少年ら13人洞窟脱出に3つの選択肢いずれ も難題救出時期不明

 

『タイ洞窟脱出』いずれも難題…知事「救出時期は言えない

 

 

 

 

 

出典:毎日新聞/産経新聞/西日本新聞

 

 

 

 

 

 

タイ北部チェンライ県の洞窟内で地元サッカーチームの少年ら13人が
行方不明になって10日目に無事発見されたが
ナロンサク県知事は4日
救出時期の見通しは立たないと述べた
13人が脱出するには三つの選択肢があるが
いずれも難題が待ち受けている

 

「救出時期は言えない」
「状況を見ないと分からない」

 

4日に記者会見した知事は苦しい表情でこう繰り返した
13人は発見されたものの
洞窟入り口から約5キロ奥の空洞にとどまったままで
洞窟は乾期には歩いて入ることが可能だが
雨期(7~10月)は水で満たされてしまう

 

少年たち13人が脱出する選択肢の一つとして浮上しているのが
潜水して脱出する方法だが

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、リスクは非常に高い
少年らは衰弱した体で
水が濁って視界もゼロになるためプロでも容易ではない
迷路のように狭い空間を通り
少なくとも2・5キロ以上泳ぐ必要があるが
タイの子どもたちは一般的に学校で水泳を習う慣習はなく
泳ぐことが出来ない

 

救助作業に当たった潜水士は
「少年らは泳げない。水面から顔を出して移動できるまで待つ方が得策だ」

と話す

少年ら、潜水士の指導受ける

少年らは現在、潜水士の指導を受
潜水マスクを着けて呼吸の方法などの訓練を始めているが
しかし

「100パーセント、安全が確保できない限り、実行はできない」

(タイ海軍特殊部隊幹部)との声は根強い

一方、救助当局が最優先しているのが排水作業である
数十本のポンプを洞窟内に入れて水をくみ出し
脱出路をつくるのが狙いで

当局者は

「専門家と水脈を調査した
1日当たり10トンの雨水の流入を防げるだろう」

と、洞窟周辺の二つの小川をせき止洞窟への水の流入を阻止する作業も
進めているが今のところうまくいってはいない

現在、少年たちが待つ小さな空洞と外界を行き来するには
水浸しの洞窟に潜り、泳いで移動するしかなく
なかには狭い通路もある

 



 

 

スポンサーリンク

天候次第で水位が再び上昇する可能性もあり
この洞窟の元管理者は

「8月にはモンスーンの大雨で現在より水位が上がるだろう」

と警告する

排水作業は成功までに

「数カ月かかる」

との指摘もあり少年達はその間
高温多湿の洞窟内にとどまることになり
食料や水があっても感染症や精神的ダメージのリスクが付きまとう

プラユット首相は4日、記者団に

「地上から直接(13人がいる場所に)穴を掘るという選択肢もある」

と述べたが
迅速に救出できるという利点はあるが

洞窟のある山は急斜面で森林がうっそうと生い茂げっており
13人の捜索段階で山腹を掘削した大学教授は地元メディアに

「掘削機械の運搬は難しく、石灰岩の岩盤は壊れやすい
それでも要請があれば動けるようスタンバイしている」

と話したが
掘削地点の特定は難しく今だ確認出来ていない

タイ洞窟の少年たち、潜水救助はなぜ難しいのか

潜って脱出するか
水が引くまで待つか

有望な選択肢は2つ

その一つが

少年たちに洞窟潜水の技術を教えたうえで
救助隊員とともに泳いで脱出する

それともう一つが

雨期が終わり洞窟から水が引くまで、4カ月ほど待機する

どちらの選択肢も重大な課題がある

少年たちがその場にとどまった場合
たとえ光源や食料が足りていても
感染症や負傷、精神的ダメージのリスクがあると
米ニューヨーク・タイムズ紙は伝えている

一方、潜水を選択した場合
少年たちの経験不足や疲労が原因で
安全に脱出できない可能性が付きまとう

洞窟潜水の経験がある
ナショナル ジオグラフィック写真家の
カーステン・ペーター氏は

洞窟潜水は最高の条件がそろっていても難しいが
今回は視界が悪く通路も狭いため特に危険だと指摘

救助隊員が少年の体を押したり、引いたりしながら
1人ずつ脱出させるが何か問題が生じた場合
救助隊員と少年が離れてしまう恐れがあるという

洞窟内には、非常に狭い箇所がいくつもあるため
チーム全員が一緒に移動できない可能性が高く
救助隊員が行き来しながら
1人または数人ずつ安全な場所へと運ぶことになるが

