媚びないのにチャーミング|夏目三久|が毒舌タレントに愛されるわけ

独特の魅力で人気”夏目三久”

朝の情報番組「あさチャン!」「真相報道バンキシャ!」等で
活躍するフリーアナウンサー夏目三久
確かな実力と美しさ、そして他のアナウンサーとは違う
独特の魅力で人気を集めている

夏目A

そんな彼女の人気を不動のものにしたとされるのが
芸能界きっての毒舌キャラのお2人が出演する
「マツコ&有吉の怒り新党」

芸能界の2大毒舌王「マツコ・デラックス」と
「有吉弘行」と共演
2人の”口撃”を毎週のように浴びているが
笑顔での切り返しの見事さには感服する

日本を代表する毒舌タレント2人に支持され
そのほかにも報道番組やドラマに出演したり
声優に挑戦するなど活躍の場を広げている

スポンサーリンク

夏目三久の父親は上場企業の社長

夏目三久の父親・夏目三法さんは
「ホットポット」(現イー・ガーディアン)の創業者
イー・ガーディアンが東証マザーズに上場する時に
夏目三久は2万4000株(上場前保有比率1.71%)を
保有したとの噂もある

夏目三久の学生時代は文武両道と言い表せる
中・高校時代は新体操をやっていて、京都大会で個人6位、団体3位

英語の高校生スピーチ大会では最優秀賞を受賞
都内難関国立大学出身の才女である

東京外国語大学時代はフラメンコ部に所属
発表会のために週に4回練習に参加し部活一筋だった模様

東京フルマラソンに参加したこともあるなどスポーツも
得意という活発な一面も持っているが
性格に関しては、かなり気が強いとのことである

デザイナーも絶賛

夏目といえば、ベリーショート×アシンメトリーの
ヘアスタイルがいまやトレンドマーク

女子アナウンサーというと、男性目線を意識した
コンサバファッションが主流だが
そんな中”女子アナらしくない”
自由に自分のハイセンスファッションを楽しむ
デザイナーも絶賛する珍しいタイプの女子アナウンサーである

夏目三久は、ちょいエロトークで年商3億

フリー女子アナの価値と勝負の分かれ目
女優やモデルほど美しくもないし、お笑い芸人のようになにか
面白いことをしゃべるわけでもない
局アナは、安く使えるからと言う理由で起用されるからまだわかるが
フリーは高額な出演料が発生する

一部女性誌は、夏目の現在のギャラを
「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)のギャラは1本60万円
「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)が30万円
「夏目と右腕」(テレビ朝日系)が20万円
帯番組の「あさチャン!」は100万円はくだらないと試算している

「ほかにもイベントやMCのギャラ、親族が彼女の代わりに
運用している株も含めると資産10億円とも言われています」

(週刊誌記)

週刊誌のフリー女子アナの年収ランキングなどを見ても
どういう基準で仕事の量が決まるか理解できない
評価基準がわからないから
女性視聴者は女子アナを嫌うのではないか
そこで「フリーアナウンサーの勝ち負けの基準」を改めて見てみる

女子アナの定年は30歳から35歳へシフト

現在、フリー女子アナのツートップは夏目三久と高島彩で
現状、パッとしないのが西尾由佳理と小林麻耶と言われている
この勝ち負けはどうやって決まるのか

情報番組のディレクターはこう説明している

とにかく女子アナは人材が不足しています
最近の女性視聴者は自意識が高いので、女子アナが生意気そうだったり
男に媚びる印象を与えたりするとすぐにチャンネルを変えてしまう
つまり、鼻につくことがなく、かつ、華がある人が求められるという

では、夏目はどうなるのか

夏目三久は、元々日テレのアイドルアナだったのに
例のコンドーム事件で干されて退社したという経緯があり
局アナ時代に消費されていない事があげられる

ポテンシャルがあるし、例の事件がハングリー精神となって
モチベーションが高く、私生活ではスポーツジム以外には
あまり外に出ない、ストイックな生活を送っている

男から見ると夏目三久は上品で清楚

夏目は朝の帯番組のMCを含め現在4本のレギュラーをもっていて
出演料は3億円とも報道されている
半分が本人の手に渡るとしても1億円は下らない状況である

夏目をテレビで見ない日はない状態で
彼女には例の事件以降はスキャンダルもないし
現場から悪い評判も聞こえてこない

『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で
「飲食店で食べ物に髪の毛などの異物が入っていたら
クレームをつけるか」という話題の時に
「こういう仕事をしているので言わない」という旨のコメントしていた

夏目B

学生時代は自己主張が強い性格だったと言われているが
現在はそれを押し殺しキャリアに邁進している

しかし、その夏目も過渡期に突入している
彼女がフリーアナウンサーとしてブレイクしたきっかけは
『マツコ&有吉の怒り新党』だ
男性視聴者から見ると夏目は「清楚」「上品」に映るそうで
その彼女が有吉弘行にいじられるのが受けているといわれる

