藤井四段||叡王戦||深浦九段の粘りに8強逃す 寄せ方間違えた

 

「A級の壁」今回破れず

 

出典:日刊スポーツ/産経新聞

 

将棋界最多の29連勝を達成した
最年少棋士藤井聡太四段は今月15日に
深浦と同じA級の屋敷伸之九段を朝日杯で倒したが
今回はA級の壁にはね返された

 

 

 

 

 

中学生棋士藤井聡太四段(15)が
23日東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた
第3期叡王戦(ドワンゴ主催)の
本戦トーナメント1回戦で

優勢に進めながら持ち時間を使い果たしてから
ミスが出てA級在籍棋士の深浦康市九段(45)に
166手で敗れ公式戦通算10敗目を喫した

 

ベスト8進出はならず
中学生のうちにタイトル戦の番勝負に
出場する可能性はなくなり
公式戦通算成績は54勝10敗となった

 

同日の対局は
王位3期のタイトル獲得実績を持つ強豪
深浦九段で
二転三転の大熱戦となり、
午後3時に始まった対局は
深夜までもつれこんだ

序盤から手探りの局面が続き相居飛車の力戦となり
中盤で藤井四段がペースをつかんだが
深浦九段の持ち前の粘りで逆転勝ちを許した

 

藤井が非公式戦ながら勝利している

 

タイトル獲得3期を誇り
今期も順位戦A級に在籍するトップ棋士深浦とは
今年4月インターネットテレビ局AbemaTV主催の
番組企画として放送された非公式戦

 

「藤井聡太四段 炎の七番勝負 第5局」
で対局し、この時は勝利を収めており
この日も終盤まで優勢を保っていたが
深浦の粘りに合い逆転負けを喫した

 

深浦の攻めると見せては守り
守ると見せては攻める変幻自在の指し回しに
最近の対局の棋譜を取り寄せるなど研究してきたが
局面をひっくり返された

藤井は終局間際、脇息にもたれかかったり
力なく手を指すなど
悔しさをあらわにし
投了を告げるとガックリと肩を落とした



 

叡王戦は今期からタイトル戦に昇格した棋戦
段位別予選を突破した16人の棋士が本戦に出場
今期は決勝を7番勝負として3~5月に実施し
その勝者が初代タイトル保持者となる

 

藤井は28日に大阪市の関西将棋会館で行われる
王座戦予選
対豊川孝弘七段戦が今年最後の対局
高校進学も含め
「何事にもできるだけ全力で取り組む」が
目標の2018年を迎える

 

藤井四段の今後の対局予定

 

12月28日
*豊川孝弘七段王座戦 一次予選4回戦
1月14日
*澤田真吾六段朝日杯 本戦1回戦
1月14日
*永瀬か佐藤(天)朝日杯本戦2回戦
1月19日
*矢倉規広七段名人戦 C級2組順位戦8回戦

注:1月14日の2戦目は1戦目に勝った場合

豊川孝弘七段のデータ

年齢 :50歳
順位戦:C級1組
竜王戦:6組
レート:1478(棋士162人中の114位)
棋風 :居飛車党、横歩取りが苦手

両者は今年1月の棋王戦予選で対戦済みで
角換わりになり
藤井四段が4五桂跳ねからの速攻を決めて快勝
この二人の場合、横歩取りにはならなさそうなので
今回も角換わりか、あるいは矢倉になると思われ
藤井四段の素早い桂跳ねが炸裂しそうである

スポンサーリンク

スポンサーリンク

13時間前
名局賞になって欲しいほどの素晴らしい対局
負けても名を残す、闘を見せていただきありがとうございます。
A級と戦える時点でもすごい、そして150手以上指すその実力
今後の成長や強い先生との対局が本当に楽しみです。
感想戦を経験してもっと強くなって欲しいです

13時間前
それでもまだまだ凄い勝率。

13時間前
166手の大熱戦で大逆転負け!2000点以上評価値に
差がついていたのに終盤で▲6六角のところ、
▲4ニ角〜▲5三桂不成が見えてなかったのか?
角の田楽刺しを食らいながら、また逆転したのに残念。
深浦は△9ニ飛が全く働かず飛車落ち状態だったのによく勝った。
投了の時の藤井くんの悔しがりようったらなかった。
深浦が優しく微笑んで感想戦が始まったところは感動した。
まあこんなこともある。
負けは反省してすぐに忘れて次の対局に集中してほしい。
学生さんと棋士の二刀流は大変だけど…
がんばれ!藤井聡太くん!!

