毒素を出し組織を液状化||高齢者を襲う||人食いバクテリア

「人食いバクテリア」感染にペニシリンが有効!?

 

出典:JNN

 

 

 

 

ありふれた菌だが致死率は約3割
日本では2017年の患者数が493人となり
過去最多になったことが発表された

 

2017年8月米国テキサス州をハリケーン
「ハービー」が襲い
ヒューストンの街は洪水により甚大な被害を受けた

その濁った水の中に
誰知るともなく危険な生きものが潜んでいた
目には見えないその生物は
浸水した自宅で転倒し
腕を骨折した77歳のナンシー・リードさんを攻撃
ほどなくリードさんは亡くなった

犯人はいわゆる「人食いバクテリア」

強力に進化した菌がリードさんの皮下組織に侵入し
筋膜と呼ばれる組織に感染し
みるみるうちに全てを破壊したのである



人食いバクテリアという呼び名は
厳密には正しくはなく
細菌が人の肉を食らうのではなく
毒素を出して、それが組織を液状化させる
医学的には「壊死性筋膜炎」と呼ばれる

米国疾病予防管理センター(CDC)によると
米国では年間およそ1000件の症例が
報告されているが
実際にはもっと多いとも言われている

 

人食いバクテリアの正体

壊死性筋膜炎を引き起こす劇症型の細菌は
数種類おり、なかでも最も一般的なのは
Ǎ群連鎖球菌で実は、私たち身の回りに普通に
存在する菌なのである

人間の喉にもよく生息しており
普段は何の害も及ぼさないが
時に咽頭炎やしょう紅熱を引き起こし
組織を壊死させることもある

2014年に
Ǎ群連鎖球菌のゲノムの塩基配列が決定されると
細菌には過去数十年の間に4段階の変化が起こり
その結果より伝染力の強い病原菌が
生まれたことがわかった

特に、別々のウイルスに2度感染することによって
細菌は病気を引き起こしやすいウイルスの
遺伝子を併せ持つようになった

どのようにして体の中へ入り込むのか

米バンダービルト大学医療センターの
感染症専門医で
連鎖球菌の研究を数十年間続けている
ウィリアム・シャフナー氏は

「ほとんどの場合
どこかに入り口があるはずで
トゲや針先による小さな傷口や
虫刺されの跡も侵入経路になり
細菌はそこから皮膚の下深くまで潜り込む」
と説明している

 

感染症はどのぐらいの速さで広がるのか

シャフナー氏によると
「感染は1時間に2.5センチの速度で拡大し
短時間で敗血症や多臓器不全を引き起こし
およそ3人に1人は死に至る」という

「致死率30%の新興ウイルスが
日本に定着している!」

初期症状は?

主な症状は
体の奥深くで組織が破壊されるため
発熱や表面的な皮膚の変色ではなく
激痛であることが多とされ

「本当にそれとわかる頃には既に大変な
ダメージを受けていることが多いです」
とシャフナー氏は語っている

治療法は?

シャフナー氏によれば

「主な治療法はふたつ
抗生物質を投与することと
手術で細菌を酸素に触れさせることです」
これらの細菌の多くは嫌気性であり
したがって、空気にさらされると死滅する
また、既に壊死したりダメージを受けてしまった
組織も切除して、
傷の回復を助けることが重要である

これらの細菌に一度感染すると、免疫はできるのか

「まさにそれを現在研究中です」とシャフナー氏
第一に、Ǎ群連鎖球菌の中でも特に
壊死性筋膜炎を引き起こしやすいタイプが
あるのかどうかを特定しなければならない
それから、感染症を発症した患者を調べ
遺伝子が関係しているかどうかを明らかにする

「咽頭炎にかかる人は多いですが
深刻な疾患に発展する患者はまれです
Ǎ群連鎖球菌に感染した場合に
重篤化しやすい遺伝的な要素を持った人々が
いるのでしょうか
まだ答えは見つかっていません」

 

ワクチンの研究は進められているのか

「『はい』とも言えるし
『いいえ』とも言えます」とシャフナー氏
壊死性筋膜炎の原因となる全ての菌に有効な
ワクチンは存在しないが
今のところ抗生物質やペニシリンが有効とされる

