ふたご座流星群||冬空の贈り物||毎時40個の流れ星時間や方角は

 

ふたご座流星群2017の観測方法は

 

国立天文台紹介動画

出典:国立天文台

 

 

 

 

瞬きする間に流れて消え去る流星たち
この儚い閃光には
言葉では言い尽くせない魅力がある

普段は、平均して1時間あたり数個の流星を
観ることができるとされるが
毎年決まった時期に活発に活動するものが
「流星群」と呼ばれており

夏のペルセウス座流星群
冬のふたご座流星群や
しぶんぎ座流星群は夜空を駆けていく
流星の姿を楽しむだけでなく
流星の出現を観測したり
デジタルカメラで記録してみるのも面白いだろう

ふたご座流星群は12月14日頃を中心に毎年ほぼ確実に活動している

 

たご座流星群シュミレーション動画

特徴のひとつとして
ほぼ確実に毎年12月14日を
中心に多くの流星が出現する

流星数が多いことから
1月のしぶんぎ座流星群
8月のペルセウス座流星群と共に
「三大流星群」と呼ばれている

夜空の暗い場所で活動が最大の頃に観察すれば
1時間あたり40個以上の流星を
観察することができる

もうひとつの特徴として
夜半前からほぼ一晩中流星が出現することで

三大流星群のうちペルセウス座流星群と
しぶんぎ座流星群はどちらも
夜半から未明の時間帯を中心にしか
流星が出現しないが

ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から
流星が出現し始めるため
家族や恋人と観察しやすい流星群となっている

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ふたご座流星群を観察するために役立つ情報

観察に適した日時

12月13日から14日にかけての夜に
最も多くの流星を観ることが出来るが
その前日と翌日の夜もある程度の数の流星が
出現するようである

2017年のふたご座流星群の「極大」は

《流星群の活動における「極大」とは、観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期をいう》

日本時間の12月14日16時頃と
予想されているが
その時刻はまだ明るくて流星の観察は無理で
日本でふたご座流星群が最も見頃となるのは
14日の0時過ぎ前後の数時間とされる

また、その前日の夜、翌日の夜にもある程度の数の流星を楽しむことができるようである

ただし、いつ雲に覆われるかも知れないし
予想外のタイミングで流星が活発に出現する
可能性もあるとされており
できる限り長い期間と長い時間観察を続けることがそれだけ流星を観るチャンスに繋がるはずである

ふたご座流星群の全活動期間は12月4日頃から
17日頃まで続くとされているが
出現する流星の数は、日時がずれるほど
少なくなってしまうようである

観察に適した時間帯は22時頃から未明まで

放射点の高度が最も高くなるのは午前2時頃で
流星群自体の活動が一定であれば
流星群の放射点の高度が高いほど
多くの流星が出現する

ふたご座流星群の場合
20時頃から流星が出現し始め
しばらく観察を続ければ
いくつかの流星を観ることができるが

しかし、この時間帯は放射点が高くないため
本格的な出現ではなく
22時頃から本格的に流星が現れ始め
未明まで流星の出現が続くとされる

月明かりの影響はない

今年は、12月10日が下弦18日が新月のため
活動が最大に近い期間に月の出ている時間帯が
あるがしかし
新月のためあまり明るくないし姿を見せるのが
明け方近くで流星観察への影響はほとんどない

観察に適した方向と流星の見分け方は
〈空の広い範囲を見渡して観察する〉

流星群の流星はある一点を中心に
放射状に出現する
中心となる点を「放射点」といい
ふたご座流星群の場合は
ふたご座の中で特に明るい2つの星のひとつ
カストルのすぐ近くにある

 

 

 

 

流星は放射点のあるふたご座付近だけに
出現するということではなく
流星は夜空のどこにでも現れる
例えば、放射点とは反対の方向を見ていても
平均すれば、放射点の方向を見たときと同じ数の
流星を観察する事ができるので

放射点の方向にはあまりこだわらず
星空をより広く見渡しているほうが
より多くの流星をとらえられる可能性が高くなる

ふたご座流星群が活動する期間に
ふたご座流星群以外の流星も出現する

ふたご座流星群の流星かどうかは
流星の軌跡を反対の方向にたどり
ふたご座流星群の放射点を通るかどうかで判断

放射点を通らなければ
ふたご座流星群の流星では無く
放射点を通れば
ふたご座流星群の流星である可能性が高いとされる

 

スポンサーリンク

 

 

放射点との位置関係によって
流星の軌跡の長さは違ってくる
放射点近くに出現する流星は
こちらに向かって飛んでいるため
流星の軌跡は短くなり
一方、放射点から離れた方向では
流星の軌跡を横から見ることになるために
長い軌跡の流星が多くなる

観察の際の注意

流星の光は
街灯の明かりなどに比べるととても弱く
街灯など人工の明かりがあると
その明るさに妨げられて暗い流星が見づらくなり
それだけ、見ることのできる流星の数が
少なくなってしまうため
人工の光が届かない場所を選ぶ

望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要なく
肉眼で観察する
望遠鏡や双眼鏡を使うと視野が狭くなってしまうめ
流星の観察には適さない

立ったまま長い時間観察をすると疲れてしまうため
レジャーシートなどを用意して
寝転がったまま観察できるよう準備をする

屋外に出てから暗さに目が慣れるまで
最低でも15分間以上観察を続ける事が大切

夜遅く屋外で行動することになるので
事故などに十分注意する

人家の近くで大声を出したり
立入禁止の場所に入ったりしないよう
マナーを十分守る

冬の寒さから身を守るため、防寒対策を充分にして
風邪などひかない様注意する

長時間の観察に備えて、トイレ場所などの確認も
しておきたい

 

 

 

見える流星の数

〈参照:国立天文台 暦計算室〉

夜空が十分に暗い場所で観察すれば
最も多いときには
1時間当たり40個程度の流星を
観察することができるとされるが

これは夜空が十分に暗い場所で観察した場合が
想定されており
(肉眼で5.5等星まで見えるような場所)
街明かりの中で観察したり
極大ではない時期に観察したりした場合には
観ることのできる流星の数が
何分の1かに減ってしまう

反対に、目の良人や
流星観測の熟練者が観察した場合には
2倍以上の数の流星を観察できることもある

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。