「マツコ&有吉の怒り新党」が始まった当初は
有吉弘行さんやマツコ・デラックスさんに挨拶に行っていたようですが
しばらくしたら挨拶しなくなったと、この話が番組の中で出てきて
「なぜ挨拶しなくなったの」と聞かれて
夏目三久は「面倒になったから」とハッキリ答えたようで

高飛車なキャラを演じているのか、本心なのかわからないが
文武両道で、裕福な実家で育ち、
かなり気が強くなっている様に思える

夏目は有吉からブラジャーが見えると指摘された話を自ら振ったり
『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で
ピラティスの説明をするときに
「女性がおトイレを我慢するときに力を入れるところ」と表現したりと
男性からすると、ちょいエロなトークがうまいが
女性視聴者が見ると別に面白いものではないと思える

実際、それは数字にも表れているという

夏目三久が今MCをしている朝の帯番組『あさチャン!』(TBS系)は
視聴率が伸び悩んでいるという

この時間帯の情報番組を見ているのは30代以上の女性が中心で
その層に支持されてないのではという声もある

しかし、一時の劣勢を見事に跳ね返した経験のある彼女ですから
必ずや何らかの打開策を見いだして盛り返してくるとは思うのだが

夏目三久:普段は大ざっぱ・プライベートな一面を明かす

フリーアナウンサーの夏目三久が10月からMCを務める
新バラエティー番組「ヤーヌス」(テレビ朝日)の会見で

二律背反の象徴とされ、ローマ神話に登場する前後に2つの顔を持つ神
ヤーヌスにちなみ“ヤーヌスなこと”について聞かれた夏目は
「この質問は絶対にされる質問でしたね
何も用意していませんでした難しい」と
困惑気味で、しばらく考えながら「仕事は細かいですが
私生活は人にお見せできないくらい大ざっぱです」と
世間のイメージとは異なる一面を告白した

会見には共演のピエール瀧さんも参加
夏目さんは、大ざっぱと言いつつも具体的に聞かれると
「そもそも私のパブリックイメージがよくわからないのですが
どんな感じですか?」と
困り気味に逆質問すると瀧さんは
「部屋の中は白いソファ、その横にサイドテーブル
銀の花瓶……雑誌が床に散乱してない感じ」と大ざっぱとは
真逆のイメージを伝えると、夏目さんは全て当たっていると回答し
イメージとは結局変わらない様子だった

瀧さんは「多分そういう部屋でたこ焼き器とか使ってたら
意外な一面なんじゃない」とアドバイスすると
夏目さんは「じゃあもうそれでいいです」と笑い
ピエールさんに「人がついた嘘に便乗するなよ」とつっこまれていた
最後は「これ以上勘弁していただいてよろしいですか」と
難しい質問に苦笑いしていた

新番組「ヤーヌス」

フリーアナウンサーの夏目三久と、テクノバンド・電気グルーヴの
メンバーで俳優のピエール瀧が初共演するテレビ朝日系新番組
『ヤーヌス』(毎週土曜 深1:15~1:45※一部地域を除く)が
10月17日スタートした

番組名の「ヤーヌス」は、ローマ神話に登場する出入り口と扉の神
前後に2つの顔を持っていることから、二律背反の象徴とされる
そこから転じ、番組では「笑えるはず“なのに”悲しい」
「かわいいはず“なのに”怖い」といった
二律背反の要素を奇跡的なバランスで擁する“ヤーヌスな話”を
世界各地から集めて紹介
専門家の見解も交えながら、それぞれの話題について夏目と瀧が
“おしゃべり”する

夏目と瀧は、テレビ初共演どころか、このほど都内で行われた
初回収録が初対面
それ“なのに”、フリートークでも会話が途切れることなく
軽妙な掛け合いを繰り広げた

収録後、夏目は「瀧さんが初めてお会いしたとは思えない
安心感で包んでくださったので
逆にリラックスしすぎて大丈夫かなと思うほどでした
もっともっと呼吸が合っていければいいな、と思います」とニッコリ

対する瀧も「番組でメインの席に座ることがあまりないので
初回収録ではちょっと違和感もありましたけど
楽しくやることができました
夏目さんのおかげです これからも楽しくやっていけそうだな
という予感がしています」と、満足げな表情を浮かべていた

さらに、ミニコーナーとして展開していく「合唱曲
“なのに”歌詞が怖い」といった“ヤーヌスな曲”を紹介する
「なのにミュージック」が、なかなか面白いものになりそうで
初回収録で紹介されたネタに二人とも大爆笑
ミニコーナー“なのに” 番組の看板になりそうな
ポテンシャルを感じさせていた

スキャンダル写真流出

「流出」すれば人気は急降下するのが芸能界の常だが
唯一、奇跡の復活をとげたのが美女夏目三久である
日テレの入社3年目で「サガミオリジナルを持ってニッコリ」の
画像が見つかった夏目三久である
ちなみに「サガミオリジナル」とは、薄さ0.02ミリ(当時)の
究極の“ゴム製品”である

夏目G

夏目さん最大のスキャンダル写真の相手が、広告代理店の御曹司で
2009年7月FLASHによって、御曹司と映っている写真や
夏目さんがコンドームを持っている写真が掲載された