Ǎ群連鎖球菌全般に効くワクチンは現在研究中で
Ǎ群連鎖球菌はリウマチ熱など数多くの疾患を
引き起こすため
もし、広範に対応できるワクチンが開発されれば
人食いバクテリアに感染した患者をもっと多く
救うことができるようになるだろうと語っている

「人食いバクテリア」とも呼ばれる
「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の
2017年の患者数が
過去最多になったことが発表された

劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、主に
「A群溶血性レンサ球菌」という細菌に
感染することで引き起こされ
手足の筋肉が急激に壊死し
多臓器不全などになることがあり
致死率は30%にのぼる

国立感染症研究所によると
2011年以降は、200人前後だったが
2014年268人、15年に415人と患者数が急増
今年の患者の数は11月26日までで
493人にのぼり
調査を始めた1999年以降で最多となった

患者数の多くは認知症で、60代以上の患者数が
7割近くを占めているのが特徴とされる

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は
「溶血性レンサ球菌」という細菌に感染することで引き起こされる

この細菌の中には、主に子どもに感染して
のどに炎症を起こすことで知られているものもあり実は、
決して特別な菌ではないのである

ただ、例外的に劇症化した「人食いバクテリア」は
一気に症状が進行
感染すると、全身に細菌が回り

手足の筋肉が急激に壊死するほか
多臓器不全になることも
手足にある傷口から菌が入り込む可能性が
考えられているが
なぜ症状がひどくなるのかはわかっていない

今年6月、42歳で亡くなった
プロ野球・西武の森慎二コーチも
溶連菌の感染による多臓器不全であった

 

東京女子医科大学 菊池賢教授は

「(初期症状は)だいたい足が多くそこが腫れる
最初は赤くなってきて腫れてきて熱が出る
そこからだんだん色が紫色になってくる
となるとちょっと危ないですね

腫れがどんどん上に上がってくる
それが時間単位で上がってくる」

と語る

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

10時間前
発生区域、経路や年代も報道してほしいなぁ。
バクテリアだと予防出来ないのかな。

8時間前
菌自体はごくありふれたもの。
しかし免疫力が低下した体で感染するとヤバい。

8時間前
日本は清潔で水が豊富なため、
予防医学の大切さを理解していない人が多い。
そのためワクチン陰謀説などを信じる人も少なくない。
人食いバクテリアとは別だけど、
破傷風ワクチンの事も知らない人が沢山いる。
自家菜園など趣味で行う人は
破傷風ワクチンを打てば破傷風を予防できますよ。
土いじりをする人はぜひ打ってください。

8時間前
温かくしてみかん食いまくれば大丈夫?
8時間前
海や山、どこにでもいる
ちょっとした傷から感染
ペットに噛まれて感染した例もある

8時間前
>バクテリアだと予防出来ないのかな。
できるさ。
そもそもこのバクテリアは、
突然変異で最近生まれたわけではない。
昔からいるありふれたバクテリア。
なのに、最近、感染し。
死にいたる人が増えているのは、
むこう(バクテリア)じゃなく、
こっち(人間)に原因があるのさ。
原因が知りたければ、
食品スーパーなんかに行って、
最近の人々がどんなものを買って食べているかを観察してみな。
野菜や肉を「素材」で買う人なんか数えるほどしかいない。
ほとんどの人が化学調味料てんこ盛りの惣菜や加工食品、
それに菓子やパンの類しか買わない。
あんなジャンクフードを食べていたら、
そりゃ、未病(まだ病気じゃないが、体調がすぐれない)って
状態になり、
バクテリア等に対する抵抗力も弱まるさ。
だから、最近になって感染者が急増しているのさ、
世界的にな。
つまり、
予防策は、食生活を健全な状態に戻すってことよ。

7時間前
数年前は25才以上の女性が多かったけどね、
今はどうなんだろう

7時間前
この病気は足の傷から感染するケースがほとんど。
たとえば靴擦れで水膨れが出来たり転んで足を怪我したり。
こんなありふれた怪我が一定の時間と症状を経たのち発熱、
その後は時間単位で死に近づく。(←ネットで調べた)
最初はちょっとした怪我なので病院に行くのが遅れ、
それが死亡率の高さになるのかも。
①足などを怪我する②患部の腫れや変色③発熱(全身に回る)、
の順なので②の段階で病院へGO!

