雪崩発生は予見できた||計画変更事前準備なし||県警体制不備捜査

 

 

県教委も3つの謎検証作業へ

 

出典:産経新聞/毎日新聞

 

 

栃木県那須町のスキー場付近で
県立大田原高山岳部の生徒ら8人が
ラッセル訓練中に死亡した雪崩事故で
県警の捜査が本格化した

 

 

 

主催者の県高校体育連盟の登山専門部が
予定の登山が悪天候でできなかった場合の
訓練計画を事前に作成しておらず
講師として記載のない教諭にラッセル訓練の
先頭班を引率させていたとされる

また、国有林の管理元に入林届を
出していなかったことも判明

県警捜査1課などは3月31日
雪崩に対する危機意識の欠如や
管理体制の不備があったとみて

業務上過失致死容疑で事故後初めて
同校を家宅捜索して実施要項などの
関係書類を押収したとみられる

業務上過失致死容疑での立件に向け
今後の捜査でポイントとなるのは
講習会の責任者らが雪崩をどの程度
予期できたかという「予見可能性」とされるが

その解明に向けて
いくつかの謎が残されている
県教委も第三者による検証委員会を設置
4月上旬にも検証作業を開始するとしている

県高体連登山専門部の関係者によると
今回の訓練は春山安全登山講習会と題し
3月25~27日の日程で県内7校が参加して開催された

茶臼岳登山が予定された前日の26日に
雪崩注意報が出されたことなどをふまえ
翌朝に委員長を含む引率教諭3人が協議し登山を中止してラッセル訓練に変更した

実施要項は講習会前に作られたが
「荒天でない限り茶臼岳まで往復」とのみ
記され代替訓練の記載はなかった

代替のラッセル訓練は
ルートも事前に決めないまま
引率者任せで行われていたとされ
しかも、同専門部はラッセル訓練に当たり
力量に応じて生徒らを5班に編成したが

先頭で深雪をかきわけることから
十分な経験が必要とされた「1班」に
登山歴の浅い同校教諭の
毛塚優甫さん(29)=し亡=を配置したが
実施要項の講師欄に毛塚さんの
名前はなかったとされる

現場付近の国有林を管理する
林野庁塩那森林管理署によると
事故現場一帯は雪崩危険箇所として
栃木県に通知されていたが
県高体連のような団体が国有林に入る際に
必要な入林届は以前から未提出だった

管理署幹部は
「事前に(ラッセル訓練の)計画があったら
相談してほしかった入林届が出ていれば
雪崩の注意喚起もできた」と悔しがる



スキー場へもトイレの使用しか申請されておらず

講習会前に雪崩が原因で一部ゲレンデが
封鎖された事実も伝わらなかった

登山の中止を決めた後誰が
雪の中を歩く「ラッセル訓練」を提案したのか

「2人と相談した
誰が提案したか特定するのには自信がない」
講習会の責任者だった猪瀬修一氏は
3月29日の記者会見でそう述べている

猪瀬氏は事故当時スキー場から車で
2、3分の本部にいた
相談した2人とは
猪瀬氏よりも登山歴の長い副委員長の
菅又久雄氏と前委員長渡辺浩典氏である

猪瀬氏の説明によれば
2人と携帯電話でやり取りする中で
「ラッセル訓練ならできるよね」とまとまったが
ただ、3人のうち誰が訓練を提案したかは
具体的に判明していない

見解の食い違い

訓練場所について
「絶対安全」と強調する猪瀬氏に対し
「典型的な雪崩発生地形」と指摘する
専門家もおり見解が異なる点も不可解である

現地調査を行った
「日本雪崩ネットワーク」の
出川あずさ理事(56)は
「この斜面は傾斜30度以上で風を
遮るものがなく樹木が少ないといった
雪崩の条件がそろっている」としている

山のベテランである猪瀬氏らと
専門家でなぜ認識が百八十度異なるのか
出川氏は「(北側の斜面を)危険だと
認識できたのであれば
上部の急斜面も危険だと認識できたと
するのが自然だ」と語っているのだが