実はこの時に交際していた男性は夏目三久ともう一人の女性に
二股をかけており
そのスキャンダル写真がFLASHに渡ったのは
彼が二股をかけていたというもう1人の女性が
写真を売った為に流出したのが真相である

この一緒に写っている画像が問題になり
日テレの、エース候補と言われながら夏目は
ほとんど女子アナとしての仕事をさせてもらえず
日本テレビでイジメに遭っていたという噂もあり
結果的に退社するまでに追い込まれてしまい、11年に退社

フリー転向後に再び快進撃を重ね、現在は「あさチャン!」(TBS系)の
メイン司会など多数のレギュラーを獲得している

しかし「いまだに番組の打ち合わせでは
スタッフが気を遣っているようで
野球の話題で『今度、ドームで』とか、美容の話で
『スキンケア』はNGワードだなんてウワサも流れています」
(スポーツ紙放送記者)

朝の情報番組ジリ貧

朝の情報番組ではジリ貧の夏目三久
低迷するTBS「あさチャン!」

昨年3月末の放送開始当時は高視聴率でスタートを切った
「あさチャン!」だが
やがて関東地区では2~3%台をウロウロするようになり
上昇気配を感を感じさせないという

清宮フィーバーに沸いた夏の甲子園では
同番組スタッフが取材禁止区域でインタビューをしたことが
TBSへの取材証取り上げ処分に発展

さらにはスタッフによる「トイレ盗撮未遂」も発覚
信じられないトラブル続きで
打ち切りはもはや避けられない状況となっていたという

それでも視聴率がソコソコ取れていれば
スタッフも「巻き返そう」と前向きになれるが
相変わらずの低空飛行では、いかんともし難い

「やっぱり全体の士気も下がってきてるとという事で
やっているスタッフは踏んだり蹴ったりという気持ちでしょうね」
(制作会社ディレクター)

だが、この士気の低さは「夏目の言動にも原因がある」と指摘される
スタート時は高視聴率を願って願掛けや酒断ちをしていたといわれた夏目
そんな姿勢も好感を呼んでいたが…

「放送終了後の毎度の反省会には当然、夏目さんも出てくるんですが
『今日はどうでした』とか感想を求めても
『特にないです』との答えしか返ってこないんだとか
あの企画はイマイチだったとか、あのVTRは良かったねとか
批判もなければ、ほめることもしない
頑張って映像を撮ってきたスタッフにすれば、ガッカリでしょうね
とにかく淡々としているんだそうです」とは別の制作会社関係者

そのため「夏目さんのためにも、しっかりやろう」
なんて意識は芽生えにくいという

夏目D

あさチャンリニューアル

夏目三久がメインキャスターを務める朝の情報番組「あさチャン」(TBS系)
9月28日にリニューアルされた
今まで一斉に出演していたアナウンサー陣の配置変換が行われ

「本来なら、ここまで朝の顔として数字を引っ張ってこれない
夏目を切りたいのですが、いまだに上層部が同じ事務所に所属する
堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』の続編を諦めていないため
夏目を切ればその夢も遠のくわけで
いわば人質として夏目を使い続けなければならないんです」
(あるテレビ局関係者)

「夏目さんがメインなのは変わらないが
石井大裕アナが、サブMCを務めることになり
それ以外のアナウンサーはコーナーでの出演になり
石井さんより先輩の藤森祥平、山本匠晃アナを差し置いての抜擢だが
彼らはニュースなどをしっかり伝えられるから適材適所と言う事か

石井アナはTBSの番組CMにも出演するなど今や局イチオシ

テニスプレーヤー時代の師匠である松岡修造さんと同じく熱血ぶりがウリで
朝から熱い石井さんと、それを冷静に受け止める
夏目さんとのやり取りが面白いと評判になっている」という(芸能関係者)

しかし、今回のリニューアルに男性ファンからは、溜め息が漏れているという
それは宇垣美里アナが天気予報とエンタメコーナーの担当になったことだ
前出の芸能関係者が続ける

「宇垣さんはその巨大なバストが何度も話題になっています
番組冒頭で必ず深いお辞儀をするので、胸元が見える時もあった
それが、天気予報では外なのでジャケットを着ていて
当然胸元は見えませんし、エンタメコーナーの時は引きで撮っているため
バストの大きさもわかりづらい
宇垣アナは美人でスタイルがいいだけでなく
努力家で、アナウンス技術には定評があります
出演回数を減らしたのは
局が、彼女の実力を認めているという証拠ですよ」

朝から艶やかな宇垣アナを楽しみにしていたオッサン連中が
チャンネルを変えなければよいのだが

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本名      ☆夏目 三久(なつめ みく)
出 身 地    ☆大阪府箕面市
生年月日   ☆1984年8月6日
血 液 型    ☆O型
最終学歴    ☆東京外国語大学外国語学部
       (ベトナム語専攻)
事 務 所    ☆田辺エージェンシー
職 歴    ☆日本テレビ放送網
        編成局アナウンス部
活動期間    ☆2007年 – 2011年1月(日本テレビ)
        ☆2011年4月 –
ジャンル    ☆情報番組・バラエティ

出典: http://m.sponichi.co.jp

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。