7時間前
劇症タイプはなんでも怖い。
手術するそばから紫色に変色した患部が拡がって行ってしまう。
脚をとるか命をとるか、みたいなことになるらしい。
その辺に普通にいる常在菌をなめてはいけない。
破傷風とかも。小さい傷口も。
6時間前
>だいたい足が多いですけども、そこが腫れる
ヤバイ、真ん中の足が腫れてきた。
私はもう助からないかも~(-_-;)
6時間前
昔アンビリーバボーで見て怖かった病気
6時間前
どこかの学校のトイレを素手で洗わせる教育とかあったけど
もし子供の手に傷があったらバクテリアどころか一発で
病原菌に感染するよね?教育する側は
人様の子供預かるんだからもっとよく考えて欲しいんだわ。

8時間前
何度か報道で取り上げられる度に、
「その菌はどこにいるのか?どんな人がかかるのか?
予防法は?」というコメントが多数出る。
症状が酷く致死率が高いので気持ちは分かるが、
冷静に「A群溶血性レンサ球菌」について
調べてみるといいと思う。
未知の菌、最近発生した菌ではない。
いわゆる喉風邪やおできを発症させるような、
無症状でも常に皮膚や喉に保菌してる人も大勢いる
実にありふれた危険性の少ない菌だ。
それがごく稀に劇症化するのだが、劇症化する、
しないの差が不明な点のみが不気味なだけ。
感染者増加、最多と言うのも、
あくまで「特定された人数」についてのことであって、
これまでにも同程度発生してたかもしれないが、
この菌による劇症化症状だと分からなかっただけという
可能性も大いにある。
劇症化すると進行速度が非常に速いのは確かだが、
不治の病でもない。予防法もいわゆる喉風邪菌なのだから、
最善策は何のことはない手洗いうがい。

7時間前
傷口感染があるから、
夏場の海水浴は虫刺されや傷がある人は
気をつけるようにって何かで見ました

7時間前
これに関しては手洗いうがいはあまり意味ないと思う
海水にいる菌が傷口から入ってなるのが
代表例なんじゃないかな
だから傷ができないようにするのがいいと思う

7時間前
別にコメント書いたけど、私はとげに刺して感染しました。
出血もしなかったので洗い流せなかったのかなと思ってます。
小さな傷から、手術までして微妙に障害が残ってしまいました。
とにかくけがしたらきちんと洗ってくださいね!
7時間前
肝臓がかなり悪いと劇症化しやすいと医者が言ってたような。
血糖コントロールが悪いとかもやばそうだよね。
空腹時300以上行ってるのに気付かず放置とかたまにいるからな。
あとは重度の甲状腺機能低下症も危ないかもしれない。

7時間前
最近、怪我した時に消毒をしない方が治りが早いから、
と洗うだけにする処置が主流になっていると
聞いたことがあるけど、
傷口からの菌の進入が感染源なら、
この処置方法は良くないんじゃ…

7時間前
調べてみると、
・劇症型溶血性レンサ球菌の感染は傷口から
・劇症化する前のA群溶血性レンサ球菌は飛沫・接触感染する
・A群溶血性レンサ球菌はそこいらにある
・劇症化するメカニズムは不明
となるので、傷口のケアも、手洗いうがいも、
どちらも必要かと思います。
6時間前
人食いバクテリアは一種類だけではないから、
もう一つの菌と混同してる人がいる気がする。。
もう一つの菌はビブリオ属の菌で、
こっちが海水から傷口に入る菌。
溶連菌の方はごくありふれた菌。
件数が多いというよりは認知されるように
なったからかなって気がします。
6時間前
今思わず手の爪の根元にできたさかむけにオロナインを塗って
絆創膏を貼ったw
8時間前
これに感染したとしてどの段階で救急車を呼べばいいのだろう?
もし感染でなかった場合、
足の一部が腫れただけで救急車を呼んでしまうことになる。
患部が紫色になって感染が広がる段階で呼べば
足の切断は避けられないだろうし。
進行スピードが速いだけに難しい。。。。

8時間前
進行スピードが速いといっても
やばいと思うタイミングぐらいはわかるだろ?
この時期はおかしいなって思ったら風邪と思っても
インフルエンザの可能性もあるんだし動けるうちに
素直に病院に行きなさい

