シールズ||安保法と辺野古は同根||民主主義否定する暴挙

SEALDs、辺野古埋め立てに抗議「民主主義を否定」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画で
政府が同県名護市辺野古の埋め立て本体工事に着手したことを受け
安全保障関連法制に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらが6日
東京都内で会見し、「地方自治の原則をないがしろにし、民主主義を否定する暴挙」とする
抗議声明を発表した

会見には沖縄や関西で活動するグループのメンバーもあわせて4人が出席
東北、東海のグループを含め計5団体による抗議声明を発表した
来週末に各地で抗議集会を開くなど、今後は沖縄の基地問題にも本格的に取り組むという

SEALDs

沖縄出身で国際基督教大4年の元山仁士郎さん(23)は
「政府の一連の強硬な手続きは、憲法の理念を脅かしているという意味で
特定秘密保護法や安保法制と同根の問題」と批判
沖縄県の名桜大(沖縄県名護市)3年の玉城愛さん(21)は
「沖縄だけの問題ではない
民意が政治に反映されないことがいかにおかしいことなのか
日本に住んでいる人たちで考えていきたい」と話した

13、14日には辺野古のほか、東京、神戸、名古屋の4カ所で抗議集会を開く
関西学院大3年の大野至さん(23)は
「反対の声を可視化して国民的議論にしていく必要がある」と訴えた

スポンサーリンク

「民主主義否定する暴挙」 シールズ、辺野古で抗議声明

声明文は翁長雄志知事による埋め立て承認の取り消しに対して沖縄防衛局が
「一般私人」の立場と同等だとして審査請求と
執行停止申し立てを国土交通省に提出したことについて
「国家の専横から国民の権利利益を守るための制度である
行政不服審査法の恣意(しい)的な乱用」と強く批判
米軍による土地接収が続けられてきた沖縄の歴史に触れ、新基地建設について
「沖縄の長い平和のための闘いを踏みにじるものであり
日米安全保障のための負担を沖縄に今後も押し付けるという
国家からの宣言であるとさえ言える」と難じた
記者会見には県内団体「シールズ琉球」から玉城愛さん
元山仁士郎さんが参加
玉城さんは辺野古のゲート前で過剰な警備により
けが人が出ている現状などを報告し「新基地建設は沖縄県だけの問題ではなくて
日本、世界の人たちの命を奪いかねないきっかけとなる
みんなで考えるべき問題ではないか」と訴えた
シールズは13日から全国各地で街宣運動を実施し
辺野古新基地建設反対を訴える考え

>【抗議文】

辺野古新基地建設をめぐる一連の政治的手続きに関する抗議声明

沖縄・辺野古の新基地建設工事が再開されました
2015年10月13日に翁長雄志沖縄県知事が行った
辺野古沿岸部における公有水面埋め立て承認の取り消しに対し
その翌日、沖縄防衛局は行政不服審査法に基づき
国土交通大臣に対し審査請求をするとともに
執行停止措置の申し立てをしました
そして10月27日、国土交通大臣が執行停止を命じたのが
新基地建設工事再開の根拠となっています
しかしこの審査請求は、沖縄防衛局という国家の一機関が
「一般私人」を名乗りながら、同じく国の行政機関である
国土交通大臣に宛てたものです
これは国家の専横から国民の権利利益を守るための制度である
行政不服審査法の恣意(しい)的な乱用であり
すでに多くの行政法学者から批判の声明が出ている通り
法治国家にもとる行為です
さらに、今回の埋め立て承認取り消しを行った翁長知事は
党派や思想信条を超えた「オール沖縄」のもと
「新基地は造らせない」ことを公約とし沖縄県民の
圧倒的支持をうけて当選しました
その知事の措置を国家がこのような不公正な手段をもって
斥(しりぞ)けるということは、憲法の掲げる
地方自治の原則を蔑(ないがし)ろにするものであるとともに

民主主義の根幹を否定する暴挙です
沖縄は、これまでも構造的な差別と言う現状のなかにありました
国土面積のわずか0・6%の小さな島に在日米軍専用施設の
74%が集中するなど、日米同盟の過剰な負担を負わされています
また、不平等だと指摘されている日米地位協定もいまだに改正されておらず
米軍・軍属による事件・事故は解決されないままです
一方、住民を含む凄惨(せいさん)な犠牲を出した沖縄戦
米軍による土地接収である「銃剣とブルドーザー」などを経た沖縄では
反基地・反戦運動が非暴力を通じて行われてきました
今回の新基地建設工事の再開は、こうした沖縄の長い平和のための
闘いを踏みにじるものであり、日米安全保障のための負担を
沖縄に今後も押しつけるという、国家からの宣言であるとさえ言えるでしょう
辺野古での新基地建設をめぐる日本政府の横暴は
沖縄だけにとどまらない、日本全体の問題です
今なお国会を通じて沖縄に過剰な基地負担を強いているのは
紛れもなく「日本」に生きる私たち自身です。そして