12時間前
棋譜はまだ見ていませんが、そんなんだったんですね。
やはり実力は侮れないものがあるんですね!

12時間前
驚いたのは勝負所で敵陣の7筋~8筋に手を付けたところ。
今そこ?と驚いたが、
コンピュータの評価値は下がるどころか上がっていた
あの辺の感覚は全くもって理解できない。凄い

11時間前
力戦なので評価値はそこまで当てにならんのです。
なんたって深浦ですよ。

10時間前
藤井四段は秒読みになってからミスが増えて一気に苦しくなった
終盤までに持ち時間を相手より一時間も多く使い込んで、
それで勝ちきれなかったのはつらいところ
対して、深浦九段は終盤以降その時間的有利をうまく使って、
しぶとく粘りながら相手のミスを誘い対局を完全に
コントロールしていた
このへんの感覚は経験値の差が出た感じかな

12時間前
やっぱり聡太くんの課題は時間の使い方。
この間の朝日杯では上手に使ってた。
だから松尾さんにも勝てたと思う。
課題はわかってるだろうから、それをいかに克服できるか、
頑張ってください!

13時間前
藤井君のあまりの悔しがり様に、勝った深浦さんも、
部屋全体が静かな感じだった。
勝っても負けても藤井君は魅力があるし、
深浦さんは冷静だなと感じました。
とても良い対局だったと思います。
私はこれからも藤井君を応援します。

12時間前
普段から付き合いのある棋士だから、
子どものように可愛がってくれてたと思う。
勝って申し訳なさそうにしてた深浦さんが、
これまた素敵でした。
聡太、悔しいね、あんな風に脇息にぐったりなんて……
でもこれでまたひとつ経験が積めたのだから。
まだまだこれから、みんな応援してますよ

13時間前
普通に寄せ方間違えたもなにも相手深浦と思う。

13時間前
いやいや深浦さんとか関係なしに完璧に寄せ間違えたよ。
ソフトの評価値は勝勢くらいの点数差がついていた。

11時間前
確かに藤井四段は勝ち筋を逃しました。
ただ、その時点ではほぼ互角でした。
そこから、しっかり勝ちに持って行ったのは
流石粘りの深浦将棋だと私は思いましたよ。

13時間前
途中まで藤井くんが勝利目前だったのが
6六角と悪手を指してしまってから大逆転されてしまった
この叡王戦の予選決勝で
深浦九段の弟子の佐々木大地四段が藤井四段への
詰みを逃して大逆転を許した対局の逆を見ているようだった
これで師匠が見事弟子のかたきを取った形になったね
しかし感想戦を見ると藤井くん6六角が
大悪手だったと見えてないようでしたね
それでは完全に負けと言わざるを得ない
1分将棋になってしまって全てを正解の手を指すことがいかに
無理難題かってことだ
この1手以外はほぼ完ぺきな手を指していたのだから、、、
負けて尚強しの印象の対局だった
残念だがこの悔しさを何度も経験することで将来もっともっと
強くなるだろうね
これで丸1年が終わったわけだが
来年はもっともっと強くなるはずだ
中学生タイトルはなくなったが高校生になって
外見も中身も一段と大きくなることだろう

5時間前
持ち時間の差が大きかったから最終盤危ないなと思っていたら
その通りになってしまった。
さすがの藤井くんもA級相手に
秒読みが続くと悪手を打ってしまうなあ。

13時間前
今後の課題として時間配分があるね。
粘りと受けの信条の深浦さんの面目躍如であったそうな。

13時間前
1回負けただけで批判的なコメントが並ぶのは悲しいですね。
15歳にして、叡王戦本戦にコマを進めている事実を
軽く見ないで欲しいです。
いまだかつてこれほどの中学生棋士がいたでしょうか。
ちなみに、深浦9段は羽生竜王を破って本戦出場を果たしました。
本戦開幕前には、羽生さんを負かした責任がある、
と強い決意を語っていました。
藤井4段には、非公式戦ながら前回負けていたこともあり、
本局にかける意気込みは並々ならぬものだったでしょう。
トップ棋士を本気にさせ、
そしてギリギリまで追い詰めただけでも、
立派ではないですか。
将棋界の未来を担う有力若手棋士の1人です。
温かく見守ってあげましょうよ。