 
8時間前
近くの町医者程度じゃ病名はっきりしなくて
「一晩様子見ましょう」とか言われてる内に
手遅れになるんじゃないかという心配もある
8時間前
やっかいなのはこの菌は常在菌で
俗に言う風邪の1割位がこの菌の仲間が原因
最近はむやみに抗生剤を出さずに風邪薬を出して
様子見てねってなって
普通はそれで数日で回復する
医者にかかった後でも体のどこかに痛みと腫れが出てきたら
すみやかに感染症内科医のいる病院に電話して
状況を説明の上受診の指示をもらうのが適切かと思います
7時間前
自分で動けるなら、救急車呼ぶより、
家族に運転してもらって自分で行ったた方が早いですよ。
いきなり押しかけるのではなく、まず救急当番の病院に電話連絡。
症状からして人食いバクテリアのように見えるので、今から行くのですぐに診て貰いたいと伝える。
電話で症状を伝えて、
医師が人食いバクテリアの疑いが強いと判断すれば、病院に行けばすぐ診てもらえる。
動けるのに救急車呼ぶと、救急車の到着待ち10分程度→患者の乗車とバイタルサインズの測定、症状聴取で10分程度→病院探しで15分程度、病院まで搬送で10分程度かかってあまり早くない。
足がもう腫れ上がって歩けないとか、
意識朦朧して動けないとかでなければ、あらかじめ救急外来にアポして自分で行った方が良い。
7時間前
救急車を呼ぶべきか迷った時は
救急相談センター「#7119」にダイヤルを!
7時間前
大事なのは気が付いた時点で病院へ行くのであって、
最寄病院への所要時間を考えたら、救急車を呼ぶかどうかなんて迷っている間に行くべし。
6時間前
そもそも「救急車を呼ぶのは悪」という風潮がおかしい。
本当にヤバかったら呼ぶべし。
もちろん自分で病院行けそうなら呼ばないに越したことはないが。

6時間前
>救急相談センター「#7119」
実はまだそんなに普及してないんですよ
(実施済団体:7団体)
東京都、大阪府、奈良県、福岡県、札幌市周辺、
横浜市、田辺市周辺
(本年度中実施予定団体:3団体)
宮城県、埼玉県、神戸市

8時間前
3年ほど前に罹患しました。
日曜日の夜に高熱が出て、インフルエンザを疑い、
まずは家族と離れて休みました。
翌朝、熱が下がらないので自宅近くの内科に行くと、
手に負えないからということで、
地域の中核病院に連携していただき、即入院しました。
その頃には、私の場合、左腕上肢が腫れ上がっていました。
翌朝にはまず切開してドレナージュを開始、以降、
切開手術と24時間点滴(ペニシリンなど。
4週続きました)などで、最終的に6週間の入院となりました。
とにかく初動が全てだと思います。お陰様で死なず、
上肢切断や麻痺もなく、過ごしています
(リハビリは大変でしたが)。特に都市部の方は、
信頼できるかかりつけ医を持つことをお勧めします。

7時間前
治療、大変でしたね、ところで何をしたら罹患したのですか?
湖や沼で泳いだとか?嫁に言えないお遊びをしたとか?
でもソッチからならオネエチャンもそのような
病気のはずですよね?火を通さない肉?
珍しい爬虫類を食べたとか?
何をして感染したのですか?

7時間前
大変でしたね、
助かって良かったです。
7時間前
コメントくださった方々へ。まず、記載したのは全て事実です。
原因は分かりません。何か思い当たることもありません。
当時、かなり疲弊していたので、
抵抗力は落ちていたと思います。それも一因でしょう。
なお、私は妻子持ちで、至って品行方正に生きております。
変な遊びをすることもありません。
原因などがはっきりせず、かつその辺にいる溶連菌なので、
却って厄介なのかもしれないですね。

7時間前
本当に生還されてよかったです。
貴重な証言をいただきありがとうございます。

7時間前
私も5年前に罹患し、自宅近くの総合病院では病名が分からず、
最終的には3次救急の大学病院に運ばれ、
手足の切断もなく事なきを得ました。
感染経路は、大学病院入院時いろいろ検査をしましたが、
結局わかりませんでした。
私の場合は1次、2次救急でわからないから
高次の救急に運んでもらったのと、
大学病院で前年に同じ病気で運ばれた人に
施した治療法があったために助かったと思っています。