無線機使用は

なぜ救助要請に無線機が使われなかったのか
解明されていない
生徒を引率していた教員が本部に駆けつけて救助要請が行われており
事故発生から約50分も経過している

栃木県内のある山岳部顧問によると
県高体連の登山部行事では引率教諭が
1人1台ずつ無線機を持つといい

「山中で連絡を取り合うときは通常
無線機を使う」としており
今回の訓練でも、引率した教員は
無線機を持っていたというが
猪瀬氏の元に無線連絡はなかったとされる

だが、猪瀬氏は雪崩発生から30分後の
午前9時ごろに10分程度無線機を
車内に放置していたことを明かしているが

空白の10分間に連絡があったのか

捜査や調査機関による
実態の解明が求められている

「絶対安全との認識だった」

栃木県立大田原高校の生徒と教諭計8人が犠牲となった雪崩事故後
29日に初めて会見した同高山岳部顧問で
県高等学校体育連盟登山専門部の
猪瀬修一専門委員長は声を詰まらせながら

「違う判断をしていればこんなことに
ならなかった」と悔やむ様子もみせたが
連絡を取り合う無線機を車に
一時放置するなど
危機管理に対する認識の甘さも露呈した

登山を中止しながら
雪をかき分けて進む「ラッセル」訓練を
実施した責任を問われると

「委員長は私」としつつ
ベテラン教諭2人と電話で相談して
決めたことを強調
数年前にも同じ場所でラッセル訓練を
したことがあったといい
「とにかく生徒たちに雪に触れさせたかった」と
話した

しかし、過去に雪崩がどこで起きていたのかを
把握したり専門家に意見を聴いたりするなどの
事前調査はやっていなかった上
前日にテレビなどを通じて雪崩が発生する
可能性を認識したものの

