青学大箱根3連覇|| 上位チーム指揮官青学大に脱帽||図抜けている

 

 

青学大箱根3連覇 大学駅伝シーズン3冠と同時達成は史上初

 

出典:デイリースポーツ/神戸新聞社/日刊スポーツ

 

第93回箱根駅伝は
青学大が史上6校目となる総合3連覇を
3年連続の完全優勝で悠々と偉業を達成した

3日箱根・芦ノ湖から東京・読売新聞社前までの
復路5区間109.6キロのコースで行われ
往路優勝を果たした青山学院大が
総合11時間4分10秒でゴールし

箱根駅伝3連覇と史上4校目となる
大学駅伝3冠を達成した
2位は東洋大で11時間11分31秒
3位は早稲田大で11時間12分26秒。

復路のメンバーを、7区に田村和希(3年)
8区に下田裕太(3年)
10区に安藤悠哉(4年)へ変更し
磐石の態勢で完全優勝を狙った青山学院大

2位早稲田大より33秒先にスタートし
6区の小野田勇次(2年)が2分8秒まで
一気にその差を広げた
7区の田村は、残り4キロを切ったところで
ペースが落ち、早稲田大の井戸浩貴(4年)に
1分21秒差まで縮められる

しかし、8区の下田が区間賞の好走で
再び大きくリード
9区の池田生成(4年)
10区の安藤も差を広げ
3連覇&3冠の偉業を達成した
復路は1度もトップを譲らず
合計タイム11時間4分10秒でゴール
2位・東洋大に7分21秒差をつける圧勝だった

青学大は、昨年10月の出雲駅伝
同11月の全日本大学駅伝での優勝に続く
1シーズン大学駅伝3冠を達成した史上4校目
3冠と3連覇の同時達成は初となった
往路2位の早大は3位4位には順大
5位には神奈川大が続いた

終わってみれば
青学大が他を圧倒する力を見せつけて圧勝
上位チームの指揮官たちも、その底力に脱帽
往路4位から意地の2位をもぎとった東洋大の
酒井監督は

「青学さんは選手それぞれに見合った
フィジカルを作ってくる
それは他から見ても図抜けてる
誰が出てきても安定した走りをするし
後半になってもブレない」と
その育成能力を称賛

さらに勝ちを重ねている状況を
「伝統が加わってきているし
選手も練習でしっかり走れれば
本番も走れるという自信になっている
追い抜くのはなかなか難しい
今までやってきたことに何かプラスしていかないと」と
危機感を強めた

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

復路で1つ順位を下げた早大の相楽監督は
「まだ勝っていないので…。何を足せば勝てるのか」と
頭を掻いた
「(7区の)田村くんにアクシデントがあっても
あのタイムで走れる
勝ち慣れ、レース慣れ、厳しいメンバー争い
いろんな要素があるんだと思う」と
選手層の厚さに舌を巻いた

青学大の原晋監督は

「13年前に強化がスタートして
青山学院、そして原を信じて学生を送ってくれた
各高校の先生に感謝申し上げたいと思います
また、各年代の4年生が毎年毎年
歴史を作ってくれました
ホントに感謝します」などと語った

大学駅伝史上に残る強豪校に加わり
原監督は、「箱根駅伝の舞台だけでなく
東京オリンピックを3年後に控えているので

わが青学軍団からだれか1人でも
東京オリンピックを目指せるランナーの育成を
これから考えていきたい」と今後への指針を示すと
今季のスローガンにしてきた言葉で
「サンキュー作戦大成功といったところでしょうか」と
語った

原監督、今後は「五輪選手を育成したい」

13年前の今日から(指導が)スタートして
青山学院を、そして原を信じて
学生を送ってくれた各高校の先生にまずもって
感謝申し上げたいと思います

それと(卒業した)各年代の4年生にも
そうした4年生が毎年毎年
青山学院の歴史を作ってくれました
本当に感謝します

どのあたりで総合優勝を確信したかの問いに

7区の田村和希が10キロを通過したあたりでもう
楽だなと思っていたんですが
箱根のあっと驚く“まさか”があり
ひやひやもしました

8区の下田(裕太)の圧巻の走りは
後ろから見てほれぼれする素晴らしい走り
そこである程度はめどが立ちました
(今後の目標は)2020年の東京五輪が
3年後には控えています

