれるのかを知れば
ほとんどの人が賛成にまわるのではないでしょうか
私もその中の一人で
あんなに小さなペレットから大量の電気ができるという事実には驚きました

◇原子力は、まだまだスタート段階だと考えられます
できたばっかりのときに、多少の技術不足や配慮不足が発生するのは
当然のことだと思います
なので、早く普及させ、それに合わせて安全性なども
確保されていくことを願います

◇原子力が生命維持に危険性があるから反対だという早計な判断は出来ず
原子力発電の稼働に匹敵する代替案が決まらないうちは
原子力発電の運営のストップは出来ません
なぜなら、他の現存する発電手法はコストがべらぼうにかかるために
現状の電力量と電力料金の維持が不可能だからです

◇安全対策を根本から見直し、二重三重の対策をした上である
事を条件に賛成です。少なくとも
日本の環境で原子力にかわるエネルギーが安定して供給出来るまでは
原子力に頼らざるを得ないでしょう
それならば安全対策をきちんとして、新エネルギーが供給されるまでの
間でも原子力での発電を望みます

◇私は原子力発電所が動いてくれることには反対ではありません
その発電所を作る場所が問題だと思います
危険な状態になったとしても、住んでいる人に影響が出ないような   ◇
極端なことを言えば、砂漠の真ん中とかに作ればいいと思います

原発A

◇エネルギーを大量に使うということは、人間が、文化が
進展していっている証拠なのではないでしょうか
そして、必要なエネルギーを効率よくつくれるに越したことはありません
どんなことにも危険性はつきものです
原子力発電所にはその危険性をはるかに超えるメリットがあるように思います

◇危険性がよく議論されますが、発電するときの危険性は
原子力発電に限ったことではないように思います
そのほかの発電が普通にされているのに
原子力発電だけどうしてこれだけ反対されるのでしょうか
危険が起こったときの大きさは大きいかもしれませんが
とても起こりにくい安全な発電方法でもあると思います

◇火力や水力発電より効率の良い原子力発電への切替が必須だという
政策の下、国をはじめ電力会社各社安全性を強調して開発を進め
日本国民は十分な説明を受けてきたはずです。しかし不幸にも今回大事故が
起きてしまいました。事故対応、対策、補償などをきちんと行って
失った信用を回復して欲しいと思います

◇もろ手を挙げての賛成ではありませんが、もはや致し方ないと
言うのが正直な気持ちです
原子力発電の危険性を認識しながらも、事故は起こり得ないと思っていました
日本の技術力を信じていたのです
電気の恩恵にあやかり過ぎた事を、痛切に反省しました
節電というよりは、むしろ今までが無駄使いだったと誰もが知ったはずです
私たち一消費者は、この浪費を正すべく、生活の見直しを早急に計りました
では、政府や電力会社はどうでしょうか?福島での事故後のような
緊迫感は感じられません
企業は、利潤を追求するだけでよいのでしょうか
日本の経済を失墜させない為にも、責任ある製品作りをして頂きたいのです
原発に依存し過ぎない、代替えエネルギーの開発こそ急務です
その時こそ、条件付きで反対と言える時ですですので今はまだ推進派です
原発事故は人類に与えられた教訓と思えるのです

反対派の意見(10件)

◇反対の理由は、電力を安定的に供給できないからです
幾ら災害が合っても、火力発電所であれば、比較的短い時間で復旧可能ですが
原子力発電所ではそうは行きません。安全面など点検事項が多すぎて
復旧に年単位の時間がかかる発電方法など、このスピードが要求される時代に
事業として成り立たない事は自明です

◇原子力発電で使い終わった燃料って、確か地下に
埋められるんじゃなかったでしょうか
聞いた話なのでよくわからないですが、もし埋められるとかであれば
地下水とか将来にわたってのことが心配です

3号機

◇私は反対です
原子力発電は他の発電に比べてとびっきり不安で心配だからです
この不安と心配を解消させてくださる根拠を示されたら
多くの人が納得されるのではないでしょうか
それができないとなると、やっぱり危険なのではないでしょうか

◇原子力発電所というのは、やはり廃棄物の問題が解決できていません
例えて言うと、これが薬の場合で言う副作用があるまま使っているようなものです
薬の場合、明確に副作用がある場合おそらく誰も使わないでしょう
原発はその副作用が解決できていないのに推進することは考えられません
したがって、反対です

◇あのような事件が起きたことをきっかけに、賛成、反対の議論が
色々なところで行われるようになってきたと思います
前提として、議論する全員が原子力発電所のそばに住んでいることを
想定してみて欲しいと思います
そうすればどうにかしてでも反対したくなるでしょう

◇政府と電力会社が提唱していた原発のメリット「コストが安いから
環境汚染が少ないから、日本の技術力が高いから原発は安全・安心・経済的」が、
今回の東日本大震災で、正しくなかったと証明されてしまったからです
そもそも地震大国である日本に原発はあまりにも危険な施設ではないでしょうか
今回のような惨事を繰り返さないためにも、早急に原発以外の
電力供給の方法に転換するべきです
とりあえず、金銭面が絡まない人たちだけで真剣に
話し合ってみてもらいたいと思います

◇原子力発電には反対です。この発電を使っていると、それに伴う研究が
進むことは当然のこととなると思います
そしてその研究は、いずれ放棄したはずの兵器をつくるための
技術となることも考えられます

◇自分自身が原子力発電所の近くに住んでいると考えてみてください
とても安心した生活はできません
事故はおきないかもしれませんが、多少なりとも放射能が
出ているのではないかと冷や冷やものです

◇地球温暖化の危機が叫ばれ、化石燃料を燃やす事でその原因の
二酸化炭素を増やすという事が知られて以来
原子力は二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法として注目されてきました
しかし、発電時には二酸化炭素を排出しなくても
燃料の採掘過程や発電所の製作過程で、膨大な二酸化炭素が放出される事は
既に周知の事実です
その上、核分裂生成物というどうしようもなく危険な核のゴミまで
生み出すのですから、とてもではありませんが「クリーン」などとは言えず
受け入れられる発電方法ではありません

◇放射性廃棄物をどう処理するかがいまだにはっきりしていないため、賛成できません
どんどん増え続ける廃棄物を、日本の地下や海底に何万年も埋め続けるというのは
安全上問題があります
廃棄物をつめたドラム缶から放射能が漏れているという話もよく聞くので
極めて危険であるように思います

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。