7時間前
深浦九段はA級に在位する一線級のトップ棋士です。
はっきり言って、物凄く強いです。
決して藤井さんが調子を落としてるわけではないと思います。

4時間前
深浦九段を本気にさせた、というのは正しいと思うけど
ギリギリまで追い詰めたというのはどうか。
深浦九段ならあそこからでも何時間でも粘れるけど
藤井四段はもう限界に見えた。
壁は厚いと感じたけど、越えられない壁ではない、
頑張ってほしいね。

13時間前
中学生でこの場でいられるだけでも大したもの。
始まったばかりの長い棋士生活。プレッシャーに負けず、
焦らず頑張ってください。
高校生でのタイトルを期待しています。

5時間前
惜しかった、ほんとうに惜しかった。
途中で藤井の勝利を確信したんだが。
自分の弱点を1つ1つ克服していこう!

5時間前
まだ、中学生
A級と戦ってるだけでも凄すぎる。
将来有望だな。

13時間前
負けた対局でもしびれる将棋の局面は中々ありません。
今回の対局は見ていて人間が将棋を指す勝負する面白さを
リアルタイムで楽しむことができた対局でした。
千日手や持将棋突入といった場面もあったものの、
150手以上での終局まさに死闘でした。
まさに名局 2017年のベスト1と言ってもいいほどの対局です。
藤井先生この悔しさはバネになることだし、
今後の成長含めて対局を見まもりたい
全力で棋士どうしが戦っている純粋な姿に感動しました。
藤井先生、深浦先生お疲れ様でした

12時間前
人間同士が戦う将棋の良さが出ていましたね
勿論悪手もあるけど、そこからの人間模様みたいなものは
とてもコンピュータ将棋にはないもの。
プロ棋士の存在意義のようなものを感じる熱い対局でした

13時間前
粘り強い深浦九段の神髄を見た感じ。
でも、A級棋士をあれだけ追い込んだのだから、
確実に強くなっていますね。
時間がもう少し有れば、結果は分からなかったでしょう。

11時間前
深浦九段も、A級棋士の底力は伊達じゃないですね。
トップクラスの棋士は劣勢でも、
挽回のチャンスを虎視眈々と狙う
しぶとい手をひねり出してくるのがすごい。
途中まで有利だったのをミスでひっくり返された
藤井四段はさぞ悔しい事かと。

5時間前
相手はトップクラス。
長年の経験だけでなく、研究会や下準備、
対局に向けたモチベーションの上げ方等、
勢いだけじゃ勝てない難関です。
粘りと絶対諦めない心の強さが信条の深浦先生なので、
今回の敗戦はとても良い経験になったと思います。
一線級のトップ棋士との対戦が少なく、壁も厚いですが、
まだまだ伸び盛りなので、
一敗にこだわって苦手意識もたないようにして欲しいです。

12時間前
若手対ベテランの企画で若手が圧倒してたからいよいよ
羽生世代も下り坂かと思ってたけど、
やっぱり公式戦は別物なのかな

名無しさん
4時間前
ベテランになるとどうしても体力が衰えてしまい、
全ての棋戦で力を振り絞るのは難しいのかもね。
その代わり経験が積み重なっていくから、力を入れる戦いと、
やや抜く戦いを色々と意識して戦っているのだと思うよ。

4時間前
稽古で胸を貸して実力の程を計ったのだろう
公式戦では白鵬のように張り差しなど姑息な手を使わずに
まさに横綱相撲

9時間前
いや、15歳が深浦さんとそこまでできるだけでも
凄いことだろ笑

4時間前
つくづく将来が楽しみ

4時間前
どんなものでもそうだけど、
一人勝ちし続けられるものでは無いから競技ってのは面白い。
手足を奪われても首取れば逆転できる
ゲームってだから趣があるもんだと思う。
一つの勝ち負けで文句言う人の気持ちはよく分からんが、
まあ、そんな雑音には彼には届かないのだろうね。
これからもゾクゾクする様な対局を期待するよ。本当に。
7時間前
今年は将棋の話がたくさんできて良かったです。
いちばん儲かったのは、、、ひふみんかな?いいなぁ。。。
 
3時間前
ニコ生ずっと応援してました。最後の1分将棋がすべて。
やはり格上のA級の深浦先生は実に冷静でした。
強い相手と戦うことで、強くなるんですよ。
そういう壁となってくださる先生がいることが、
藤井くんには幸運。
まだまだこれから強くなる、そう確信しました!

