映画初出演の堀田茜|男たちの泥くさいところを見て|と 映画をPR 

堀田茜B

やくざ映画で紅一点

モデルで女優の堀田茜が
今夏公開される映画「CONFLICT~最大の抗争~」
(藤原健一監督)で映画に初出演する

やくざ、マフィアらの壮絶な抗争を
オールスターキャストで描く作品で
堀田はキーパーソン的存在のヒロイン
遠山 凪を演じる

女性ファッション誌「CanCam」の
専属モデルとして活躍中だが
今回は男ばかりの現場に紅一点で飛び込み

「すごい新鮮な撮影でした
この映画の中で演じる楽しさを覚えました!!」と

新境地開拓を喜んだ

女優デビューして約1年
映画デビュー作は、いきなりハードな雰囲気の
やくざ映画となった

キャストは、主演の小沢仁志のほか、哀川翔
白竜ら大先輩ばかり

「現場には、ちゃんと勉強してから入ろうと思いました
出演者の方々がどんな作品に出ているか調べたり
やくざ用語も調べました」と

“予習”を徹底したと語る

撮影では、“コワモテの先輩”から
逆に気遣いされたそうで

「外のロケで立っていた時
小沢さんが火の近くに呼んでくれたり
第一印象はコワモテの方も話すと優しい
人は見かけじゃないですね」と
笑顔を見せる

演じる楽しさを実感出来る様になった

「演技の一つ一つが自分の身になるのが楽しい
映画では、泣いたり怒ったりするシーンが多くて難しかったが
小沢さんが気持ちの作り方をアドバイスしてくれました」と

会心の笑みを浮かべる

堀田茜が「大学」「ZIP」「CanCam」と
激動の1年を振り返った

スポンサーリンク

2015年10月26日に23歳の誕生日を迎えた
『CanCam』専属モデルの堀田 茜

同誌では、「かわいい系」ファッションを担当し
等身大でかわいらしい笑顔が魅力的

最近、モデルとしての活動だけでなく
女優としてドラマ出演やバラエティと活躍の場を
どんどん広げている

向井理主演のドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系列
2015年10月22日から12月17日まで放送)では
初めてレギュラー出演を果たし
社長秘書・南リエ役で出演
仕事を完璧にこなす美人秘書として注目を集めた

堀田茜D

23歳になっての抱負について彼女は

「22歳は、情報番組『ZIP』の卒業と
大学の卒業が私のなかでとても印象的な出来事でした
朝は『ZIP』の収録に行って
そのあと
『CanCam』の撮影をして
それから大学の講義を受けて
また撮影に戻る……なんて生活をしていた」と語り

そんなに忙しいスケジュールで大変だったのではとの問いかけに

堀田
「それが、私自身はあまり大変とは感じなくて
どの現場も楽しかったという印象です
今思うと
本当に周りのみなさんに恵まれていたんだと思います」と答える

大学を卒業して、何か変化はとの問いに

堀田
「在学中から仕事をさせて頂いていたので
あまり変化はなかったのですが、周りから
「もう社会人だね!」と声をかけていただくと
「あぁ、私も社会人になったんだ!」と
改めて感じて背筋が伸びますね」と答えている

大学を卒業して、時間に余裕が出来たのではとの問いに対しては

堀田
「はい、今は、仕事のことだけに集中できているので
とてもすっきりしています! 空いた時間も
それまでは大学のレポートをしていたのですが
最近は髪質改善のためにヘアサロンにマメに通ったり……
忙しくて諦めていたジムにも通い始めました」と語る

はじめようと思ったきっかけはと言う問いには

堀田
「『CanCam』でいろんな企画を
やらせていただくようになってから

ずっと身長が低いのがコンプレックスだったんです
今は、向き合う時間が増えたので
もっと自分に磨きをかけ
モデルとしても自信をつけていきたいです」と答える

モデル、女子大生、リポーターと
三足のわらじを履きながら忙しい22歳を送ったという堀田
時間をうまく使いながら
自分を磨いてもっと自信をつけたいという
持ち前の努力家としての気概が感じられた

モデルでタレントの堀田茜が
12月31日18時から約7時間にわたって放送された
テレビ朝日の大晦日特番
『くりぃむ VS林修! 年越しクイズサバイバー2015』に出演

インタビューでは
「2015年は、目まぐるしくあっという間の1年でした」と
充実した様子で振り返る堀田だが
“今だから言えることは?”といった
切り込んだ質問が飛び出すと

