人気モデル泉里香||男性ファンが急増||その訳は大きなバストだった

%e6%b3%89%ef%bd%8f
<この記事は動画でも表現しておりますので宜しければご視聴お願いします>

さんま&岡村も注目
人気モデル・泉里香の男性人気度が
急上昇の“大きな”ワケ

主婦の友社が発行している
女性ファッション誌『Ray』の
専属モデルを務め
現在は『美人百花』など6誌で
活躍する人気モデル
泉里香は

以前より若い女性から支持を
集めていたが、この夏一気に
男性ファンが急増したが
その大きな要因として
モデルとして「コンプレックス」を
抱いていた“大きな”バストだった

泉は8月9日に放送された
日本テレビ系バラエティー
『さんま&岡村祭り
オトコってバカね!SP』で
明石家さんまとナインティナインの
岡村隆史とバーベキューを楽しむ
コーナーに出演した

そこでボディラインが際立つ
ニットを着用していたため
大きなバストが強調されネット上が
一瞬で騒然となり
”お祭り”状態となった

「マネージャーから
急上昇ワードで1位になったと
聞かされ、うれしかったですね
オリンピック期間中だったのですが
メダリストの方より上にいったので
ヤッターって」

「この番組の収録の時は
『ちょっとでも自分のことを
知ってもらえたらな』くらいの
気持ちだったのですが
思っていた以上に反響が大きくて
今でもスタッフの方から
『見たよ』と言われます」
GQ IT GIRL

多くの男性陣の目を釘付けにした
バストだが

「モデルとしては邪魔なので
減らしたいと思って
小さく見せるような下着を探したり
コルセットを巻いたり
目立たせない努力をしてました

雑誌撮影でも
『胸が目立つから横を向かずに
正面を向いて』って
言わていれました」という

しかし、そのコンプレックスが
今では注目のきっかけとなり
「反響が大きくて驚いていますが
受け入れられて良かったです」と
笑顔を見せる

仕事でも新しい展開が広がり
「GQ JAPAN」11月号に登場

巻頭ページ
「GQ IT GIRL」に選ばれ
セクシーショットを披露した

“エロふわボディ”と呼ばれ
同世代の女性から憧れる存在として
圧倒的な人気を誇る泉

上半身はデニムジャケットのみを
羽織り、豊満バストと美腹筋を
堂々と披露

無造作なヘアスタイルと
ナチュラルメイクでクールな
表情を見せている

撮影を回顧「いつもとはちがう衣装」
泉里香のコメント

「世界中で発行されアメリカの
代表的なメンズ雑誌ということは
前々から知っていたので

そこの巻頭ページ「GQ IT GIRL」に
選ばれたというのは
素直にすごく嬉しかったです」

「いつもの私とはかけ離れた
ヘアメイクと衣装が用意され
泉里香を表現していいという撮影

スポンサーリンク

いつもとはちがう衣装にはじめは
戸惑いましたが
モデルとしての血は騒ぎました
シャッターを切られてる間
すごく集中したし、楽しかった」

%e6%b3%89%ef%bd%83

「今までの私を見てる方々からは
大胆!って思われると思いますが
モデルとしてはすごく素敵な作品を
撮っていただけて嬉しいです

若さ、可愛らしさが重視されがちな
日本で、私自身もその枠組みに
入れられ不満に思うこともありましたこれからは
GQの提案されるような女性らしさ
セクシーさが日本人に
もっと受け入れられると
嬉しいなと思います」

と熱く語る

自分の幅が広がっていることを喜び
さらなる飛躍も期待される

「キットカット」CM美女・泉里香
モデルと女優の二刀流目指す

「キットカット 毎日の贅沢」の
CMに出演中のモデル
泉里香(27)が注目を集めている
キットカットをかじり

「幸せ!」とキュートにほほ笑む美女
1日放送が始まると
「あの子は誰だ?」と
インターネット上などで早くも
話題沸騰となった

スポーツ報知の取材で
「誰に言っても伝わる有名な
お菓子のCMに出演できて
すごくうれしい
1人でも多くの方に見ていただいて
『この子好き』って言ってほしい」と
喜びを爆発させた

泉にとって、キットカットは
「必ず力になってくれる
大切なお菓子」
このCMからパワーをもらい来年の
ブレイクに必ずつながるだろう

泉里香がコンプレックスを克服
そこから生まれた「新しい魅力」とは

いまや6社のファッション誌に
レギュラーで出演するほどの
圧倒的な人気を持つ泉里香
細見のボディーラインからは
想像できない
“豊満なバスト”がSNS等で
大きな話題となった

しかしこの完璧と思えるボディーも
泉里香本人にとっては
“大きすぎる”という点で
自身の大きな悩みであったという

「バストが大きいのが悩みなんていうと
嫌味に受け取られることもありましたが
自身にとっては本当に
コンプレックスでした

一番減らしたい部分でもありましたし
自分からも触れずにきたからこそ
今まで周りに気づかれなかったのかも
しれませんね」と自己分析する

事実、撮影時にはバストを隠すために
コルセットを着けたり
目立たないようなポージングを
追及したりと苦労を重ねたという

女性誌の水着撮影は、セクシーに
見えすぎてしまうためか
声がかかることが少なかったという

そんな泉が自身のバストに対して
意識が変わったきっかけは
自身のスタイルブック
『RIKA』(税別1,400円)
だったと語る

「初のスタイルブックを作るにあたり
新しい自分を表現したいと思い
下着撮影を行ったんです

初めての水着は、美人百花7月号の表紙
この時も恥ずかしさより
どう表現しようといった意識の方が
強かったのを覚えています」

今までにはなかった
下着や水着の撮影も、モデルの軸からは
ブレることなく挑戦している間に
ファン層に広がりが出てきた

下着姿や水着の撮影で露出する
機会が多くなってから
男性ファンの層が急に増えたと言う

男性から見た、バストに関する意見を
聞く機会が増えて、
「新しい発見があります」と
周りからの反応でコンプレックスが
自信に変わり今まで隠していた
バストを新たな武器にした

コンプレックスを持つ女性に対し

コンプレックスは意外と一番の
長所になる可能性を秘めており

背が低い人はそれをカバーする
ポイントが絶対あるはずで
自分を受け入れて、見直おす事で
カバーする術を見つける事が
出来るのではと述べている

%e6%b3%89%ef%bd%82

「ポイントにあったオシャレをすれば
きっと短所が長所に変わるのではと
思っています」

と語っていた

泉 里香 (いずみ・りか)
生年月日  1988年10月11日
出 身 地  京都府生まれ

身  長  166センチ
学  歴  明大文学部英米学科卒

カネボウ「フリープラス」の
CMに出演
今年4月に初スタイルブック
「RIKA」を発売

特  技  着付け
      テナーサックス
      柔軟体操

レギュラー6誌
「美人百花」  (角川春樹事務所)
「steady」(宝島社)
「with」
「VOCE」  (ともに講談社)
「MAQUIA」(集英社)
「美的」    (小学館)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。