11時間前
あの差し回しを粘りとは言いたくないなぁ
逆転狙いの時間責めを含めた早差し
意図を読ませないトラップの数々
A級ならではの「勝ち方」じゃないかなぁ

5時間前
時間ぜめ、勝負手などの勝負術は、数々のドラマを生んできた、
人間同士の対局でしか有りえない将棋の大きな魅力です。
それを否定するなら、
あなたはコンピューター将棋でも見てればいいのでは?
深浦九段の差し回しは、これ以上ない最高の「粘り」です。
藤井四段が好きだからといって、
対局相手をクサすような言い方はやめていただきたい。

3時間前
すごいこと。
でも、歳を取るのはあっという間。
スポーツ選手ではそういうのが多いんだけど、
棋士はどうだろうね。
脳の神経回路は日々変化するというけど、
悪い方に変化したら、勝てなくなる。

4時間前
藤井くんフィーバーに乗ってabemaTVやyoutubeで
将棋見るようになった。
アプリで詰将棋やるようになった。
将棋の楽しさを再確認したよ。
今回は負けちゃったけど藤井くんがんばれ!

14時間前
深浦さんがなぜA級にいるかがよく分かる対局だった。
かなり苦しくても諦めず相手のミスを誘発する手を指して
ミスを正確に咎めるのはなかなか出来ることじゃないね。
藤井四段は勝ち筋もあっただけに
反省の多い対局だったしまだA級に勝つのは
簡単ではないなと感じただろうね。

12時間前
深浦先生の粘りはやはり棋界トップクラスですね。

14時間前
A級棋士に良い勉強をさせてもらったという印象
明らかに途中まで藤井有利だったけどそれと
じっさいに勝てるかどうかは別問題。
とはいえ藤井さんも天才ですから二度同じような
ことはしないでしょう。痛い一敗ですがA級の
勝負術を学べたという意味では価値ある対局でした
観ている方もとても面白かったです

14時間前
勝てる筋があったけどA級の流石の勝負術で逆転してたなぁ
藤井四段のああゆう負け方は珍しいけど悔しいだろうなぁ
でもこれでまた強くなるだろうなぁ

14時間前
千日手を回避したところは、おとこ気を感じた。
二転三転の熱戦でした。
持ち時間が早めに無くなってしまったのが、
痛かったかなあ。経験をつんで、
ますます強くなってください。応援してます。

11時間前
今顔の対局は負けたけど見たことも無い局面を徹底的に考えて、
飛車金桂香4枚を遊び駒にするほとんど勝勢にまで
持って行っていた対局姿勢は素晴らしかった。
結果は負けだが藤井四段が弱かったのではなく
深浦九段が強すぎただけ。
思えば羽生二冠は相手の得意戦法に堂々と踏み込んで
更に強くなっていたし、
佐藤会長も若い頃はなんてこと無い局面でも
必死で読んだからこそ誰も考えないような手を指す棋士になった。

藤井四段にも目先の勝ち負けだけに拘らず
より高い次元を目指して欲しい。



13時間前
将棋は対応のゲームなので、
もちろん上位陣にすぐに勝てるわけではない。
でも勝ち進む事で対局のチャンスもあるし、
藤井4段の場合は公式戦以外でも上位の方々と
対戦するチャンスもらえてる訳だし、
周りも短絡的な考えかたせずにスターを育てるつもりで
盛り上げて欲しいね。

12時間前
藤井四段は時間消費と引き換えに展開有利に進めていましたが、
深浦九段の勝負術も冴えていました。
手に汗握る展開で楽しめた対局でした。
深浦九段にはこの先もぜひ勝ち上がって欲しいです。

13時間前
A級に勝つのは並大抵の事ではない。
1試合1試合こなして経験値積んでとことん研究して
強くなって欲しい。
目指せ名人目指せA級。
11時間前
こんな若僧に負けれるかの執念を感じた。
正直、相手はやりずらいなどと言ってられなくなったようのにも
感じる。
数年先にはタイトルをとりそうにも感じた一局
スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。