7時間前
温暖化が進むにつれへんてこな病が増えそう。
一番の懸念はヤブ医者に「まあ風邪のひきはじめでしょうね。
家で様子を見てください」なんて言われちゃうことかな?
風邪のひきはじめに見えるものはたくさんありそう。
マラリアの蚊なんか日本に来ないでねえ。
あいつらパスポートなしで飛行機乗れるから。

9時間前
西武の森コーチはまだ若くて体力もあるのに
急死しちゃったよね
発症するかしないかは事実上運次第っぽいのが怖いね

9時間前
ある臓器に疾患のある人だと聞いたことがある。
体力だけじゃないが、
はっきりした事はお近くのかかりつけ医に聞いて

7時間前
運でかかるかどうかが決まっちゃうなら、
対処法なんかないんじゃないかな〜〜台風の後に
大怪我してその傷口から感染した老婆が
アメリカにいたみたいだけど、
台風でケガした人全員が感染している感じじゃないですよね

8時間前
もっと感染対策や予防法の情報が欲しいな

7時間前
「9割以上は高齢者で、肝硬変もしくは重度糖尿病」
若い合併症なしなかたは極めてまれなんですね。
毎日規則正しく暮らしていれば大丈夫なんだね。良かった。
詳しい報道しないのはなぜなんだろう?

7時間前
詳しい報道はテレビやラジオの報道じゃないと
この手のニュースサイトは字数等が決まっているので
なかなか詳しい記事は難しいんじゃない?

7時間前
>「9割以上は高齢者で、肝硬変もしくは重度糖尿病」
>若い合併症なしなかたは極めてまれなんですね。
毎日規則正し>く暮らしていれば大丈夫なんだね。
良かった。
>詳しい報道しないのはなぜなんだろう?
これを読んで勘違いする人が出てきたり、
「結果が独り歩きする」のは嫌だけどね。

8時間前
壊死した脚を切除していたら、
手術の間にもう片方の脚も壊死が進んでて、
医者が切る脚を間違えたかと思ったほど進行が早いって
昔テレビで見たな。
後、妊婦だと感染から24時間以内に亡くなることもあるとか。
衝撃的すぎてよく覚えてるわ。

8時間前
でも医者が気づかなかったらアウトだよな(;゜Д゜)
6時間前
テレビで観たのはアメリカ在住の男性がジムで
トレーニング後にシャワールームで感染した様です。
原因は足の裏にあった傷口からだそうです。
6時間前
自分が見たのはアメリカ人がアメリカの湖で泳いだら
感染したって
奴だった。
8時間前
母は、足の一部が腫れただけでした。
10年ほど前、母親が「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と
診断されました。
その時は、本人は風邪と言ってたので2日程家で療養してました。今ほど「人食いバクテリア」のことも報道されてませんし、
知識は全くありませんでした。ただ高熱(40℃)が下がらず、
自分でトイレに行けず、意識もなくなりかけ、
普通の風邪ではないんじゃないかと、
救急車を呼んだのが、発熱から40時間くらいたった頃でした。
報道にあるような足の腫れは、
救急車を呼んだ時は見ておりませんが、
膝に痛みがあった程度のようです。
昔膝に水がたまるようなことがあったみたいで、
そこが少し赤くなってる程度でした。
後に膿を取る手術を受けました。
どのタイミングで救急車を呼ぶのかは、
難しいと思いますが、母の場合は、
目に見えて足等が腫れたり、
赤や紫になることはなかったので、
普段と様子が違ったりしたら呼んでもいいかもです。

7時間前
普段、ほとんど病気にはかからない人です。
大きいケガも小さいケガもしていませんでした。
その時は、一緒に住んでる保育園児の子供が
溶連菌にかかっていました。
なので、感染経路はそこかな?と思いますが、
それも憶測です。
保育園児の溶連菌が感染元だったとして、
なぜ劇症化したのか・・・
医師に聞いても感染経路も、
劇症化の理由もわかりませんでした。

7時間前
溶連菌、コレによく感染する子がいますよね!
わたしの子どもは小児科の予約方法を忘れるほど
病気をしなかったのですけど、
よく幼稚園を欠席する子がこの溶連菌に感染することが多くて、
リンパ足の付け根が腫れるのだそうです。
溶連菌が外部から侵入して劇症化したのだったら
大変なことでしたね、完治してよかったです



4時間前
疲れや何かで免疫が下がっていると
劇症化しやすいのだと思います。
普段元気な人は無理をしてしまいがちですから・・・

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。