朝鮮労働党第7回大会は従来路線の二番煎じで幕開けした

北朝鮮J

従来の路線の二番煎じにとどまる

北朝鮮は
党大会開催に先立ち「輝かしい設計図」と
「新たなる全盛期」を告していたが
実際に公開された
政治・経済・対南政策は
従来の路線の二番煎じにとどまり

新たに任命された労働党指導部も
金日成
金正日時代の
旧世代の人物が主軸となった

北朝鮮の事情に詳しい消息筋は
『金正恩時代』を宣言するため
開かれた今回の党大会は古い白黒写真を
見ているかのようだと語った

金日成時代を思わせる「党委員長」

金正恩氏は
党規約改正によって新設された
党の委員長職に推され
従来の「党第1書記職」は
廃止されたものとみられる

9日の大会で行われた党規約の改正で
委員長が「党を代表し全党を指導する
党の最高指導者」と位置付けられ

新たに設けた委員長ポストへの就任は
党中心の国家運営を行い
「建国の父」とされる故金日成主席の姿と
自らを重ね合わせ
権威付けを図ったとみられる

金第1書記は2011年に
金正日総書記が死亡すると
人民軍最高司令官に就任
翌年の2012年4月に党第1書記と
国防委員会第1委員長に就いた

スポンサーリンク

特に金第1書記が今回の党委員長に
就くことは

「先軍政治」(軍中心の政治体制)を
打ち出していた父である金総書記より
祖父となる故・金日成主席に
倣う形態であり、意思決定過程において
党を中心とする姿勢をはっきりと
示すための布石と思われる

北朝鮮の金正恩第1書記は5月9日
朝鮮労働党の第7回党大会において
「党委員長」に就くことになった

これにより、北朝鮮における
権力の両軸となる党と軍で絶対的な
地位を構築したものと思われる

祖父である金日成の指導スタイルに倣う

すでに5月6、7日の党大会期間中に
発表された「党大会事業総括」において
金第1書記に
「最高水位」の職責を与えることが
議題として上がっていたこともあり
新たな党の職責に就くことは
確実視されていた

これまで、金日成主席も
党中央委員会委員長を務めていたが
1966年10月開催された
第2回労働党代表者会で
党の組織改編が行われて
中央委員会委員長職を廃止した

したがって、50年前に消えた
職責を復活させ
金第1書記を名実ともに労働党の
最高指導者として宣言するものと思われる

党委員長は

祖父・金日成主席が務めていた
「党中央委員会委員長」を
連想させる

かつて金日成氏は
1949年から
党中央委員会委員長の北朝鮮の金正恩第1書記は5月9日
朝鮮労働党の第7回党大会において「党委員長」に
就くことになった

これにより、北朝鮮における権力の
両軸となる党と軍で絶対的な地位を
構築したものと思われる

韓国政府は

「党委員長職が新設された
職責なのか確認が難しい」と
する一方で

「今回の党大会を開催すること自体が
金第1書記のリーダーシップを
制度的に固めるためのものだった
それを考えると
党を代表するという意味では
見合った名称」という分析も出ている

資格で北朝鮮を統治し
「金日成選集」などにはこの肩書を
「党委員長」と縮めた表現が登場する

このポストは
66年の第2回党代表者会で
金日成氏が党中央委員会総書記に
選出されたのに伴って廃止されたもので

「金正恩氏が
67年前の金日成氏のポストに
就いたことで、党中央委員長職を
66年の廃止から、50年ぶりに
復活させたことになり
金日成時代への郷愁の表れなのだろうか

また金正恩氏は9日
党中央委員会委員
党政治局常務委員および委員
党中央軍事委員長など
従来の党の役職にも再選された

韓国統一部の当局者は

「第1書記も党委員長もどちらも
『党の最高位』という点は同じ
看板を掛け替えただけで
本質は全く一緒」と語った

世宗研究所統一戦略研究室の
鄭成長室長は

「労働党は委員会ではないのに
『党委員長』という表現は、話にならない
常識がきちんと通じない
北朝鮮の現実を反映している」


語っている

新たに選出された党中央委員会は
9日、全員会議を開き
労働党の首脳部となる
政治局常務委員5人を選出した

金正恩氏以外
全員が金日成・金正日時代から
30から40年にわたって要職を
務めてきた人物ばかりである

金正恩氏(32)
金永南(キム・ヨンナム)
最高人民会議常任委員長(88)

黄炳誓(ファン・ビョンソ)
人民軍総政治局長(76)の
既存メンバー3人のほか

朴奉珠(パク・ポンジュ)
首相(77)と

崔竜海(チェ・リョンへ)
労働党書記(66)が

新たに選出された

2014年に総政治局長を
解任され
政治局常務委員から
政治局委員に格下げされたが
わずか2年で常務委員に復帰した

安全保障部局の関係者は

「昨年は一時失脚もしたが
起き上がりこぼしのように復活した
再び重責を担う可能性がある」と
語った

崔竜海書記の父親
崔賢(チェ・ヒョン)氏は
植民地時代に金日成氏と共に
活動していた人物

またこれとともに
党中央委員会は
政治局委員19人と
政治局候補委員9人も選出した
と共同通信は伝えた

共同通信によると
リ・スヨン外相が候補委員から
委員に昇格した
駐スイス北朝鮮大使を30年間
務めたリ外相は
90年代に金正恩氏の
スイス留学生活を後押しした縁で
金正恩氏とは格別な
関係にあるという
北朝鮮D

一方、金正恩氏の妹で
北朝鮮の政権の「ナンバー2」と
呼ばれる金与正(キム・ヨジョン)
労働党宣伝扇動部副部長(29)は
今回は政治局入りできなかったが
党の中央機関である
中央委員会の委員に
選出されている

金与正氏は
金委員長の信頼が厚いとされ
体制固めがさらに
進んだ形となった

金正日総書記の妹
金敬姫(キム・ギョンヒ)氏も
64歳になってようやく
政治局委員になった」と語った

公報には、党委員長に
推戴された金正恩
第1書記をはじめ
金永南
最高人民会議常任委員長
黄炳誓)
朝鮮人民軍総政治局長
朴奉珠首相
崔竜海党書記の5人が
政治局常務委員として
名前を連ねた

政治局委員は
これら常務委員5人と

李洙ヨン(リ・スヨン)外相
金己男(キム・ギナム)党書記や
崔泰福(チェ・テボク)党書記
金平海(キム・ピョンヘ)党書記
呉秀容(オ・スヨン)党書記
郭範基(クァク・ボムギ)党書記
金英哲(キム・ヨンチョル)党書記
李万建(リ・マンゴン)
党軍需工業部長らの計19人

政治局候補委員は
9人となっている
中央委員会の副委員長には
崔竜海氏
金己男氏
崔泰福氏
李洙ヨン氏
金平海氏
呉秀容氏
郭範基氏
金英哲氏
李万建氏が選ばれた

中央軍事委員会は
金第1書記をはじめ
委員の黄炳誓氏
朴奉珠氏
朴映式(パク・ヨンシク)
人民武力部長
李洙ヨン氏
金英哲氏
李万建氏らで構成された
全員会議は
中央委員会の部長と
党機関紙「労働新聞」の責任主筆
検閲委員会の
委員長も選出した

北朝鮮P

一方、北朝鮮が別途発表した
公報によると
党中央委員会の委員名簿には
金第1書記と共に
妹の金与正(キム・ヨジョン)
党副部長の名前も含まれている
委員は129人
候補委員は106人

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。