「雪崩が起きやすい地点を知っていたので
大丈夫だろう」と考えていたことも判明
現場と連絡を取るための無線機を
一時放置したことについては

「安全な訓練だと思っていたので肌身離さず
持っていなければならないという意識もなく
置いてある場所も意識して行動していなかった」と弁解

無線機から離れた時間は10分程度で
無線機は現地の複数の教員が持っていたが
「その時間帯に呼びかけをしていたかは
分からない」という

その後、現地から駆け付けた教諭が
救助を要請したことを受け
猪瀬氏が雪崩現場で大田原高校を引率していた教諭の無線機に呼びかけたが
応答がなかった

現場の別の教諭の無線機に呼びかけ
ようやく連絡が取れたという
応答がなかった教諭は雪崩でけがを負っており
下山後、入院している

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017/04/01 08:18
保身にまわっている猪瀬や関係者を許せない。
感情論でなく法律で厳しく罰するべきだ。
2017/04/01 09:23
高校野球栃木県作新学院戦を見ていて、
2時間気づかなかっていう話、本当?
2017/04/01 11:54
警察も厳しく対処すべきだ。甘くしたらいい気になる。
2017/04/01 13:58
全国の教員のみなさん。
明後日の職員会議では、部活顧問は拒否しましょう。
教科のプロでしかない教員に、
校長のパワハラで押し付けられる素人の部活顧問。
本来、自由参加。
校長を恐れて、生徒の生命と引き換えに、
顧問をするのですか?
立ち上がれ、教員。
2017/04/01 14:33
刑法の何を適用できるかで議論になってるんだろ
「取り敢えず厳しく罰するべき」っていう方が感情論なんじゃないの
2017/04/01 14:39
つまりだなあ~ベテランじゃあ無かったてえ事。
いつまでも取り調べに曖昧な返答。
そろそろ先生たちを逮捕スロ。
県警が立証できなくても遺族が黙っちゃ~いねえぞ。
生徒たちがかわいそう
2017/04/01 14:56
そもそも登山中止って言ってるけど、
ラッセル訓練の場所が山の上ですから。
実質登山してますし。
それも雪崩が起きても、おかしくない所。
雪山登る人間なら、
容易に分かる。
これで雪崩を予想できなかったって、
そりゃ雪崩に遭うわな。
ハッキリ言って、
明らかな判断ミスによる人災です。
2017/04/01 14:57
どちらにしても、先の見えない吹雪の中で
訓練をしたのが間違っている。
その時点で言い逃れはできない。
2017/04/01 15:28
”許せない”という感情と、法律は何も関係が無い。
法律が感情で左右されてはいけない。
基本的な部分で言って居る事がおかしい。
感情で法律が左右されたらたまったもんじゃ無いよ。
2017/04/01 15:44
会話の中から誰がラッセル訓練を提案したのかわかりそう
現場に出ていた2人、本部に残っていた1人だから
「ラッセルならできるよね」という表現は
現場に出ていない人が現場に言い放った言葉ですよね?保身、
言い逃れ、うやむやを狙ってますな
2017/04/01 15:48
>全国の教員のみなさん。
>明後日の職員会議では、部活顧問は拒否しま
>しょう。教科のプロでしかない教員に、校長の>
パワハラで押し付けられる素人の部活顧問。
>本来、自由参加。
>校長を恐れて、生徒の生命と引き換えに、
顧問>をするのですか?
>立ち上がれ、教員。
これは違うと思います。冬山登山等、死亡リスクが
高い活動を素人教員に引率させなければいいだけ。
つまり禁止事項を明文化する。
教員が部活顧問をやりたくない理由に今回の事件を使うのは
間違っていると思います。
2017/04/01 16:15
何がベテランだよ、笑わせるよ。
山岳ガイドとかプロの人は生活のすべてが
山で年間200日は山に言ってるから。
そういうレベルでないと雪崩とか自然を相手にすることは出来ない。
教師という時点で山は趣味レベルであってプロではないんだよ。
甘すぎ。
2017/04/01 16:44
この事件を利用して部活顧問をやらなくて済むようになれば、
この事件に対して感謝するような
ゲスな教員も出てくることでしょう。
いうか既に、この痛ましい事件を完全に
自己の利益に利用しようとしている人が
このコメ欄にいますからね。
2017/04/01 18:06
言いたいことが推測でわかっても、
きちんと伝わらなければそれは意見としてはダメなんだよ。
そういう雑な言葉を使うのは、雑な理解しかないから。
言葉狩りでもなんでもない。
そこをきちんとしてかなければ。