特定秘密保護法や安保法制の整備といった
安倍政権のもとに行われている政治が、この国の自由と民主主義
そして平和主義を著しく傷つけるものであったことからも
沖縄の直面している問題が全国の人々にとって決して
他人事でないことは明らかです
沖縄がこの国に問うものは、この国の憲法の理念であり
この国の政治であり、「日本」に生きる私たちの行動です
私たちはこの国の自由と民主主義を守るという立場から
今回の辺野古埋め立てに関する一連の政府の手続きに反対します
そして、辺野古新基地建設工事の中止を求めるとともに
このような暴挙を粛々と進める現政権へNOを突きつけます
2015年11月6日
SEALDs
SEALDs KANSAI
SEALDs TOHOKU
SEALDs RYUKYU
SEALDs TOKAI
   (10月6日琉球新報より)

わきたつ普天間基地移設

1972年に沖縄は日本に返還されたが
沖縄県につくられたアメリカ軍の基地はそのまま維持することとなった
というのも、沖縄県の基地は軍事的に重要だったからである

ところが、1995年アメリカ軍の兵士が、小学生の女の子に
乱暴を働いた、「少女暴行事件」が起こる

この事件で特に問題だったのが、犯人がアメリカの兵士であったために
犯人を逮捕して、事情を聴くことができなかったことである
日米地位協定で、日本にいるアメリカの兵士は現行犯でなければ
裁判の手続きを始めるまで、身柄を拘束することができないのである

この事件をきっかけに、沖縄ではアメリカ軍の
基地の移設を訴える声が高まってきた中で

取りざたされたのが、普天間基地で、この基地は周りが市街地であり
「世界で最も危険な基地」とも呼ばれている

基地が人の多いところにあれば、アメリカ軍人が
沖縄県の人たちと接する機会も多くなり、事件の発生も増え
さらに、小学校の上空を軍用ヘリが飛ぶなど、事故がおきれば
大変なことになるのは目に見えている

辺野古への移設

ただ、普天間の基地をなくすとしても、戦略的に重要だから沖縄に
基地が居座るので、基地をなくしてはい終わり、というわけにはいかない

そこで、普天間の基地の機能をどこかに移動させようと
オーストラリアなどの国外に移動する案や、沖縄県以外の日本に移動させる
案などたくさんの案がでた
しかし、沖縄の戦略的な重要性を考えると、やはり沖縄に
移設するしかないというのが、今のところの結論のようである

辺野古

普天間基地と辺野古

そして、基地を移設しようとしている場所が、辺野古です
辺野古には、キャンプシュワブと呼ばれる米軍基地があり
それを拡張する形で普天間基地を辺野古に移設しようとしている

しかし、この普天間基地の移設問題は、政権与党や沖縄の県知事、そして
各都市の市長などに影響される部分が多く、このまま素直に
移設されるのかどうかは、未知数なところが多いのが現状である
 

「政府は説明責任を果たすべき」 

翁長知事、国交相に公開質問状を送付

翁長雄志知事は6日午前、県庁で記者会見を開き、名護市辺野古の埋め立て
承認取り消しをめぐる政府の対応についての公開質問状を
石井啓一国土交通相に送ったと発表した
合わせて、取り消しを無効化する代執行手続きで石井国交相が求めた
是正勧告を拒否する文書も送った と発表

公開質問状では、沖縄防衛局の「私人」の立場を認めた上で知事の取り消しの
効力停止を決定しながら、地方自治法に基づく代執行手続きでは防衛局を
「国の機関」と位置づけていることに対し
「都合に応じて立場を使い分けるもので強く非難される」と指摘
5項目について国交相の見解をあらためて問う内容になっている。

辺野古2

翁長知事は会見で「政府は通り一遍の言葉ではなく
国民、県民に明確に説明責任を果たすべきである」と強調
公開質問状という形で国の考え方をただすことで、県の主張との違いを
県民に分かりやすく伝えるとともに、安全保障の問題を
国民全体で共有するよう働き掛ける狙いがある

是正勧告の拒否について、翁長知事は「第三者委員会の検討結果を
精査した結果、瑕疵(かし)があると認め、取り消した
取り消しは適法で勧告に従うことはできない」と語った

国交相は週明けにも是正指示を出し、指示に従わなければ月内にも
高等裁判所へ提訴する見通し

スポンサーリンク

スポンサーリンク

翁長知事は指示にも応じない考えを示す一方、高裁での自らの意見陳述には
「あらゆる手段で新基地建設を阻止するつもりだ」と述べるにとどまり
具体的に明言しなかった

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。