箱根駅伝の舞台だけではなく
わが青山学院軍団から誰か1人でも
東京五輪を目指せるランナーを育成すること
それを考えていきたいです
(今大会のテーマの)
“サンキュー大作戦”大成功といったところでしょうか

原監督が「マラソン改革大作戦」に着手する

箱根駅伝を終え
男子マラソンの現状について言及
「異端児の私を入れたら強くなる
今のマラソン界には劇薬が必要

今まで通りやったら、東京はもちろんその次
(24年五輪)もぽしゃります
実業団がだらしないので学生が意欲的に
チャレンジする流れを作りたい」と口にした

今年2月の東京マラソンに『中村と下田(ともに3年)』
3月のびわ湖毎日にエース『一色(4年)』が
出場を予定する

どちらも17年世界選手権ロンドン大会の選考会
一色は「東京五輪は絶対に出ると決意している
まずはびわ湖でサブテン(2時間10分切り)」
昨年11月の福岡国際3位の川内優輝が
有力となっている代表争いに一色らが割り込めば
実業団中心の従来とは一線を画す構成になる

言葉だけではない。原監督は
昨春に新設された
実業団GMOのアドバイザーに就任
理念を共有できる花田監督とタッグを組んで
卒業生の受け皿を作った

社会人1年目のOB橋本崚(23)は
昨年12月の防府読売マラソンで優勝し
一色も入社予定
青学大→GMOの流れで一大ムーブメントが
起きる可能性も否定出来ない

 