2017/04/01 10:05
危険な場所と認識していなかった時点でアウト。
「絶対安全」とかありえませんから。
2017/04/01 15:53
講習会の責任者という言い方は適切ではない。
冬山登山の責任者が正しい。
2017/04/01 15:55
コメ主が指摘するように「絶対安全」が無いのであれば、
尚更教員だけに責任を押し付けるのは無理がある。
世論は必ず誰かの責任にして徹底的に袋叩きにしようとする。
だから教育界ではリスクを回避して何でも
禁止にせざるをえなくなるのだ。
これでは教育的機会損失になる。
2017/04/01 16:20
「絶対」っていう言葉を使っている時点で自然を
ナメている証拠だし、無知の極みだな。
2017/04/01 16:26
絶対とかいうなら、町に出るだけでも絶対安心とは言えない。
あくまで確率の問題であって、
今回の事故が確率的にリスクが高かったと言えるかどうか疑問。
あらゆる天災や事故を予知し防ぐことなんて出来るわけない。
2017/04/01 16:34
『想定外』を強調し、完全に責任回避を意識した発言だな。
北斜面より、日中温度が上昇する南向き斜面が危険なのは常識だろう。
解けた雪が夜間凍り、
その上に乗った新雪が滑り落ちるっていうのは誰にでも分かるはず。
2017/04/01 17:09
bou
前夜に、急激な大量積雪がある急斜面では!
雪崩が起きやすいことぐらい、
登山家の常識として覚えておいた方がいいよw
そんな状況の急斜面が眼前にありながら!
登山を実行すること自体!<無知ゆえの!
無謀行動!>なのに、さらに!
上にあがって!<吹雪!>すなわち
<さらに!積雪が増える!>という状況ならば、尚更!
<上部の急斜面から!雪崩が起きる危険性が高い!>と
判断し即刻!下山させるべき!と判断すべきところなのに、
その時点でも!<ラッセル訓練させる!>という無謀な
判断をしたことは、登山家に言わせても!
<無謀な!判断!>として
<大批判される!判断!>であろう。
わかったかな? ニセ登山家野郎!
2017/04/01 19:25
部活は、学習指導要領で自主的自発的な課外活動とされ、
違法な生徒への全員加入や教員への全員顧問が、問題化している。
教員は、明後日の年度当初の職員会議で、
校長が仕事ではないのでお願いとして、
教員にパワハラ強制。
部活は勤務終了直前ぎりぎりにはじまり、
その後3時間も無給な違法残業。
断れば、仕事ではないから、他の勤務評価をさげたり、
校長から指導という名のパワハラがまっています。
亡くなった教員も校長に押し付けられた素人、
ベテランと言われた教員も、齧ってその気になったただの勘違い素人。
教員のみなさん、まだパワハラを恐れて、
生徒をころすような素人顧問をひきうけますか?
明後日の職員会議では、部活顧問を拒否しましょう。
それでも、教員ですか?
文科省も、全員加入、全員顧問の調査をはじめました。
もうすぐ、指導がはいります。
その時、生徒に何といいますか?
2017/04/01 19:53
平地のラッセルと山岳環境下のラッセルを一緒にすんなよ~w
これだから、登山無知の!素人の反論には、
アホらしくて!付き合い切れませんな~w
2017/04/01 14:53
そもそも登山中止って言ってるけど、
ラッセル訓練の場所が山の上ですから。
実質登山してますし。
それも雪崩が起きてもおかしくない所。
雪山登る人間なら、容易に分かる。
これで雪崩を予想できなかったって、
そりゃ雪崩に遭うわな。
ハッキリ言って、明らかな判断ミスによる人災です。
2017/04/01 14:59
猪瀬氏は登山経験が20年以上で指導員の肩書きもある。
菅又氏と渡辺氏は猪瀬氏曰く、
自分よりもベテランで海外登山の経験もあるエキスパートだそうだ。
大田原高の顧問が山のエキスパートなのは結構有名な話だそうだ。
つまり、登山という趣味において経験十分とかベテランとか
エキスパートと言われている連中が、危険な斜面も判断できない、
装備も不十分、連絡手段の確立もいい加減、必要な許可も取らず、
雪崩注意報もスポーツ庁の自粛要請も無視して、
絶対安全だという頭の狂った何の根拠もない経験則だけで、
高校生を連れ出して遭難させた。
しかも先頭にいたのは登山経験の少ない教師だったというのだから呆れ返る。
馬鹿は教師を辞めろ。
2017/04/01 14:59
どちらにしても、先の見えない吹雪の中で
訓練をしたのが間違っている。
その時点で言い逃れはできない。
2017/04/01 15:34
よくあるパターンだな。
いわば「熟練者の成功経験のわな」さ
初心者や、熟練者でも初めて来た場所のような場合であれば
