Anly・フジテレビドラマ主題歌に抜てき!無名の歌姫がいきなりデビュー

無名の歌姫・フジテレビドラマ主題歌に抜てき!

anly3

沖縄の離島から飛び出した無名の新人シンガー・ソングライター「Anly]がいきなり10月20日スタートの
松坂桃李(26)が主演する関西テレビ・フジテレビ系テレビドラマ『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』の
主題歌に抜てきされたと、29日のサンケイスポーツでで報道された

ルックスも兼ね備えた日米クオーターのAnly(アンリィ)は、激しいリズムのデビュー曲「太陽に笑え」(年内発売)で盛り上げる

「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(10月20日フジテレビ系で火曜後10・0スタート)

才色兼備のニュースター誕生

Anlyは沖縄本島からフェリーで約30分の離島、伊江島出身で、母方の祖父が米国人のクオーター
島にCDショップなどなく、家にパソコンもインターネット設備もなかった

スポンサーリンク

それでも音楽好きの父親が沖縄本島から持ち帰ってくるCDで、幼少期から
エリック・クラプトンやZZトップ、ノラ・ジョーンズ、CCRらを聴いて育つ

古き良きロック、ブルース、フォークに通じるようなアーシーな手触りと、
幅広い層のリスナーにアピールする
ポップ感覚を兼ね備えたボーカルそして、10代特有の繊細な感情を普遍的な楽曲へと
結びつけるソングライティング

anly-2

ドリー・パートンみたいなカントリーミュージックも好きだという彼女は初めてギターを触ったのは5歳のとき
小学校3年の頃にはコードが押さえられるようになり、弾き語りを始める
自分で曲を作ってみようと思ったのは、中学3年生のとき
高校入学の為(島には高校が無い為)に沖縄本島に移ってからは、那覇市内のライブハウスに出演も果たし、
ステージの経験を重ねると同時にオリジナル曲も少しずつ増やしていった

ルーツ・ミュージックのテイストをナチュラルに感じさせるメロディ、
日常のなかで生まれる豊かな感情を描いた歌詞がひとつになった楽曲を携え
芳醇な響きと奥深い表現力を備えた彼女の歌を日本中の音楽ファンが共有し、心を震わせる
目の前でギターを爪弾きながら歌う彼女を見ていたら、そんな光景が決して夢物語ではない気がする

1997(平成9)年1月20日生まれ、18歳。沖縄・伊江村出身

2015年8月に「Bye-Bye」でインディーズデビュー
年内にはソニー・ミュージックレコーズから「太陽に笑え」でメジャーデビューすることが決定した
同曲は張りのある力強い声で歌い上げたロックで、楽曲の力強さが
「サイレーン-」のストーリーにピタリとハマり、主題歌に抜てきされた
主演俳優の松坂も実際にライブハウスに足を運んで同曲を聴き、感動したという

また、Anlyはインディーズ盤で全英1位、全米2位を獲得した
英女性シンガー・ソングライター、ガブリエル・アプリン(22)の
「Please Don’t Say You Love Me」をカバー
関係者を通じてアプリンの耳にも届き、絶賛されたという「Don’t Give it Up!」
それがきっかけで今月末、Anlyは渡英し、ロンドンでデビュー曲をレコーディング
さらにアプリンとカップリング曲「Don’t Give it Up!」をデュエットしたanly

Anlyはサンケイスポーツに「どんな時でも信じる道を前に進むというメッセージが詰まっています」と
「太陽に笑え」に込めた思いを明かし、「素晴らしい自然に囲まれた伊江島を知ってもらいたい
将来は海外、特にイギリスで音楽活動をしてみたい」と大きな夢を語る

離島育ちの歌姫が、日本を、世界を驚かせる

わずか数回のライブと数曲のデモ音源で強烈な存在感を放ち、音楽シーンに舞い降りた
18歳のシンガーソングライターAnlyが、サウンドプロデューサーに
根岸孝旨(ex.Cocco)、Quatre-M(ex.miwa)等を迎えてバンドセッションレコーディングを施した1枚
表題曲「Bye-Bye」はドライブ感溢れるブルージーでパワフルなROCKチューン

