平行線 =4カ国外相会談 / 病院に空爆・ロシア機との見方

イドリブの病院が24日空爆を受る

トルコ・ガジアンテップ(CNN)
シリア北西部イドリブの病院が24日までに空爆を受け
人道支援団体によると、十数人が死亡した
病院の運営者はロシア軍機が爆撃したと主張している

病院近くに着弾した最初の爆撃では負傷者は出なかったが
その後ふたたび機体が接近
活動家によると「ダブルタップ」と呼ばれる攻撃方法で
最初の対応要員が現場に
到着するのを待って同じ場所に再び爆撃を加えられ、死者が出た

人道支援団体「シリア市民防衛団」が撮影したビデオには、2度目の爆撃の直前
支援員が「走れ、飛行機が戻ってきた」と叫ぶ様子が捉えられている

病院を運営する「シリア・アメリカ医療協会」は、空爆を行ったのは

ロシア軍機だとしているが、ロシア側はこれを強く否定
シリアでの軍事作戦において民間人を標的にすることはないとしている

イドリブに近いアレッポやその周辺で病院が標的にされたとの報告は
この1週間で3度目
救急隊が撮影したビデオには、不発のクラスター爆弾とされる物体が写っている

ロシアは22日、クラスター爆弾の使用を否定
アサド政権も過去にクラスター爆弾を使ったとして批判されているが
同政権はこれを否定している

ロシアは9月末、アサド政権のテロとの戦いを支援するとして空爆を開始していた
米国が支援する勢力も含め、さまざまな反政府勢力の支配地域に爆撃を加えているとみられる

シリア会談2

4カ国の外相会談に先立つ2者会談

シリア情勢をめぐる4カ国の外相会談に先立ち
ケリー氏とラブロフ氏が23日会談
ロシアはシリア領内の過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)が
標的だと主張する空爆に踏み切った理由を「アサド政権の要請に基づいて」と
説明したとみられる

一方これらの会談とは別に、ラブロフ氏は23日
ヨルダンのジュデ外相とも会談し
両国軍がシリアでの軍事行動を調整する実務機関を
ヨルダンの首都アンマンに、設置することで合意した
これにより、シリア隣国で親米のヨルダンを切り崩した格好になる
ラブロフ氏は会談後の共同記者会見で
シリア会談
左から、外務トルコの大臣、FeridunSinirlioğlu、米国務長官ジョン・ケリー
外務省のサウジアラビアの大臣アラビアアデルアルJubeirと
ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフ (ウィーンでの会議中の写真)
「2015/10/23AP通信の写真」

「空軍の活動の調整も含まれ、ほかの国もこの機関に参加できる」と述べた
ロシアは既に、ISとの戦いを進めるためだとして、イラクとシリア
イランと情報を共有するための組織をイラクの首都バグダッドに設置している

シリア情勢4者会談 米露の隔たり埋まらず

ロシアの本格介入で内戦が激化する中東のシリア情勢を巡り
米国、ロシア、サウジアラビアトルコの4カ国外相が23日
ウィーンで会談した
シリアのアサド大統領について米国、トルコ、サウジは退任を求めたが
ロシアは反対し、和平プロセスで意見は一致しなかった模様という
ケリー米国務長官は会談後、30日にも再協議するとの見通しを示した
「全ての関係者は戦闘を終わらせ、シリアの政治的移行を
進ませることで合意した」と述べたが、アサド大統領の処遇をめぐる
立場の隔たりは埋まらなかった

アサド氏の処遇で溝、30日にも再協議

ロイター通信によると、会談終了後、アメリカのケリー国務長官は
「協議は建設的だった、30日にも開催される再協議が、幅広いものになる」とも述べ
参加国を広げて来週にも再び協議を行いたい考えを示したが
ロシアとアメリカとの対立は根深く、事態打開の糸口が見いだせるかは不透明
アメリカとして会議の参加者を拡大することに前向きで
イラン、エジプトの他、カタール、ヨルダン、UAE等、更に安保理の
常任理事国(米ロ以外では中国、英、仏)を入れる可能性もある
そうなると、これまで2回開かれた国連主催のジュネーブ会議と余り変わりがなくなり、
今回国連と無関係に4国だけで会合を開いた背景が解らなくなる
その内国際政治の常で、内輪話などが徐々に
出てくるのではないかと言われている

4カ国外相会談で、参加メンバーの拡大を求めたことを明かした
ラブロフ氏は新たな参加国の候補としてイランやエジプトをあげた
ロシアからの報道によると、サウジのジュベイル外相は会談後
アサド大統領の進退に関し4カ国の意見は一致しなかったと明かした
だが、今後も4カ国がシリア問題で協議を続けることでは合意したと説明

ロシア以外の3カ国はアサド大統領退陣を目指して反体制派を支援

ジュベイル氏は「(和平プロセスでの)移行政権でもアサド大統領の
居場所はない」と語り、アサド氏の大統領退任を求めていく姿勢を示した
会談にはほかに、シニルリオール・トルコ外相が参加
米国、サウジ、トルコはシリア和平の実現にアサド大統領の早期退任が
不可欠だとの立場で一致している
3カ国はアサド政権に対抗する反政府勢力のうち自由シリア軍など
「穏健派」と目されるグループへの支援を続けている

米国はロシアのシリア領への空爆がISだけでなく
「穏健派」の反政府勢力にも及んでいるという懸念を持つ

ロシアはアサド大統領の退任に反対

ロシアのプーチン大統領は22日に同国南部ソチでの講演で
「米国の目的はアサド大統領の排除だが、我々の目的はアサド氏がテロに
勝利できるよう助けることだ」と指摘した
アサド政権支持の立場を改めて強調し、米国などをけん制した格好である

ロシアは9月末、シリア領内への空爆を開始
10月20日には、アサド氏がモスクワを訪れ
プーチン大統領と会談した
アサド氏は「悲劇的なシナリオに陥るのを防ぐことができた」などと述べ
ロシアの軍事支援に対する謝意を伝えていた

ロシアは、シリア領内の空爆などでアサド政権の
「後ろ盾」となる姿勢を鮮明にしている
ロシア通信によると、イワノフ露大統領府長官は
「イスラム国」(IS)などのテロ組織と戦う幅広い
有志国連合設立へ向けた「第一歩」となることへの
期待感を表明していたが
プーチン大統領はシリアでの軍事作戦について
「米国の目的はアサド氏の放逐だが
ロシアの目的はテロとの戦い」と明言しており
元々、米露の歩み寄りの余地は少なかったといえる

シリア、ロシア、イラン、イラクの4カ国はシリアへの対応で
情報を共有しているといわれる
イランにとってシリアは地中海へ抜けるルート確保のため重要で
イラクはイランと同様にイスラム教シーア派が政権を主導している
ロシアはシリアに軍事拠点を維持することで
中東での影響力を失うまいとしている

アサド政権のシリア政府軍は従来、ISやほかの
反政府勢力に対して劣勢だった
だが、ロシアの介入拡大や、シリアの同盟国であるイランからの
兵員増派で勢いを盛り返しているといわれる
シリア北部の要衝アレッポなどでは攻勢に転じていると伝えられる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。