雪崩注意報が発令されている中、訓練を強行したり
本部が無線機を持たず、現場と本部との間の通信を確立しないまま、
訓練を始めるような無謀なことはしない。
だが、何度も訓練を成功させたことがあるような場所では、
過去の成功経験が、慢心を生む。
そして「経験上、ここだったら、
雪崩注意報が出ていても安全だ」などという独自の判断を下す。
五大陸の最高峰の登頂に成功した植村○己も、
過去に登頂したことのあるマッキンリーで行方不明になり、
2017/04/01 08:01
雪崩が発生しやすい春先に雪山登山とか無謀にもほどがある。
生徒が可哀想。
まして、ビーコンもなしで。
雪山を舐めきっていたとしか思えない指導者が起こした重過失事故。
2017/04/01 19:26
部活は、学習指導要領で自主的自発的な課外活動とされ、
違法な生徒への全員加入や教員への全員顧問が、問題化している。
2017/04/01 10:52
無線機から離れたの10分どころじゃないでしょうきっと。
応答がないから、訓練に付き添ってた教諭が
旅館まで駆けつけたってことじゃないの?
雪崩直後に救助要請できてたら
もしかしたら助かってたかもしれないのに…。
2017/04/01 16:40
〉登山中止で帰ったら、
帰ったでクレームも入るし大変だよな。
よるに季節外れの大雪が積もって、
雪崩の危険があるから中止しました。
にクレームつけるのって、どこの保護者や関係者?
2017/04/01 19:26
部活は、学習指導要領で自主的自発的な課外活動とされ、
違法な生徒への全員加入や教員への全員顧問が、
問題化している。
教員は、明後日の年度当初の職員会議で、
校長が仕事ではないのでお願いとして、教員にパワハラ強制。
部活は勤務終了直前ぎりぎりにはじまり、
その後3時間も無給な違法残業。
断れば、仕事ではないから、他の勤務評価をさげたり、
校長から指導という名のパワハラがまっています。
亡くなった教員も校長に押し付けられた素人、
ベテランと言われた教員も、
齧ってその気になったただの勘違い素人。
教員のみなさん、まだパワハラを恐れて、
生徒をころすような素人顧問をひきうけますか?
明後日の職員会議では、部活顧問を拒否しましょう。
それでも、教員ですか?
文科省も、全員加入、全員顧問の調査をはじめました。
もうすぐ、指導がはいります。
その時、生徒に何といいますか?
2017/04/01 09:07
いろいろ言い訳はするだろうけど、
猪瀬氏が慣れのある雪山をなめて、また、
うっかり無線も放置してただけだと思う。
2017/04/01 18:07
雪崩の恐怖を認識していなかったということだと思う。
雪と一緒に流され、木に衝突したり、雪の重みに潰された場合、
助かる方が奇跡なのだと思う。
登山の届け出やスキー場閉園後の
各設備の施錠・通信設備の状態等、
よくよく把握しなければならないことが、
毎年恒例行事でなおざりになっていたように思われる。
山岳部顧問の先生方はいろいろ状況を把握しながら、
良い指導をしていると今迄思っていたが、
この事故で見る方向が変わった気がした。
2017/04/01 08:00
会見の時の偉いさんの、喋り方、
責任のなすりつけが気になった
2017/04/01 15:51
人災の一言で括り付けられたら、
今後は何も出来なくなる!
2017/04/01 14:38
まぁ、無線を放置してたのは10分くらいじゃないでしょうね
2017/04/01 16:00
>まぁ、無線を放置してたのは10分くらいじゃないでしょうね
同感です。その間に何をしていたのかが・・・
2017/04/01 16:45
無線なんて、
地形や電波状況で通じたり通じなかったりするから、
現場側から呼び出して返事がなくても、
緊急事態なら、何度も繰り返して呼び続けるはず。
本部が10分間だけ無線の所にいなくて
連絡を受けられなかったというのは、
おかしいです。
2017/04/01 15:35
教師の慢心というより、春山の怖さを知らない素人の教師に
無理やりこんな引率をさせ、しかも法律上クラブ活動は
業務じゃないから給与も出ない状態なのに、
何か問題起こったら業務上で
裁くなんてバカなことをさせている文科省がおかしい。
2017/04/01 16:01
そもそも県の体育連盟もオカシイし現場に行った教師もオカシイ
過去に雪崩れが頻繁に起こる危険地域に入山させ
雪崩れが頻繁に起こるルートを歩かせ事故に有った訳で
たまたまでも無ければ予測は十二分に出来たはず



スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。