洞窟内を移動すると
そのたびに水が濁って視界が悪くなってしい
洞窟潜水ではよくある問題だと言う

視界の問題だけでなく、移動そのものの問題もある
閉鎖環境では、ダイバーは水面に浮上するのが難しく
体をくねらせながら、狭い場所をすり抜けることがある
そのようなケースでは、酸素ボンベを外し
自分より先あるいは後に通過させなければならない場面も出てくるだろう

さらに、少年たちがどれくらい救助に耐えられるかは
少年たちの健康状態にも左右される

「子供たちはとても衰弱していると聞いています」

とペーター氏は話す

「彼らは10日近く何も食べていません
気力で何とかしているようですが
とても弱々しく、立つこともままならない状態だと思います」

体の健康と同じくらい、少年たちの精神状態も重要

水浸しの洞窟を移動している最中、恐怖に支配されパニックに陥ったら
自身と救助隊員を危険にさらすことになる

「チームメンバーには泳いだ経験すらない子もいるでしょう」

とペーター氏は指摘する

「私は精神的な要素がとても大きいと思っています
もし潜水に慣れていて、周囲を信頼していたら
おそらく大した問題は生じないでしょう

一方、水を恐れていたら
パニックが大問題に発展することもあります

パニックに陥ると、呼吸が荒くなり
酸素ボンベが長く持ちません
パニックが救助隊員に危険をもたらす可能性もあります」

そして、時間も重要な要素である

ペーター氏によれば、洞窟のある地域では
今後数日間に再び雨が降ると予想されており
救助中に水位が上昇するかもしれない

「上流と下流どちらに移動するのか私は知りませんが
さらに雨が降った場合大きな問題になるでしょう」

1日前
チリの炭鉱落盤事故を思い出した
皆で励まし合って頑張れ

1日前
水抜き困難ならチリ救出のように地上岩盤ボーリング
試みることはどうなんでしょうか?
4か月間の雨季を待つのは賢明でない気がしますね
ましては少年たちを潜らせるのはリスクが高いかな?・・
発見されたのだから絶対生きて帰ってきてほしい。

1日前
どうやって医師を連れて行くの?
医師を連れていけるなら
子どもたち連れてこれない?
それともダイバー資格有りの医師がくるのかな???

1日前
狭いんでしょ、多分。
洞窟のなかなんてプロのダイバーでも危ない場所があると思うよ。
生きてるとしても、既に危険な状態だろうな…可哀相に。
せめて食料品が届いたら、体力も持つかも…

1日前
全員無事って聞いて。
とにかく嬉しかった。まだ課題は膨大だけど、がんばって。

1日前
他コメに、『縦穴掘削して救出カプセルで』というようなのがあったけれど、
水中をそのまま潜らせて引っ張れるカプセル方式は不可能なのかな?
軽くなってしまった少年が収まる位の大きさなら、
水中の狭い部分も通るのでは?と楽観しちゃうけれども、無理?
狭窄部に対応できる柔軟素材の筒型ジップロックみたいなのは?
宇宙でも暮らせる現代、
その技術をこういう人命救助の場でこそ応用できたらいいのに。
世界中を心配させ迷惑もかける冒険になっちゃったけれど、
九死に一生を得てそれを活かせる人に成れたらいいですね。

1日前
日本の企業もいい宣伝になるだろうから、
技術がある会社が名乗り出て何とか救う手立てか見つかればいいのに。
日本なんて温泉掘ったり得意だし子供で細いから掘削で何とかならないのだろうか、、、

1日前
体力消耗した子供が潜水するのは危険すぎないかな。
排水ポンプを増やせないのだろうか。
莫大な燃料代がかかるといっても10数名の生命には
かえられないでしょう。