2017/01/04 07:58
確かに1区は誤算だったのかもしれないが、それでも区間賞だった服部が東洋大の敗因にされるのは可哀想な気がする。
2017/01/04 09:31
確かに東洋の1区服部のノルマは区間賞を獲るだけでなく、2位に30秒以上のタイム差を付けること。
それは2区に大砲がいない東洋にとってチームを流れに乗せるためには必要不可欠のタイム差だった。
逆に2区に力のあるランナーを置いてるチームにしてみれば順位云々よりもトップからのタイム差が重要で、あのような団子状態で入ってくれば願ったり叶ったりの展開だっただろう。
あの展開ならば別に服部を1区に置かなくてもトップから秒差で繋ぐことが出来たし、服部を置いたならば服部は周りに関係なく、ただラップタイムだけを気にして走るべきだった。
2017/01/04 09:40
確かに服部と武田が突っ込んでたら鬼塚と梶谷あたりはついてこれなかっただろう
でもそんなことは皆わかってただろうし、それが出来なかった原因があったんじゃないの?2017/01/04 09:41
要するに青学には服部弾馬が10人いたってことですよ。
2017/01/04 11:26
青学優勝は明らかだった
なんか、東洋は前評判高くなかったけど、結果残しましたね
法政(母校)のシードでわしはお腹一杯す
2017/01/04 12:31
青学は1強。ライバルはいなかった。個人的には東洋監督の「今のやり方では勝てない。新しい手を加えないと。」的な発言に敗因を感じた。今更でしょう。去年、一昨年と大敗して何も対策を講じず来てしまった危機感のなさが一番の敗因。
なお、弾馬はトラック選手で箱根に絶対的エースとして信頼できないし応える力もない。区間賞を取れただけで褒めていいレベル。
ちなみに自分は東洋贔屓。
2017/01/04 12:33
服部弾馬選手はいつもあまり箱根強くないですよね。勇馬選手も言ってたけど今1つ勢いが足りない。優勝するぞ!チームを引っ張るぞ!って勢いが足りなかったのかな!?
東洋は2区初めてのこれから有望な選手を置く変わりに1.3.4で固めたのかなって感じがしました。1区弾馬選手以外であの位置キープ出来る選手が居なかったり得意不得意もあったんじゃないかと…でも7.8.9区の選手の勢い見たら、来年はより楽しみ。
全体的に例年よりずば抜けた花形選手居なかったですからね…来年青学独走許さず切磋琢磨して欲しいです。
2017/01/04 12:45
5区と7区が遅れた程度で、他はタイム落としたと
言っても大した差ではない。
1区がどうとか言ってるのも、結果論に過ぎない。
2017/01/04 13:10
何処の大学も故障者や故障あけの選手はいた訳だし、実際青学は七区でアクシデントあったけど優勝、一部の監督たちのコメント見て思ったのは駅伝だから一人の選手の問題でなく総合力だからそのあと巻き返せなかった指導力の問題、発言がもう負けている
2017/01/04 13:15
明らかにオーバーペースくらいで入って他校がマイペースという展開でぶっちぎる展開に持ち込むしか優勝の可能性はなかった。
1区で大ブレーキで、シード権逃す可能性もある危険な作戦だけど。
2017/01/04 13:15
長年安定して強いと言えるのは、今年は振るわなかったが駒大くらいで、
それ以外はたまに選手が揃って強い時期があると言える程度。
東洋は来年踏ん張れるかどうかで評価が大きく変わりそう。
強いときのインパクトだけで言うと、柏原4年時の東洋が圧倒的。
2017/01/04 13:16
区間賞なのに責任を負わされるのは酷だが、今年の東洋が結果を残すには服部弾馬の貯金は不可欠だった。
2017/01/04 13:57
野球でいえば4番で.280HR18本くらいの成績のようなもの。7番くらいの期待値の選手ならこれくらいで十分すぎるんですけどね。
本来期待されていたものが大きいし、本人もわかっているからしょうがない。
2017/01/04 14:15
>服部をより距離の長い2区に置く発想は無かったのだろうか
服部はどちらかと言えば中距離のランナーで、スピードはあるがスタミナに多少の不安がある。
しかも2区は一色やニャイロなど服部よりも格上のランナーがいて、2区では服部を配置したところでリードを生み出すことはあまり期待できない。
要するに、東洋大は去年の服部勇馬のような2区を任せられる絶対的なエースがいなかったのが一番の原因で、2区で勝負ができない東洋大が青学と勝負するには1区の服部弾馬が飛び出してリードを広げ、2区はその貯金を持って我慢、3区口町、4区櫻岡で青学を突き放し、往路優勝まで持っていくというパターンしかなかった。
2017/01/04 08:22
復路の青学のムラのなさをみると、往路で30秒でも余裕だったねって思ってしまう。
2017/01/04 08:25
他の大学の監督が、青学はもう1チーム出しても上位入賞できるほど選手層が厚いと言っていたそうだ。
ひとり体調不良者が出ても、すぐにカバーできて戦力を落とさない選手層の厚さはすごい。
 2017/01/04 08:52
早稲田と青学の復路メンバーの持ちタイム見たら、力差は歴然としてたから、やっぱ往路で青学に勝たせた時点で勝負あったんだろうな。やってみなけりゃわからないとはいえ、大きな失敗がなければそりゃ実力の違いが結果に出るわな。
2017/01/04 08:53
青学は往路5区の山登りが弱いって言われてたから早稲田としたら一気に逆転までしとかないとダメだったな。反対に青学としたらタイムは縮められたけど5区を33秒差で凌いだのは大きいと思うわ。復路を考えると青学に勝負を挑めるような大学なんてないだろ。
2017/01/04 09:43
青学がミスった7区で逆転できない時点で、早稲田の勝ち目はない。
その点で言うと6区で差を広げられた時点で、早稲田は負けだった。
そう考えれば、この2校にはかなりの力の差があったといってよい。
2017/01/04 09:50
青学に往路優勝された時点で他校はノーチャンスだった。
復路にあれだけの面子を並べられたら、はっきり言って他校は太刀打ちできない。
2017/01/04 10:06
