改憲隠し||に終始して論戦避ける首相と自民

憲法G
<こちら動画もご視聴お願いします>

改正案の発議に必要な3分の2以上の
多数を占めてしまう勢い

世論調査によると
自民党を中心とする憲法改正派の勢力が
改正案の発議に必要な3分の2以上の
多数を占めてしまいそうで
今後国の針路を左右することになる
参院選の投開票が10日に迫った

参院選で「改憲勢力」が
3分の2の議席を占めると
衆参ともに憲法改正を発議する
条件が整ってしまう

そういった意味で改憲の是非が極めて
重要な争点のはずだと思うのだが

しかし与野党や候補者同士の論戦は
まったく聞く事が出来ない
国民の意見が大きく分かれるテーマこそ
選挙戦で議論を深めるべきなのに
全く論戦になっていない

それは、選挙戦に突入した途端
安倍首相が改憲論議を
封印してしまったからである

2013年の参院選では
アベノミクスを前面に押し出し
その後、特定秘密保護法を成立させた

消費税増税を先送りした
2014年の総選挙の後は
集団的自衛権の行使を可能にする
安全保障関連法を強行採決した

スポンサーリンク

読売新聞は
かねてより改憲を求めているが
「これだけ注目されている以上
自民党は、なぜ改正すべきか
きちんと説明するのが筋だ」と表明

朝日新聞は
「首相は国会中の雄弁と
打って変わって口をつぐむ」
「争点隠しの意図があるなら不誠実と
言わざるを得ない」と批判

産経新聞も
政府寄りの新聞で知られているが
「首相自ら改正点を国民に提示するのが筋だ」との
記事を掲載した

毎日新聞が6月23日の社説で
取り上げていたテレビの
党首討論番組が選挙期間中に
行われ無くなった一件も改憲論議を
避けていると見られても仕方がない

各党党首が勢ぞろいするテレビでの
討論番組は公示後に今までは
組まれていたが
今回は番組が公示前に殆ど終了してしまい、
自民党側からの要請と言う事で
公示後は、24日の1番組のみで
終ってしまった

投票日が近づく中での討論を
どうして避けるのだろうか

自民党は公示前に大半の討論番組を
終えた点について
「期日前投票の前に議論を
終えておく必要がある」との理由を
挙げているが

産経新聞は「意味不明だ」と手厳しい
社説を載せていた

憲法のみならず、EUの離脱問題で
世界の経済市場が混乱し
円安と株高を頼りにしてきた
アベノミクスも打撃を受けており

情勢が、刻々と変化していて、討論の
必要に迫られているいると思うのだが

有権者が聞きたいのは
政治家が一方的に訴える
選挙演説だけではないはずである

テレビに限らず、各党首や各選挙区での
候補者同士の
本音の討論が聞きたいのである

今回の参院選で初めて
選挙権を得た18、19歳だけでなく
我々有権者は投票する際の判断材料を
得る機会が非常に少ないのである

結局、選挙への関心は高まらず
低投票率になるのではないかと
危惧する声が聞こえてくる

この選挙の争点は「安倍政治」

憲法D

今度の参院選で何が問われているのか
どうして論戦がされないのだろうか

首相は選挙戦に突入すると「経済」
一辺倒としてしまうのが
今までの常とう手段である

安倍政権は特定秘密保護法や
安全保障関連法など
不利な材料は、選挙では一切語らず
選挙に勝てば政策すべてが
白紙委任されたとばかりに
合意形成の努力を怠り数の力で
押し切る手法を続けてきた

参院選最大のテーマは従来に増して
憲法改正の行方に直結する参院選である

改憲について
安倍首相は年頭の会見で
「参院選でしっかり訴えていく
訴えを通じて国民的な議論を
深めていきたい」と語っていた

先の通常国会でも
「私の在任中に憲法改正を
成し遂げたい」と
強い意欲を見せていたが

にもかかわらず、選挙戦に突入すると
改憲について、口をつぐんでしまい
どの項目から改正するのか
考え方も明らかにしない

安倍首相は
自身のアベノミクスの成果を訴え
「最大のテーマは経済政策」と
強調するのみである

選挙期間中は有権者の
反発を招きそうなテーマの争点化を避け
選挙に勝利すると
数の力で押し通す政治手法を
繰り返してきた

結果次第で改憲に乗り出すのは
目に見えている

憲法改正は安倍首相の悲願であり
公示直前のインターネット番組の
党首討論会で

「参院選の結果を受けどの条文を
変えていくか
条文の中身をどのように考えていくかについて
議論を進めていきたい」と語っているが

選挙後にどの条文を変えるのかを
提示するというのであれば
有権者に投票の判断材料を示さず
選挙後の「白紙委任」を
突き付けるもので
これは一寸おかしいのではないか

選挙4

改憲の行方は国の将来のあり方を
決めるものであり
選挙後に改憲を進めるのは
あってはならない事である

選挙戦術なのか、改憲論議を封印して
有権者をないがしろにした
「争点隠し」と言わざるを得ない

2016年7月10日の参院選
「改憲]「争点隠し」に
だまされないで投票したい

<7月5日の毎日新聞オピニオン
社説を読み解くの記事を流用した>

スポンサーリンク

スポンサーリンク

<こちら動画もご視聴お願いします>

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。