1日前
その金どうすんだ?日本国内と違うんだぞ。
場をわきまえて、意見しろ。

1日前
1時間1000トン程度なら燃料代はどうって事ない
現在の水量を見る限り1時間に100トン程度
問題は奥の水深が深い所で、
酸欠の危険があるのでエンジンポンプが使えない可能性が高いのと雨季の大雨
外に発電機を置いて電源ケーブルを5km引っ張るってのもなぁ

1日前
ディーゼルエンジンの排水ポンプ持ち込めないから
外から電線引いて電動の排水ポンプ使うしかないけど
洞窟の中が複雑だしどこまで排水ポンプ持っていけるかが問題
5キロも外からの圧力で吸い出すのは不可能だから居場所特定で゛
来てるのだから上から救助用の竪穴掘削して
救出カプセルで避難させた方が早いのでは

1日前
人口の洞窟じゃないから穴を掘るのは危険すぎる。

 
1日前
そうだよね……数名の命にどれだけお金がかけられるか…家族が金持ちなら、
糸目はつけない!とか行けそうだけど。
国がそんなに裕福じゃないし、技術も拙いんだろな…

1日前
日本ではテレビ番組がお宝探しに池やらお堀の水を抜いていますが、
洞窟の中では使えないんですかね

1日前
命は金で…道徳的にはその通りだと思うが
『莫大な費用』は下手したら13人が一生働いても払えない金額だとしたら
本当に金より命がとは思えん

1日前
外国だからそういうこと言えるけど
日本だったらこの13人の子供はすごい叩かれてそうだよね笑
救出にかかった税金は親が払え!だとか
そんな後先考えずに洞窟入ったガキなんていっそ死ねばいい!とか
日本ってそういう国

1日前
安倍さんお願いします!トランプさんに働きかけて
共同でお金を出資するべきだと思います。

1日前
映像ではもうテキトーなとこに垂れ流してるように見えるが

1日前
日本ってそういう国…ホンマそう思う。

1日前
人命は大切だが一人あたり億単位の費用がかかると言われている。

1日前
国際的に報道されてるから政府はやるでしょ。
寄付金も集まりそうな事故だし。

1日前
全世界がこの救出劇に注目し、心待ちにしている
世界のテレビ局は救出劇をドキュメンタリー番組っぽくして
その放送権の代わりに救出費用を肩代わりしてあげて欲しい。

1日前
確かに日本だと自己責任論で、酷い罵りをしそうですね…

1日前
4インチのポンプでも5.5キロワット程度の電気がいる。
それでも揚程は30メートルくらい
アップダウンが激しいと厳しそう
高圧モーターを持ち込めるかんじもない
電線は100メートルで5ボルトは落ちます
200メートルもすれば電圧降下で使い物になりません

1日前
高圧の発電機とぶっとい電線で8インチならかなりの排水量だけど
そもそもポンプがでか過ぎて人力じゃ持ち込めないよなぁ
300キロはある。

1日前
エンジンポンプは強力ですが、換気の問題がありますからね。
洞窟なんかで使ったら一酸化炭素中毒で死んでしまう。

1日前
雨期なのであれば、その地域全体の水位が低下しないと
洞窟だけ排水しても、至る所からから水が流入し続けるから
無理なんでしょうね。

1日前
雨季だから水を排出してもどんどん入ってくるって言ってたし、
ポンプ増やしても追いつかないんでしょう。
かといって4ヶ月も待てないだろうから、
水や食料送りながら
命綱代わりのロープを張って現場を整えてからの潜水での救出が一番現実的と思うな。

1日前
ポンプで排水すれば、しただけ周辺からいくらでも水が流れ込んでくるんだろね
福島でも苦労している。

1日前
まだ雨季って言っていたので排水しても直ぐに又たまってしまうのかな。
早く外に出て家族と顔を合わせお腹いっぱい食べて欲しいですね!
本当に生きて良かった!!