勝手な意見だけど、早稲田は今のスタイルを保持してほしい。少数の推薦組と一般入試組の融合。一般入試組からとんでもない生徒が出てきた時だけ優勝する!そんな早稲田のワクワク感が好きです。
2017/01/04 10:25
嫁さんが青学出身なので完全応援でしたが下田君がいる限り4分のアドバンテージあるから来年も青学が勝つと思う
 2017/01/04 10:34
原監督は選手自身に目標管理を任せていたり、アップダウンのコースを作ってフォームを安定させたり、腹筋をなくしてインナーマッスルを鍛えることに力を入れたり、強くなる秘訣を惜しみなく公開している。差が縮まってよさそうなものの今年も青学の圧勝を許してしまった。最も強い選手が集まっていることもあるのかもしれないが、独自の方法にこだわっているのかもしれない。よいものは積極的に取り入れる姿勢が絶対に必要だと思う。
2017/01/04 11:35
8区に下田おける選手層の厚さ。区間2位の選手に2分の差がある。8区の選手全員が2分以上差つけられたらかなり厳しいでしょう。
 2017/01/04 12:47
6区で差を広げられたとは言っても、相手は去年も58分台で走っている小野田だからね…。この6区で勝ち目が無いのは仕方がないよ。三浦や高野みたいなのはそう簡単には出てこない。
むしろ1区で引き離せなかったこと、2区と3区で合わせて1分30秒位負けたこと、総じて言えば、往路で1分以上差をつけて勝てなかった時点で勝負ありでしょう。
2017/01/04 12:51
ただ、今年の早稲田は7区まではよく頑張ったと思う。それだけに8区でのブレーキと、東洋にまで負けたことは残念かな。
逆に東洋は出雲9位、全日本6位であっても、箱根は意地を見せたのは良かったと思います。
両校とも4年生が強いので、来年以降がちょっと心配ですが。
2017/01/04 08:21
青学が強いのはもう最初から分かってたしあの選手層だとあと3年は安泰でしょ。
そんな事より神奈川の総合5位が地味に凄い。ここ10年ずっと最下位争いしてた大学だぞ、なんでもっと注目されないんだ?
2017/01/04 08:03
記事にもあるけど、なんで一区があんな展開になったんだろうね?
上位を狙うチームはみんな青山をマークしてたと思うけど、青山の一区が初駅伝の選手って、他チームにはラッキーだったと思うんだけど。青山がそういう状況だったから、服部マークにこだわりすぎたのかな。
2017/01/04 08:40
原監督の戦略!?それも見越していたとか。
2017/01/04 08:49
まあ、服部君もそこまで圧倒的な存在じゃなかったってことでしょ。抜けた力があって本人にも自信があれば、自らレースを作って独走することも可能だっただろうし、実際、過去の1区見てもそうした結果を残した人もいるしね。
まあ、後からならなんとでも言えるよ。もし、飛び出して失速でもしたら無理することはなかったと言われるに決まってるしな。
2017/01/04 09:49
原監督からすれば1区は東洋・服部が抜け出すだろうが、1年鈴木の代役の梶谷を起用してもついていけると判断したんだろう。結果的には凡走だったけど2区には一色が控えてるんだからいくら悪くても1、2区終わった段階で先頭がみえる位置にいれば大丈夫と考えていたはず。
2017/01/04 09:53
なんとなくだが、昨今の日本のマラソンの光景を見ているようだった。出るべき時に出なかった。服部は、正直、完全マークで、周囲を囲まれ、行こうにも行けない状況だったように思う。だが、そこで仕掛けて、一挙に抜け出るということをすれば良かったと思う。海外の選手ならそれをしたと思う。たとえ、つぶれても・・・。ある意味、今回の箱根は、1区で決まったともいえる。2区に関しては、山梨が誤算だったことは明白。まさか、1区で最下位らへんをウロチョロしてしまうとは、2区ニャイロが、凡走というか、追いかけようとして足が出ない。駅伝ではそういうことがままある。それに追いかけようとすればするほど、足が出ない、走れない。精神的なものもある。それを考えれば、ニャイロがはまってしまったともいえるだろう。青学は、はっきり言えばこれまでの先輩後輩という駅伝の上下関係をぶち壊し、どちらかと言えば欧米型のスタイルに近いと思う。
2017/01/04 12:56
「東洋は惜しいことをした」とか「早大はミスをした」とか、まるで青山が勝ったことが運が良かったかのように言ってる。
タイムは相対的なものなのだから前年とかと比べても大きな意味はない。
全10区間のうち、ほとんどが区間3位以内で走りきった青山が圧勝したことには変わりない。
このライター、ちょっと前の箱根常連の中堅校だった東農大出身のようだけど、新参の青山が強いのがよほどお気に召さないのでしょうか。早稲田、駒沢、東洋に負けるのは納得いくが、青山ごときに抜き去られたのが悔しいとでも言っているように聞こえます。
2017/01/04 13:40
ただ今回のレース展開は青学にとって願ってもないものになったのは事実。
それを引き寄せたのも青学だし、それを往路勝負に出た他の大学が許したのも事実。
青学は天候や展開まで織り込み戦略通り走れたが、他の大学は走れなかった。だからレースとしての見ごたえは優勝争いでないところに見つけるほか無かった。
あながち記事の言うことは間違いじゃないと思いますよ。それこそ記者が書く記事なのに『気温や展開があるからタイムは仕方ない。みんながんばった』みたいな感想文書かれる方が違う。
2017/01/04 09:26
同感。今年は晴れて気温も3月並みに高く選手は相当きついコンディションだった。
優勝した青学ですら脱水症のアクシデントに見舞われたぐらいだし。
そういったコンディションをわからない人がタイムだけでレースを語るのはどうかと思います。
2017/01/04 09:42
往路はともかく、復路はグダグダ感があったよ
今回の箱根は、青学vs他の大学だったけど、往路で青学が勝ったから、復路は事実上2位以下の順位争いのレースになった
原監督も田村のアクシデント以外は余裕のコメントだったし
選手が手を抜いたからグダグダになったわけじゃないし、頑張ったのならレースがグダグダでも別にいいと思うけどね
2017/01/04 07:57