M2の「This Town」は15歳で故郷を離れる実体験を、根岸孝旨(Ba)、
小田原豊(Dr)の強力リズム隊が支える極上POPS。M3に収録されているガブリエル・アプリンの
難解なカバーの弾き語りやM4に収録のライブ音源を聴くとそのギターと歌のポテンシャルの高さが垣間見られる

いち早くJ-WAVEの人気プログラム「HELLO WORLD」で紹介&この夏のコーナーレギュラーに
大抜擢され「フジロック・フェスティバル」「サマーソニック」「J-WAVE LIVE」等の
大型夏フェスのレポーターを担うこととなり、mini muff records/SPACE SHOWER MUSICより緊急リリース!

『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』

モデルで女優の菜々緒(26)が、10月20日スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ

(毎週火曜 後10:00※初回のみ後9:00〜2時間SP)で、
顔を整形したキャバクラ嬢を演じる

菜々緒が演じる橘カラは、とある殺人現場に突如現れ、機動捜査隊(通称:キソウ)
所属の刑事で恋人同士でもある、松坂桃李演じる里見偲と木村文乃演じる
猪熊夕貴を翻ろうする物語のキーパーソン
菜々緒は「カラが主役になれるぐらいのインパクトを残して、里見や猪熊を完全に
食ってやろうという思いで頑張ります」と熱意に燃える

スポンサーリンク

『週刊モーニング』(講談社)で連載されていた山崎紗也夏氏の漫画『サイレーン』を
『アンフェア』シリーズなどを手がけた脚本家・佐藤嗣麻子氏がドラマ化

物語は、カラの職場であるキャバクラで起きた殺人事件から始まる。捜査のため駆けつけた
里見と猪熊と出会ったことがきっかけとなり、カラは異常なまでに猪熊に執着していく
その理由は謎に包まれており、カラと殺人事件の関与を疑い、事件を暴こうとする里見と
スリリングな戦いを繰り広げる

アクションシーンに備えて柔術などを習っているという菜々緒。
鍛えた体は着替えやシャワーシーンで惜しみなく披露し、あふれんばかりの色気も放出。
女性同士のし烈な戦いを描いたドラマ『ファーストクラス』のイメージを凌駕(りょうが)
する菜々緒史上最強の“完全悪女”っぷりも見せつける

キスマイ・北山宏光が松坂のライバル役に

そのほかのキャストも一斉に発表された。原作にはないオリジナルキャラクターとして、
里見や猪熊のライバルでもある刑事・速水翔役で、北山宏光(Kis-My-Ft2)が出演。上昇志向が強く、
非番の日でも抜け駆けをして一早く現場に向かうというちょっと嫌味なキャクター設定になっているが
「“あいつウケるな”と思ってもらえればうれしいです」(北山)と前向き。
「松坂さんとの身長差が20センチ近くあるので、思い切って“チビデカ”と言って(台本で表記)
いただき、救われました(笑)。身長が小さくてもドラマに出られる、後輩の期待の星になれれば」と
ユーモアたっぷりに意気込みを語っていた。

カラを整形したマニアックな整形外科医・月本圭役に要潤。里見や猪熊たちの先輩で
男勝りな生活安全課所属の千歳弘子役に山口紗弥加。里見のマンションの目の前に住み、
カラが里見たちに付きまとっているとは知らず、カラを自分の部屋に居候させてしまううだつの上がらない
デザイナー・渡公平役に光石研。里見の元上司で、血のつながりはないが猪熊の育ての
父・猪熊文一役に大杉漣。速水の上司で、里見、猪熊ら機動捜査隊の捜査指揮も執る刑事課長(デカチョウ)の
安藤実役に船越英一郎が決定している

松坂桃李

4年ぶり連ドラ主演 木村文乃と刑事カップルに (15年08月07日)
菜々緒、悪役もできる貴重な存在 火曜のドラマに異例のハシゴ出演 (15年03月10日)
間宮祥太朗、菜々緒との交際否定「事実ではない」 (15年06月09日)
菜々緒、女王様キャラは「私が1番輝ける場所」 (15年09月07日)
“乙姫”菜々緒、私生活も「ツンデレ」 役衣装で初登場 (15年08月25日)

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。