1日前
先ずは食べ物で体力の回復を最優先でしょ
でも雨期って事は状況が悪化する可能性も無い訳では無い
体力の回復具合や天候に配慮して一刻も早く全員無事に救出されることを願う

1日前
クレイジージャニーで洞窟探検家の話やってた時に
洞窟内での潜水の難しさを説明してたの思い出した。
濁って前は見えない、焦って暴れると更に泥で視界は悪くなり、
ボンベは岩にひっかかる。
素人が冷静にできることじゃないなと思った。
どうか無事に脱出して欲しいです。

1日前
想像しただけで恐ろしいな。

1日前
雨季の終わりを待つのは危険すぎる。
本人たちは直ぐにでも助けてくれると期待しているから、
”長く待つ”は本人達にとって絶望しかなく、
急激に危険な状態なる可能性がある。
やはり、体力が無くなっている子供から1人づつ時間を掛けて
ゆっくりと水の中を潜水させて救出する方法が一番可能性があり現実的だと思う。

1日前
体力の無くなった子供に暗闇で潜水させたら死ぬぞ

1日前
スキューバダイビングのボンベとかも、
普段使わないのにいきなり消耗した子供が上手く呼吸できるのかも、疑問。

1日前
日本の掘削技術とか使えないのだろうか、、、
在日特権の人たちに使う費用とか無駄にばら撒いてるを使って国際協力したらいいのに。

1日前
取り敢えずお腹いっぱい食べさせて欲しい

1日前
腹いっぱい食べれば、排せつ物も増える。

1日前
助かってよかったと思ったら、まだ生存かわ確認されただけなのね。

1日前
真っ暗な中で10日間もよく頑張ったな。なんとか全員救助されてほしい。

1日前
アメリカなら解決後に映画化しそう。

1日前
燃料代にばくだいなお金がかかると記事にありましたが
寄付を集めたり出来ないのでしょうか
早く助け出されるといいですね。

1日前
莫大なお金がかかるとは書いてないですよ
莫大な燃料、日本みたいに何処でも燃料が手に入る場所ではないから、
おそらく村民全てが使う何年分もの燃料がかかってしまうんじゃないかな

1日前
絶対救ってあげてください

1日前
体力の問題もあるから、早く潜水で脱出させるのがいいと思う。

1日前
シーウォーカーって使えないのかな?

1日前
装備がデカくなって通れないんじゃね?

1日前
何とか無事に助かって欲しい。

1日前
潜水なんて簡単だろって思っちゃうけど
(じゃなきゃダイビング体験は成立しない)、
視界の問題とかいろいろあんのかな。それを教えてほしい

1日前
障害物だらけの狭い暗闇で、濁水なのでライトつけても視程ゼロ。
海とは条件が違う。

1日前
国外のプロダイバーが呼ばれ、
そのスペシャリストですら途中に酸素ボンベや食料などの中継点を
いくつも作らないといけない場所だと考えると、
潜水するにはかなり怖い場所なんだと思う
もともと潜水不要の場所なんだから、
あちこち岩も尖っていそうだし…

1日前
更に海外では学校で水泳の授業が無くて泳いだことすらない人も多い。
タイはどうか知らんけど。

1日前
朝のニュースで、プロのダイバーでも数時間かかるコースなんだそうですね。
泳ぎの件も含め確かに無茶があるみたいですね

1日前
視界は悪くてもトンネルだから案内ロープを通してそれを頼りに進むしかない。
日本の学校プールも連絡船の遭難事故で多数の児童犠牲者が出てから普及してきた。

1日前
昨日は救助されたと勘違いしてるコメントが多すぎた。
またメディアもさも救助されたような報道の仕方だった。
とりあえずの無事は喜ぶべきだけど大変なのは今から。
掘れない水を減らせない自力で出るのも困難。
排泄物をどう処理してるのかも気なる。

1日前
無事に発見出来たが、洞窟はかなり険しい場所なんだよなぁ。
周辺諸国や国際機関が協力して排水を進めるって出来ないかな。

1日前
閉鎖されたタンクではないから排水しても周辺から
いくらでも水が流れ込んでくるんだろね。福島でも苦労している。



1日前
地上に降った大量の雨が地面にしみ込み、
洞窟内の壁という壁から大量の水が常に染み出してくるだろうから、
なかなか厳しい。

1日前
もう救助されてると思ってた
焦って事態が悪くなるよりは慎重に脱出させてほしい

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。