選手層の厚みが全然違う。
エースを9区に回せるような余裕は他の大学には無い。

2017/01/04 07:59
選手も話していたが目標を箱根ではなく、
東京五輪とするとなれば、モチベーションの
差は歴然だろう。監督は管理者として上等なんだろう。
2017/01/04 08:30
青学はマラソンのついでが箱根なのに勝っているからな。
箱根がすべての大学はこの時点で負けているよ。
2017/01/04 08:51
1年間、ひたすら苦しい練習し続けるのはしんどいですよね。
そのゴールが箱根駅伝での活躍なのか、
オリンピックでの活躍なのか、モチベーションの持ち方が全く違ってくるでしょう。
原監督のすごいところは、「自分もオリンピックに出られるかもしれない」と本気で学生に思わせているところでは?
そこらの監督がオリンピック行こうぜ、なんていっても、誰も間に受けないでしょうから・・
 2017/01/04 09:42
目先のビジョンよりもその先のビジョンを目標とさせる。
それこそ、青学のワクワク大作戦。
東京オリンピックの夢を一緒に観ることで選手のモチベーションを上げてるのでしょう。
今の学生には根性論は通用しないってことですよ。
2017/01/04 09:56
確かに監督の影響は大きいだろうな
青学の選手は関東限定の大会だけでは満足せずに世界を見据えている
2017/01/04 10:14
オリンピックに駅伝があったらなーって、いつも思う。こんな面白いもの、もっと広められたらいいのに。
2017/01/04 10:17
他校の選手にも在学時からマラソンに取組む選手が
増えましたが、指導者がそうじゃないんですよね。
箱根で勝つことが全てみたいな。
原監督は、箱根のその先のことをちゃんと考えてる。
意識が全く違います。
2017/01/04 10:42
去年の東京マラソン、青学の下田&一色が日本人2位&3位をとった。
その時本人達を「すごい!お前オリンピックいけるぞ!」と褒めちぎり
カメラに向かっても「彼らには未来がある。金の卵です、大切にしてほしい。私は大切にします。」と言っていた。
学生達の事は勿論、日本の陸上界の未来とも本当に真摯に向き合っている人だと思う。
2017/01/04 13:29
ただ残念ながら、今のところ青学のОBが実業団で伸びているとはいいがたい。
強くなり始めて日が浅いこともあるが、マラソンでサブテンランナーがまだ一人も出ていない。サブテンいけそうだった、かってのエースの出岐もあっさり競技を引退しちゃったし。
まずGMОに入る一色らをマラソンで育成してもらいたい。
2017/01/04 15:15
五輪マラソンでメダルなんて4大会に1回でもあれば奇跡
アフリカが本気を出した現在、
日本人にとって駅伝が最高峰で最大の思い出作りの場

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。