「自分の力が100%出せなくて
涙を流したことがあった……」とポロリ涙ぐむ場面も

順風満帆に1年突っ走ってきたかに見える彼女でも
内心悩む事があったんだと感じる

2016年の抱負を漢字一文字で表し
年賀状にサインを添えて一筆入魂する場面では

そこには、「挑」という文字が力強く書かれていたが
これは2016年は自分に挑戦するという意味の
「桃」だと、この文字に込めた思いを熱く語っていた

チアリーダー姿でアクティブにダンス

西島隆弘(AAA)のソロプロジェクト・Nissyの新曲
「DANCE DANCE DANCE」の
ミュージックビデオに、モデルの堀田茜が出演
アクティブなダンスを披露する姿に反響が寄せられている

堀田はファッション誌「CanCam」の専属モデルとして活躍
今春に立教大学文学部を卒業し
最近は「世界の果てまでイッテQ!」
(日本テレビ系)出演などタレント活動も
精力的に行っている

MVではキュートなチアリーダーの衣装に身を包み
ポニーテールを揺らしながら西島とのペアダンスを披露

堀田茜がダンス!?

堀田茜の雰囲気からあまり運動のイメージは沸かないが
中学から大学まで約10年間ダンスを続けており
大学ではダンスサークルに所属していた
得意なジャンルはヒップホップとジャズという

速いテンポのダンスを全力で踊る姿と
満面のスマイルが印象的で
Twitterでは
「茜ちゃんかわいすぎ」
「可愛くてダンス上手」
「MVを見て可愛くて気になってフォローした」などの
声が上がっていた

MV初出演「最初はとても不安でした」

MV初出演となる堀田は

「とっても感動しました!!MVに出るのが
目標の一つでもありましたし、曲を始め
映像や編集が素晴らしくて
素敵な作品に携われて嬉しいです」とコメント

中学生からダンスを始め
大学もダンスサークルに所属していたものの

「ダンスのブランクが数年あったので
ここまでがっつりダンスすることを知って
最初はとても不安になりました(笑)」と告白

しかし
「リハを重ねたり、ダンサーさんに個人レッスンを
していただいて
なんとか形にしていくことができて

何より数年ぶりにダンスすることがすごい楽しかったです
現場は本当に賑やかで
夜遅くまで続くこともあったのですが
終始笑顔が絶えなかったです!」と
堀田茜G

充実の撮影を振り返っていた

共演エピソード、衣装のこだわり
西島との共演については

「西島さんは演者という立場だけでなく
スタッフさんたちと意見を交換しながら
撮影を進めていて

現場を引っ張ってくださいました
すごく力の入っている
ソロプロジェクトなんだということを改めて感じました」といい

「ペアでダンスをするシーンで
私が回る時にバランスを崩しがちだったのですが…(笑)
西島さんは毎回そこを引っ張って支えてくださいました」と

息を合わせたエピソードも
クラブのシーンで着こなしたブラックのロンパースは

「西島さん、スタッフさんと話し合い
衣装さんにわざわざ理想の形のものを作っていただきました
靴の色を最後まで迷ったりと
全体的に衣装にもこだわっていました」と紹介し

「最後の全員で踊るシーンや
グラウンドでのシーンは
本当にみんな楽しんでやっていたので
それが画面にも現れているのではないかと思います!」と

見どころをアピールした

今回のMV出演を経て

「これからももっと新しいことに挑戦して
様々な経験を重ねていきたいと思いました」と
刺激を受けた様子
今後へ向けては
「モデルの仕事は大好きなので
モデルのお仕事を軸に幅を広げていけたらと思います
具体的には昔から少しずつ経験させてもらっている
MCなどの喋りのお仕事もできたらと思っています」と

抱負を語っている

堀田 茜は
2013年にCan Camに初登場したが

この時はまだ専属モデルではなかった
2014年2月にCan CamのCMに出演
専属モデル以外が
CMに抜擢されるのは極めて異例といわれる

2014年3月に初の表紙を飾り

この表紙から専属モデルとして活動することになった
モデル活動をしながらも大学に通い
2015年無事卒業
ZIPも同年に卒業し
現在はモデル業に力を入れている

堀田 茜 プロフィール

☆誕生日:::1992年10月26日
☆血液型:::B 型
☆出身地:::東京都
☆身長 :::160cm
☆サイズ:::B78/W57/H81
☆趣味 :::ダンス(Jazz・Hip-Hop)、フランス語

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。